産婦人科医・対馬ルリ子先生インタビュー 全5回vol3〜女性ホルモンで知る、 出産のタイムリミット

産婦人科医・対馬ルリ子先生インタビュー 全5回vol3〜女性ホルモンで知る、 出産のタイムリミット

出産のリミットについて、知っておこう!

恋愛にも結婚にも役立つ女性ホルモンの働き。
20代後半〜30代にかけては、女性ホルモンの働きがピークになるタイミングです。だからこそ、有効に活用したいですよね。
全5回にわたるインタビューも今回で3回目。今回は、婦人科検診にかかる具体的な費用や、結婚・出産を考えている女性なら誰でも気になる具体的な「出産のタイムリミット」まで、産婦人科医・対馬ルリ子先生に解説いただきます。
正しい知識を知って、これからの婚活にぜひ役立てましょう!(恋愛ユニバーシティ)

第1回:産婦人科医・対馬ルリ子先生インタビュー全5回vol.1〜男の本能をくすぐる女性ホルモン「エストロゲン」を活用せよ!

第2回:産婦人科医・対馬ルリ子先生インタビュー 全5回vol2〜女性ホルモンのピークは20~30代! 無駄にしないための婦人科検診を

対馬ルリ子先生

医療法人社団 ウィミンズ・ウェルネス 理事長、対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座 院長。産婦人科医師、医学博士。2003年に女性の心と体、社会とのかかわりを総合的にとらえ女性の生涯にわたる健康を推進するNPO法人「女性医療ネットワーク」を設立。全国約600名の医師、医療保健関係者と連携し、さまざまな啓発活動や政策提言を行っている。著書に『恋より美容液よりシンデレラホルモン』(経済界)『女性ホルモンで世界一幸せになれる日本女性』(マガジンハウス)など

20代に急増中!自覚症状のない婦人科の病気

産婦人科医・対馬ルリコ先生インタビュー 全5回vol3〜女性ホルモンで知る、 出産のタイムリミット

山際 自分の将来の健康を守り、妊娠の時期を含めたライフプランを立てるためにも、女性のための検診を受けようというお話でしたが、今回はもう少しこれを掘り下げていこうと思います。この検診は何歳くらいから受け始めるのが理想ですか?

対馬 20歳前後ですね。子宮頚がん検診も今20歳から始まりますが、それは、本当にその世代に多い異常だからなのですね。だから、まさか自分ががんと関係あると思っていない、あるいは婦人科の病気なんて全然関係ない、私には症状がないからと考えているかもしれないですけど、20代には実は子宮頚がんはとても増えていますし、子宮内膜症や卵巣のう腫なども多いです。

山際 若いからといって油断できませんね。

対馬 卵巣のう腫は大きくなると、ねじれて卵巣のう腫茎捻転になって、緊急手術で卵巣を取らなきゃいけなくなることもあります。あるいは卵巣のう腫が破裂してしまい、大変なこと(腹膜炎)になって半年入退院を繰り返し、とうとう卵巣とっちゃいましたとか、そういう人たちを私たち医師は何人も知っているので、だからこそそういう悲しい思いはしてほしくないんです。その前にちゃんと見つければ、腹腔鏡など簡単な手術できれいに治ったりするので、とにかくちゃんと検診を受けて早めに病気を見つけて治してほしいです。

山際 そうですね。その検診ですが費用的にはどのくらいかかるんでしょうか。

対馬 だいたいどこでもたぶん5千円〜1万円程度だと思います。自費でやる場合は超音波を含めたりすると1.5~2万円とか。いずれにせよ1~2年に一度ならそんなに負担ではないと思いますよ。自治体や国が補助してくれる制度もあります。

山際 そうですね。何かをちょっと節約して自分の健康のために使うという。

対馬 その通りです。私思うんですけど、みんな10万円も20万円もするブランドバッグを思い切って買うじゃないですか、それよりも自分の健康のために何万円かをかけた方が、ずっと将来のためになるって言いたいです。

山際 そうですよね。こと妊娠になると特に30代後半になると焦りもでてきます。

対馬 そして、不妊治療に何百万円もかけているんですよね。あれは本当にその前に早くチェックができて、あ、じゃ早く妊娠しておこうとか、病気が進む前に手を打てていたら全然違いますよ。

女性が妊娠できる、タイムリミットは?

産婦人科医・対馬ルリコ先生インタビュー 全5回vol3〜女性ホルモンで知る、 出産のタイムリミット

山際 そうは言っても、ちょうどいいタイミングでお相手が現れず、結婚や妊娠がずれてここまで来ちゃったという場合もあると思うんですが、そういう人たちが知りたいのは「いったい私っていつまで妊娠できるのか」っていうタイムリミットですが。

対馬 もちろん個人によってみんな条件が違いますが、卵巣の中の卵の数は、生まれた時が一番多くて、あとはだんだん減っていっちゃうんです。排卵していてもいなくても、だんだん減ってなくなっていって、ほぼなくなるのは50才前後です。じゃいつまで妊娠できるのかっていうと40代前半までです。それ以降は、たとえ月経があっても排卵していなかったり、排卵していても妊娠能力のない卵だったりすんですね。自然妊娠タイムリミットは42~43歳ですかね。病気がなくて条件がよければですが。

山際 タイムリミットがわかると、ライフプランも具体的になってきますね。

対馬 それこそ、毎年ちゃんと検診を受けていて、私はまだ妊娠大丈夫ですって確認しながら、妊娠をちょっと先延ばしして、30代後半まで働いてキャリアをつんでから妊娠している人は何人もいますよ。

山際 そうですか。

対馬 でもやっぱり、自分が妊娠できるのかどうかをチェックしておくのは大事ですよね。もちろん相手のいることだから、相手との相性もあるけれども、少なくとも自分の状態は調べておいていいと思うんですね。もし妊娠、出産しなかったとしても、検診は自分のためになるし。妊娠するんだったらなおさらですよ。

山際 そうですね。そして望むと望まざるとにかかわらず、妊娠をしないままにタイムリミットを迎えてしまった場合、女性ホルモンの本来の目的を使わなかったわけですけれども、そのあとの女性の体には影響するのでしょうか?

対馬 妊娠するとものすごくたくさん女性ホルモンが出るんですね。普段の女性ホルモンレベルの300倍から1000倍のホルモンが出ます。

山際 それは凄い!

対馬 だから、妊娠すると全身女性ホルモンのシャワーを浴びているような10か月を過ごす、という点では、妊娠や出産というのは、女性にとってはいいことでもある。でも出産って、今も命がかかるじゃないですか。ものすごく大変なことでもあるしね。そのために女性ホルモンが命をがっちり守ってくれる。たとえば、出産後に尿漏れを起こすとか腰痛起こすとか、健康トラブルを起こす人もいますよね。妊娠出産はできたらした方がいいとは言うけれども、しなくちゃいけないものでもない。その人の人生の選択でもあり、ご縁でもあるかもしれない。だから、妊娠の機会がなかった人も、ちゃんと女性ホルモンを自分でキープできていれば問題ない。ホルモンのバランスが悪いと、乳がんになったり、筋腫も頻度が上がったりもするんですけれども、その予防策というのはいくつもある。それができていれば、何のデメリットもないと私は言っています。

山際 やっぱりそのためにも、自分の体の状況を把握しておくというのは、いずれにしろプラスに働くということですよね。

対馬 そうそう。だってせっかくもらった命で、女性ホルモンの機能があって、それが動いていくのは、ただ単に妊娠のためだけじゃなくて自分自身のためでもあるわけだから。自分が健康で生きていくためにすごく大事なものということを念頭において、自分の健康を守るという意識で女性ホルモンのことを考えて欲しいなと思います。上手に使って欲しいです。

女性ホルモンの出すサインに敏感になろう

産婦人科医・対馬ルリコ先生インタビュー 全5回vol3〜女性ホルモンで知る、 出産のタイムリミット

山際 女性ホルモンが動くことによって、女性はいろんな揺らぎがあったりするけれど、そのおかげで病気に気づいたりもする。体調とか環境が悪いとかそういうことに気がつきやすいですよね。これはまずいぞというサインを出してくれている。

対馬 そう、女性ホルモンはサインを出してくれているんです。その点、男性ホルモンは男性を強くするためにある。骨格を大きくしたり筋肉を発達させたりさせる。モードとしては戦いモードであり、前向きにガッツに頑張る意欲のホルモンなんですよ。意欲と性欲はほとんど同一なようなものですけれど。だから男性って24時間頑張るみたいなのが得意なんです。その結果、ずっと頑張って、頑張りすぎちゃって働きすぎちゃって病気になっても気がつかないし、あっという間に大病をしてぽっくり逝っちゃう。命としては女性より弱いものになってしまいます。

山際 そういう性ホルモンによるお互いの違いを理解すると、見える世界が変わってきそうです。

対馬 そうですね。生物学的には男性のY遺伝子の方が弱いわけだし、その男性の弱いところ、いいところ、女性の弱いところ、いいところをお互いにカバーしあえるから人間全体として強くかしこくなると私は思いますね。

山際 カバーしあうひとつの知識としてホルモンのことを知っておくことは、とても大事なことですね。

対馬 このことがわかると、相手に対する思いやりもでてくるし、それも恋愛のコツかもしれません。(続く)

(取材・文/山際恵美子)

『女性ホルモンで世界一幸せになれる日本女性 』

『女性ホルモンで世界一幸せになれる日本女性 』
対馬 ルリ子
(マガジンハウス)


【「女性ホルモン」について知っておこう】
・自覚症状のない婦人科の病気が20代に急増中!
・女性が妊娠できるタイムリミットは40代前半まで!
・女性ホルモンが出すサインに気づいたら、自分のカラダを振り返ろう
山際恵美子

山際恵美子 (編集プロデューサー)

編集プロデューサー。元マガジンハウス「GINZA」編集長。大学卒業後、ロータリー財団奨学生としてフランス留学。 帰国後平凡出版(現マガジンハウス)「Elle Japon」創刊メンバーとして出版の道に入る。ミラノ・パリコレクションの取材を10余年経験。その後書籍編集に移りベストセラー「断捨離」 の担当編集はじめ、ライフスタイル、医療、美容、料理と幅広い書籍を出版。2016年3月退職し、フリーの編集プロデューサーに。また、プロのフランス語原語シャンソン歌手の顔も持つ。

関連記事

関連する相談


初めての方へ
会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE