女友達を味方につけて「出会いのチャンス」を増やす方法

ご結婚されている二人の「出会いのきっかけ」を聞いてみると「学校」「職場」そして「友人、知人の繋がり」で出会っている人が多いとは思いませんか?これは、世間の様々なデータを見ても明らかではないでしょうか。
それでは「友人、知人の繋がり」で、いちばん身近な存在の「女友達」を味方につけて「婚活のための出会いのチャンスを増やせないか」を考えてみたいと思います。
これは私と私の婚活仲間が実際にしていたことで、結婚相談所に入らなくても、婚活パーティーに行かなくても、インターネットで出会いを探さなくても、SNSを始めなくても、確実に出会いを引き出せていました。誰もが知っていそうなことですが、実際している人は少ないのではないでしょうか。



婚活で出会いを引き出すための女友達との付き合い方

1.周りにいる女友達に「恋人募集中宣言」をする
そもそも「出会いを求めていること」が周りに伝わっていなければ、出会いの場に誘われることもなく、誰かいい人がいたら紹介してもらえるチャンスも逃してしまっているかもれしません。まずは「誰かいい人がいたら紹介してほしい」ということを素直に積極的に伝えることから始めてみましょう。

2.幸せな人のところへ行ってみる
「幸せな恋愛をしている人」「幸せな結婚をしている人」「長い間婚活をしていてやっと結婚が決まった人」など、幸せな人は「自分の幸せをわけてあげたい」と思っている人もいます。「気持ちに余裕がある」ということでしょうか。「私もあなたみたいに誰かいい人と出会いたい」と素直な気持ちを話してみても何も恥ずかしいことではありません。そして特に「長い間婚活をしていてやっと結婚が決まった人」は、周りに独身男性がたくさんいることが多いですし婚活の苦労を知っているので、独身男性を紹介してもらえる可能性は高いです。

3.新しく「親しい」女友達をたくさん作る
社会人になると、学生の頃のような「親しい女友達」を見つけるのは難しいと考えている方もいらっしゃるかもしれませんね。ですが、新しく知り合った女友達がいたら「一歩踏み出して、もっと仲良くなってみて」はどうでしょう。

「共通の話題」があれば、すぐに仲良くなれるかもしれませんが、学生の頃のように毎日顔を見合わせ、長い時間を一緒に過ごすことができない関係で友人関係を築くには、まずは「短時間で相手の心を開いてもらう」ことが重要ではないでしょうか。そのために、私が後々考えて効果的だったことは「相手の良いところを見つけたら伝えてみる」ことです。「心からそう思った相手の良いところを伝えるだけ」です。

簡単な例をご紹介しますね。
いつの時代も、いくつになっても、女性は「魅力的な自分でいたい」もの。女性にとって「美に関する話題」は誰もが切り離せないものではないでしょうか。女友達と短時間で会話を弾ませるには、相手が着ていたお洋服がステキだったら「似合っているね」と褒めてみたり、髪がキレイだと思ったら「サラサラだね」と褒めてみたり、素敵なメイクをしていたら「それどこのアイシャドウ?」などと、ぜひ聞いてみてください。相手もきっと嬉しくなって色々教えてくれると思いますし、素敵だと思った商品の情報を教えてもらえて、それがもし自分にも合うものなら教えてもらえた自分もトクしますし、何より相手と話すきっかけが生まれ、会話が弾むこと間違いなしです。
この「心からほめる」という行為は、人の心をいかにしてつかむことができるかが書かれているロングセラーの名著D・カーネギーの「人を動かす」に書かれている「人に好かれる六原則」のうちの1つでもありました。

会話が弾んだら「また会いましょう」という気持ちをこめて、勇気を出して「自分から連絡先交換を申し出て」みたり「お食事などに誘ってみてはどうでしょう。

仲良くなれたら、自分の「近況」や「状況」を知ってもらえる機会が必ずあると思います。相手も婚活をしていた場合には「一緒に婚活パーティに行こう」という話になるかもしれませんし、相手に旦那さまや彼氏がいた場合、その友達を紹介してもらえることもあるかもしれません。

4.人脈のある女友達と積極的に仲良くなる
男女問わず友達が多い「人脈のある女友達」が周りにはいませんか?人脈のある女友達はイベントを計画をするのが好きな人も多いです。自分とはタイプが違って親しい友人になるには気が引けても「何かあったら誘ってほしい」と自分をアピールしておけば、BBQやクリスマスパーティなどの大人数で集まるイベントに声をかけてもらえるかもしれません。

5.コンパなどに一緒に行ける「婚活仲間」を見つける
プライベートで特に関わりがあるわけではなくても「婚活仲間」として仲良くなる友人関係もアリだと思います。「婚活」という共通項で「辛い婚活も一緒にがんばろう」という気持ちにさせてくれて、婚活に対するモチベーションも、一人でがんばっているよりも維持できるのではないでしょうか。「類は友を呼ぶ」という言葉があるぐらいで「雰囲気が似た女友達」が周りに多い中、婚活をするなら、
① 「自分の周りにいるタイプとは違うタイプ」の女友達
② 「自分が好きになる男性と違うタイプを好きになる」女友達

と仲良くなることも、おすすめです。
例えば、ある男性アイドルグループのメンバーは1人1人キャラクターが違っていて、それぞれにファンがいますよね。コンパなどに参加するときには「自分とは違うタイプの女友達」と参加するほうが、キャラクターが被っている自分と同じ雰囲気の女友達と参加するよりも「自分の個性が輝いて見える」ときがあります。
そして、自分とは違うタイプの婚活仲間が開いてくれたコンパでは、自分の仲の良い女友達の周りにはいなさそうな男性と知り合うこともできたりします。
また、あらかじめ、どのような男性がタイプかを女友達に聞いておけば「自分が好きになる男性と違うタイプを好きになる女友達」とコンパに参加することによって「気になった相手を取り合い」するようなこともなくなるはずです。

6.先輩も後輩もみんな友達
年齢の近い友人だけでなく年齢の離れた友人と話すと、想像もつかなかった新しい考え方や知識を得られることがあります。そして婚活においては「先輩が知り合った年下すぎる男性」「後輩が知り合った年上すぎる男性」「あなたにぴったりの年齢層の男性」が案外身近にいるかもしれません。

そして、この場を借りて多くの方にお願いしたいのですが、婚活をしている人には「なかなか出会いがなく、自分の思うような人と出会うことができない」人が多く、みんなとても悩んでいます。
既婚者のみなさま、幸せな恋愛をしているみなさま、自分には合わないけれどいい人がいるよという先輩のみなさま、後輩のみなさま、ぜひ婚活をしている人を見かけたら紹介をしてあげてください。

女友達を味方につけて何倍もの力で婚活

いかがですか?大切な友達に対して、少し戦略的かもしれませんね。ですが、身近な女友達を見方につけ、たくさんの人の力を借りて自分に合う人を見つけてもらえるように仕向けていれば「ひとりで婚活」しているよりも味方につけた人の数の分だけ「出会いの幅が広がる」ことは間違いないでしょう。

honey さんの他のレポート

断捨離やました先生の対談
会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+