妻力向上計画!ー男を結婚に導く方法

第8回 結婚の引導を渡す!




さて、妻力向上計画、いよいよ最終回となりました。

妻の3大条件を満たし、居心地の良さテストで高得点を取ったお嬢さん方であれば、あとは彼とのゴールインに向かって突っ走るのみ!

しかし、そこで出てくるのが・・・結婚の話題が出ない。怖くて出せない。結婚にプレッシャーを掛けるタイミングは??などの問題。

第1回目にも書きましたが、私にはこの意味が理解できません。苦笑
もちろん、いろいろな恋愛指南書には

『(重いので)結婚の話はしない!

という項目があるのは知っていますし、彼にあなたへの本当の愛が育つまでは、私自身も結婚の話はしない方がいい。と思います。

しかし、告白され、ちゃんとお付き合いをし、ある程度相手のことがわかったら・・・男女どちらからも、そういう話題が自然と出てもおかしくないとも思います。
特に、まだテンションの高いお付き合い初め。
そんなころに、結婚の話や将来の話など出たことはありませんか?

そこを見逃さずに布石を打つんです!(^0^)

私はそのことを”女から引導を渡す!”と表現していますが、ようは結婚を匂わせる。というか、結婚したいことを気付かせる。ということです。

ここで、注意をしていただきたいのが・・・

テンションの高い付き合い初めなのに、そういう話をすると逃げ腰になるような男性は、後になってもそう変わりません。
もちろんこのタイプの男性も、付き合いが深まり、結婚の意思を持ち始めることもなくはないですが、そこに至るまでの労力と時間を費やします。

このシリーズの第一回目にも”男性はおつきあい3~6か月ほどの間に「妻にしてもよいか?」を見極めている?”と書きました。

このことからもわかるように、ある程度のお付き合いが続き、結婚への引導も渡しているにも関わらず、まったくその気がないような男性の場合、彼の気が変わるまでいつまでも付き合い続けるのか、早いうちに手を引くのか・・・決めるのはあなた次第です。


付き合い初めのテンションの高いときでさえ、指南本を気にして、結婚の話をしないお嬢さん方がたくさんいる。と聞きます。
でも本当は、そのときが、

第一段階の引導を渡すとき


私は、女からプロポーズをしたり、結婚のプレッシャーを掛けて沈黙してヤキモキしたり、脅したり、お願いをして結婚してもらうのは違うと思っています。

あくまでも男性がその気になり、プロポーズのあるなし(ない男性もとても多いので、なくても気にしない。)は関係なく、きちんと親にあいさつをし、お式や入籍の日取りを決め、そして入籍なり結婚式をする。

これが結婚の王道であると思っています。

そこへ素早く行くための道筋をつけてあげるのが、女の役目”引導を渡す”ことなのです。

実際私が3回結婚をし、また付き合ったすべての人から早い時期に『君と結婚したい』を引き出しているのも、タイミングを見失わずに引導を渡してきたから。だと分析しています。


最初から、結婚を前提に~と言う男性もまれにいますが、男性(特に35歳以下の男性)は、そもそも『結婚』という言葉が彼らの中に存在しないことも多々あることがわかっています。

でもそんな彼らの話にも結婚の引導話に持って行くことのできる話題もたくさんあるんですよ。例えば・・・

ずぅ~~っといつまでも一緒にいたいね!!

という言葉があれば、そこですかさず

一緒にいたい~~(^0^)でもさ、恋愛3年説って知ってる?
ず~っと一緒にいるためには、結婚をしないとダメなんだってさ。人間の感情って面白いね!!(^^)


と答えることで、

そっか、結婚しないとずっと一緒にはいれないんだな!ウホっ”

と刷り込まれます。爆笑
実は、これは付き合い始めてすぐに、夫から言われたときに私が返した言葉です。(^^;)

また

あの子供、可愛いなぁ~~~(^^)

なんて話が出たときには

私たちの子どもならもっと可愛いよ!テヘペロ

行楽地の家族連れをみて

幸せそうだよね!?

すかさず

あと数年後の私たちの姿かも~(^0^)

彼から

60歳になってもキミを好きだと思うよ!

に対して

そのころには、5人くらい孫がいたりして~うふっ


などなど。いくらでも結婚への引導を渡すことは出来ます。
もちろんもっと具体的な話が出る場合

結婚したいね!

などと言われれば

うん!したい!したい!!(^0^)
私、絶対にいい奥さんになれる自信があるんだぁ~幸せな家庭になること間違いなしよ!!(^0^)

また

一緒に住みたい!!

には

ん?それは結婚をするって意味!?←小悪魔風に。下から覗き込むような感じで言う。笑』

付き合い当初に出るこれらの結婚したいという言葉や将来的な話も、鵜呑みにしてはいけない。彼らにとっては『好き』と言うことと同じ意味だから~
という意見もありますが、そこを逆手に取り、彼が出す話題に乗りながら、楽しく結婚への道筋を作って行く。

いつもそういう話題で盛り上がれば、いつでも結婚に関する話が出来る状態になります。


じっとりと重く『結婚して欲しいの。』や『いつ結婚してくれるの?涙』と言われたら、男性だけでなく女性でも引きますよね!?苦笑

引導を渡すときも、明るくポシティブに!!



相手が将来や結婚に関する言葉を言ったときに、あくまでも軽くタイミングよく返すことが大事!(^^)

結婚と言う言葉を出さなくても、将来的な話が出たときに”将来もずっと2人は一緒!”ということをあくまでも、匂わせるだけです。

そこで楽しく明るい刷り込みがされた男性は、一緒の未来を描くことを意識し始め、そこに家庭的であり、堅実・誠実であり、居心地が良い女であれば・・・・結婚をしたくなるに間違いなし!?

あなたとの結婚を夢見る夢夫くん!になるのも、そう時間が掛からないはずです。笑

もちろん、このことはあくまでも軽いノリで言ってることでもあるので、後々になって

『あのとき結婚の話をしたじゃない!怒』

などと、彼の心変わりを怒ったり、泣いたり責めたりするのは間違っています。
人の心は移ろいやすいもの・・・ハッキリとプロポーズをされたり、入籍の日取りや結婚の意思確認をしていない場合、相手を責めるのは止めましょう。

あくまでも軽い戯言である。上手く行けばしめたもの・・・その認識も必要です。


私は、この方法で3回の結婚や結婚前提の同棲を、付き合い出して数か月以内にしています。

・・・といっても意識的にしてたわけではないのですが、最近、結婚を切り出せない女性が多いことを「なぜ結婚についての話ができないんだろう?」と考えているうちに、無意識のうちに私は、自分からいつも引導を渡していた。ということに気付きました。

もちろん結婚を意識させて、いざプロポーズとなって、ちょっと待てよっ!?というときもありました。笑
そんなときは、一度立ち止まってよく考えましょうね。


自然界ではオスがメスに求愛し、判断はメスが下します。

人間もまさに同じです。
男が求婚し、女がそれを受ける。またはお断りする。

受けるにもお断りするにも、求婚されなくてはいけないので、そのためにお付き合いが始まれば、いそいそと引導を渡しまくります。(^^)

私自身、恋愛の先には結婚がある。と昔から思っています。
なので、お付き合いする限りは将来は結婚したい!という意思を持ってお付き合いします。

しかしそれに対して、結婚の意思はない!という回答が彼から得られた場合、私は自分から見限ります。
私への100%愛情と責任を持てない人は、こちらからお断りが私のモットーなので。笑


妻力の3大条件、そして居心地の良さ10項目を身に付けたあなたは、最高の妻になるための条件を兼ね備えています。

夢を壊すようで申し訳ありませんが、これらすべてを兼ね備えた妻であれば、結婚に適さない男性を選ばない限り、必ず幸せな結婚生活を送れます。
これは、誰と一緒になってもそう変わるものでもありません。
誰からも溺愛され、幸せな家庭を築くことが出来ます。

このレポートを読み、実践している。すでに出来ているあなたは、自分の妻力に自信をもち、

私以外に、あなたの妻になれる最高な女はいない!!

という気概を持ってください。

結婚の引導を渡されて立ち尽くすような男性は、こちらから見限ってやる!!くらい自分に自信をもってくださいね。(^0^)







さて、『妻力向上計画』全8回いかがだったでしょうか?

婚活中の方。すでに結婚をしている方。これから結婚する方。
すべての女性が幸せな結婚生活を送るためのノウハウを書きました。

結婚はゴールではなく、スタート!!

結婚生活数十年の間にはいろいろなことが起きると思います。
しかし、男性心理を知り、女が一歩引き、賢くなることで、ほとんどの問題は解決されると信じています。

素晴らしき妻力を持つすべての女性に幸あれ!


ー完ー

ミコリー さんの他のレポート

断捨離やました先生の対談
会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+