復縁を糧に!愛育み愛生まれる「幸せの種の植え付け方」

出会い片思い友達以上恋人未満恋人復縁結婚その他 honey 全ての人に公開  7,479 views
「復縁」というキーワードで、ここ「恋愛ユニバーシティ」に辿りついた方は多いのではないしょうか。「沈黙」は本当に苦しいものですね。大いにわかります。なぜなら、私も「復縁したい」と思い、ここに辿りついたひとりだからです。
「沈黙」とは、復縁に効果があると言われる、恋愛カウンセラーぐっどうぃる博士の理論の用語です。

そこで、沈黙経験者の私から「復縁のための沈黙中の過ごし方」「さらなる幸せのため」のご提案です。それは、恋愛カウンセラーぐっどうぃる博士の復縁の理論にも考慮されている「あの法則」をさらに活用するものです。

「あの法則」とは?

恋愛カウンセラーぐっどうぃる博士によると、「復縁においては、付き合っている時、如何に楽しい出来事が二人の間にあったか(ピーク)、そして別れ際によい印象を残せたか(エンド)が重要となる」とのこと。
(引用元:http://u-rennai.jp/contents/course/81
そしてこの理論は「ピークエンドの法則」を用いて説明されています。
「ピークエンドの法則」とは、ネットで検索すればいくらでもヒットする有名なものです。
ここでは「ピークエンドの法則」の詳しい説明については割愛しますが、簡単に言えば「ピーク(楽しみや苦しみの持続)と、そしてエンド(終わり方)の印象こそが、その後の印象をも左右する」という法則です。

「沈黙中のあなた」にご提案

「どうしても彼じゃなきゃダメなんです」「彼以上の人には出会えないかもしれない」「これからどうやって生きていけばいいかわらかない」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。一日中涙を流し、食事も喉に通らない。何もやる気が起こらない。
そんなあなたに「あの法則」を使った「沈黙の乗り越え方」をご提案します。それは、

「今日も1日無事過ごせた」と、1日の「エンド」を安堵に満ちた気持ちで眠りについてみることです。そして、今日1日のうちに「ピーク」に当たる「楽しみの時間」や「学びの時間」などの「自分が充実する時間」を作ります。
沈黙中の1日も「ピーク」と「エンド」を意識することにより「今日1日を乗り切る」のです。


この毎日の乗り越え方は、「ただいま恋愛休止中のあなた」「婚活中のあなた」にもおすすめです。
不安な顔や、さえない顔をしているあなたよりも、「幸福感」や「充実感」が持続しているあなたのほうが、次の恋もつかめやすくなるはずです。

「新しい恋に進んだあなた」や「彼と順調なあなた」には

「この法則」はまだまだ使えます。
復縁を望むことをやめたり、そして新しい恋を見つけたなら、「この法則」を「新しい彼にも活用」してみませんか? その活用の仕方とは、

「デートの終わり」(エンド)に使います。
楽しかったデートの終わり、ただなんとなく彼とお別れしていませんか?
この「日々の何気ないお別れ」すら、大好きな彼との愛を育む「幸せの種を植え付ける行動」にするのです。
デートの終わりに「今日も楽しかったね、ありがとう。気を付けて帰ってね。」と、エンドにもっと意識して「意味ある少しの時間」を作ります。
デート中、2人で「ピーク」を楽しみ、もし例えば喧嘩をしてしまったとしても、気まづい空気が流れたとしても、デートの「エンド」には良い状態にして帰るのです。


このようにして、毎回のデートでも「幸せの種」を植え付けていってはいかがでしょう。

「結婚しているあなたにも」そして「ハッピーライフ」のために

そして、全ての人に提案します。
例え辛いことがあったとしても、楽しみを多く見つけ、毎日を「ピーク」に過ごしていれば、人生の「エンド」には、きっと幸せな人生だったと思えることでしょう。
また、幸せなときこそ日々の幸せに感謝して過ごしたいものです。

「沈黙」を応用した、こちらのレポートも、よろしければご覧ください。

honey さんの他のレポート

断捨離やました先生の対談
会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+