【復縁塾4時間目(2/4)】彼から興味を持ち続けてもらうには?

復縁したいと悩んでいるあなたに最善の方法を!恋愛カウンセラーで理学博士でもあり、復縁の専門家として知られるぐっどうぃる博士に「復縁するための最善のメソッド」を伺いました。

今回は、復縁のカギとなる沈黙の効果を出すための「具体的な行動」について解説していただきます。詳細は動画をご覧ください。

聞き手は大学時代にぐっどうぃる博士の復縁本を読んで、実際に成功させた保坂さんです。

授業動画はコチラ: 【復縁塾4時間目(2/4)】彼から興味を持ち続けてもらうには?

■沈黙をすることによる効果とは

保坂さん(以下保坂):前回は、沈黙をすることで「あなたのネガティブな印象を軽減する」「手に入りそうで入らない距離をつくる」「リスクへの恐怖を軽減する」という3つの効果を相手に与えられるというお話をしていただきました。今回はそれぞれについて具体的にどういった効果があるのか教えてください。

ぐっどうぃる博士(以下博士): わかりました。

保坂:早速ですが「あなたのネガティブな印象を軽減する」ために沈黙をするというのは、どういう理由で別れてしまった人に効果がありますか?

博士:この場合は主に、彼に対してダメ出しをしてしまった場合に効果があります。あるいは彼が彼女に対してうっとうしさを感じたり、振り回されたと感じた時です。

保坂:彼が疲れてしまった時ということですね。

博士:そうです。色々な要求をしてしまったり、さびしさからしつこく連絡をしてしまった女性は「ネガティブな印象を軽減する」ために沈黙します。

保坂:彼が苛立つようなことを一切しないので、振った女性に対する悪い印象を思い出すきっかけがないのですね。

博士:そうです。

保坂:「手に入りそうで入らない距離」をつくるというのはどうですか?

博士:その女性が尽くし過ぎたり、愛情を伝え続けたりした時に効果があります。不安になると「愛してる」などの言葉をより多く伝えてしまうんです。そして彼は更にあなたの存在を重く感じる。

保坂:彼の反応を見ていたら、そのテンションの低さで自分が「手に入った距離」になってしまったのだと分かりそうですけどね。

博士:分かると思いますよ。優先順位を下げられたり、興味を失っている状態になっているというのは。

保坂:見たいテレビがあるから電話するのは後にしてくれとか言われたり。

博士:ありがちですよね。電話をしている途中で彼が寝てしまうとか。そういう状態だと彼の気を引きたいがためにかえってたくさん連絡をしてしまうのですが、その結果、振られてしまうんです。

保坂:そういう場合に、「手に入りそうで入らない距離」を作ることで復縁しやすくなるということなのですね。

■片思いの人も必見!彼から興味を持ち続けてもらうには?

博士:沈黙することで「手に入りそうで入らない距離」を作ることは、復縁だけでなく片思いで彼に自分の気持ちがバレた時にも有効です。付き合ってはいない気になる男性に、女性の方から尽くしたり愛情を伝えたりデートに誘い出そうとしたりしてしまうことがあると思います。

保坂:ありますね。好きな人が風邪を引いただけで大げさに心配してしまったり。

博士:そういうのは女性の下心が男性にも分かってしまうので、彼にとってその女性は「手に入った距離」になってしまうんです。

保坂:付き合ってもいないのに「手に入った距離」になってしまうんですか。

博士:そうです。しかし、そこで沈黙すると「手に入りそうで入らない距離」になります。

保坂:「リスクへの恐怖を軽減する」はどうですか?

博士:主には結婚のプレッシャーなどの時にそれが起きます。あるいは不倫などの許されざる恋もそうです。彼女との距離が離れればリスクや恐怖がなくなり彼は安心します。

保坂:そうすると彼女に対して再び興味が出るんですね。

博士:人は一瞬先の不安やうっとうしさで心が動いているんですよ。ほとんどの人は長期的に考えずに、今を生きているんです。

保坂:ということは、先のことは全く考えていないけれど今うっとうしく感じるから振ってしまうということになるのですね。

博士:今お腹が空いているから焼肉定食を思い出すというのと同じことで、その時の感情なんです。理性ではなく感情。

保坂:男性でも女性でも同じなんですか?

博士:同じだと思います。

■「沈黙」の意味は分かった!具体的にはどうすればいい?

保坂:沈黙がなぜ効果的なのかよくわかりました。今度はどういう沈黙をしたらいいか具体的な行動を教えてください。彼に連絡しなければそれでいいのでしょうか。あるいはその他に何か必要なことはありますか?

博士:まずはどの場合でも、基本的に何があっても連絡してはいけません。

保坂:大地震が起きようと彼の近所で火事が起きようと会社が倒産しようとダメなんですね。

博士:ダメです。例外はありません。こちらから連絡するだけでなく、偶然に会ってもいけませんよ。

保坂:それは偶然を装って会いに行くことがダメということですか?

博士:いえ、もう本当に偶然でも彼に会ってしまってはダメなんです。もし復縁したい彼と通勤ルートが一緒なら、30分くらいずらすなど顔を合わさずにすむ努力なり工夫なりをしてください。

保坂:会ってしまえば生きているか死んでいるか分かってしまいますもんね。万が一偶然会ってしまったらどうしたら良いのですか?

博士:普通に挨拶をしてにこやかに去ります。速やかに去ってくださいね。

保坂:余計な会話はせず、かといって気まずい空気も出さないのですね。

博士:もしも共通の知人が居て、あなたが復縁したいと思っている彼も含めてみんなで飲もうと誘われたらどうしますか?

保坂:断ります。

博士:その通りです。断る時には「仕事が忙しい」など何か適当な理由を付けてくださいね。彼に会いたくないからということがばれないようにしてください。

保坂:わかりました。

博士:これが沈黙の基本的な部分です。

第3回に続きます。次回はポジティブな印象を彼に持ってもらうために必要な行動について解説していただきます。

(文=北村美咲 / 恋愛ユニバーシティ)

1本目の記事:【復縁塾1時間目(1/5)】復縁を成功させるのに一番大切なこととは

2本目の記事:【復縁塾1時間目(2/5)】彼が悪くても私が悪い?

3本目の記事:【復縁塾1時間目(3/5)】元彼とせめて友達でいたい!それってダメなの?

4本目の記事:【復縁塾1時間目(4/5)】絶対沈黙の半年間に唯一できるSNS作戦って?

5本目の記事:【復縁塾1時間目(5/5)】沈黙している間に別の男性から告白されたら?

6本目の記事:【復縁塾2時間目(1/6)】本当に分かってる?彼に振られた「本当の」理由

7本目の記事:【復縁塾2時間目(2/6)】愛されたければ好きって言っちゃいけないの?

8本目の記事:【復縁塾2時間目(3/6)】彼を思って言ったあの言葉が命取り?

9本目の記事:【復縁塾2時間目(4/6)】復縁にはアナログの方法が効く?意外な方法が彼の心をつかむ!?

10本目の記事:【復縁塾2時間目(5/6)】気分は演出家?恋愛シナリオを制する者が復縁を制す

11本目の記事:【復縁塾2時間目(6/6)】彼に連絡する理由がない時はどうしたらいいの?

12本目の記事:【復縁塾3時間目(1/4)】気付かれた瞬間にアウト?男性の感じるリスクとは

13本目の記事:【復縁塾3時間目(2/4)】結婚は究極のリスク!復縁できる可能性はある?

14本目の記事:【復縁塾3時間目(3/4)】振られた原因は私じゃない!どうしたらいいの?

15本目の記事:【復縁塾3時間目(4/4)】沈黙中に彼に連絡したくなったらどうするの?

16本目の記事:【復縁塾4時間目(1/4)】「沈黙」の意味、ちゃんと理解してる?

参考記事:【復縁5】復縁における「沈黙」について

復縁の参考記事:復縁する方法のまとめ

復縁する方法のまとめ

関連記事

関連する相談


初めての方へ
ぐっどうぃる博士

ぐっどうぃる博士 (恋愛カウンセラー)

理学博士(生命科学専攻)。現在は主に恋愛カウンセラーとして活躍。自身の体験と生命科学的視点を合わせた独自の恋愛メソッドを展開し人気を集めている。悩める女性の恋の問題が解決するサイト『恋愛ユニバーシティ』主宰。音声で恋愛を学べる『ぐっどうぃる博士の音ライブラリ』がある。現在、WEB、書籍、雑誌等など多方面で活躍中。また大手企業のマーケティングリサーチや企業のブランディング戦略にも参画。著書に『モテの定理』『恋愛マトリックス』(ソフトバンククリエイティブ)、「恋で泣かない女になる61のルール」(講談社)などがある。
ぐっどうぃる博士の経歴はこちら
http://u-rennai.jp/goodwill/

■ぐっどうぃる博士著書のご紹介
モテの定理 女心を知り、恋愛勝者になる究極の戦略 (ソフトバンククリエイティブ)

会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+