クロマンvs北京-誕生日などイベントにおける行動の違い

男性のタイプによって行動が違う!


これはレポートコラムでも取り上げているのですが・・・

このことは日常生活だけでなく、イベント(誕生日やクリスマスなど)においては顕著な差がでるものだと言っても過言ではありません。

誕生日におしゃれでロマンチックなディナー。バラの花束にセンスの良いプレゼント。
レストランの予約もバッチリ、お化粧直しに行ってる間にお支払いも完了!すべてにスマートな彼。(⋈◍>◡<◍)。✧♡



こんな夢を描くのは、夢見る夢子ちゃんである世の乙女たち。苦笑
自然とこれらが出来るのがクロマン系男子<タキシード男子>
そして、女にモテたいためにモテ本などから勉強して似非クロマン<スーツ男子>になった彼らだから出来ること。
なので、これらが出来る男がこの世のデフォルトだと思っていたら大間違い!!驚

北京系彼氏にあなたが何も言わないのにこのようなことを期待をしたら・・・血の雨が降る!?”(-“”-)”

誕生日にディナーの予約どころか、デートにも誘われない。というか、誕生日をすっかり忘れてる!?とか、プレゼントも売れ残り?それとも店員に押し売られた??ってようなセンスのないもので、まったく喜べないものだったり(汗)ケーキどころか、あなたが遠慮して「欲しいものはないの。」と言った言葉を真に受けて、本当にプレゼントもなかったり~涙

これぞ、女心がまったくわからないThe北京系男子あるある。(;^_^A

世の中、どちらかと言えばこの北京系の男子の方が多い!ということ。
そしてあなたの彼もクロマンだと思っていても、皮を剝いだら“間違いなく北京くん!!”ということが多い?ということも知って欲しいと思います。

誕生日にステキなシチュエーションでセンスのいいプレゼント。
愛の言葉で超シアワセ~~~(*^-^*)な、クロマン系の彼を持つあなたは神様と彼様に感謝しましょうね。
ケアしてもらって当たり前!?にならないように、いつも感謝の言葉と称賛の言葉を忘れずに!!(^_-)-☆

そして・・・なぜに女心がわからない!?という元気なお子ちゃまゴリラーマンを持つそこのあなた!!ガッカリしなくても大丈夫!!

誕生日やクリスマスを祝ってくれないのも、彼らにはそういう習慣がなかっただけ。そして、そういうことをすれば、彼女が歓び幸せになる!ということを知らなかっただけ

プレゼントがないのも、素敵なデートもないのも、蔑ろにされてるわけでも、愛
されていないわけでなくて、彼はただ単に女心を知らないだけなのです。
それならば何も知らない子どもを教育するように、自分好みの男性に育て上げましょう。
そのためには、

1に「刷り込み」2に「刷り込み」3,4はなくて5に「感謝!!」


この法則を忘れずに!!


【刷り込み方法】

その1:事前告知
あなたの誕生日を忘れてる男性も多いので、まず数週間前から事前予告をすること!

「来月は私の誕生日だよ~~(^0^)」
「2週間後の○○曜日は私の誕生日!えへっ」
「私の誕生日はいつでしょう!?(*^-^*)」

などなど、まずはしっかりとあなたの誕生日を覚えてもらいましょう。


その2:欲しいものをリクエスト!!

「(プレゼントは)何が欲しい?」

と聞かれたら、遠慮したりせずにズバッと

「○○が欲しい!」

と言い切ってしまいます。間違っても

「え~なんでもいいよ。」
とか
「欲しいものはないの。」
とか
「あなたの選んでくれたものなら何でも良いわ!」

などなどと言わない事!
彼が何かしてくれるだろう。と期待してこれらのことを言うと、悲しい誕生日を過ごすハメになることも・・・これらの言葉が彼らの中でどう翻訳されるのか?
北京ゴリラと女の心の声を紹介。

例1)「え~なんでもいいよ。」

女:それぐらい自分で考えてよ!私を愛していれば思い付くでしょ!!
男:何を選んでいいのやら~(-_-メ)←途方に暮れるバカゴリラ。そしてそれは当日になるまで途方に暮れたまま・・・だったりする。Orz


例2)「欲しいものはないの。」

女:まさか本当にそう思うはずはないわ!
男:そっか。じゃ、プレゼントは買わなくていいんだ。←北京系は裏読みが出来ないので額面通りに取る。苦笑


例3)「あなたの選んでくれたものなら何でも良いわ!」

女:私の好きなもの買ってくれるはず。
男:え?オレの好きなものでいいの!?じゃ、ガンダムのプラモ???←ま、これは極端ですが~笑

こんな翻訳違いを知らないと、あなたは誕生日当日にガッカリして悲しい気持ちになったり、腹が立ってしまったり・・・そしてあなたのそんな感情を読み取った彼氏は、何が彼女を悲しませたり、腹を立てているのかがわからず

「彼女を幸せにすることは出来ないオレ・・・ダメな奴!よよよ~涙」

と、己の無力さに打ちひしがれたりするのです。涙
こうなるとお互いにギクシャクしてしまうし、下手をするとケンカになってしまうことも・・・

そんな悲しい誕生日やクリスマスや記念日などのイベント日を過ごさないためにも、事前告知。そして欲しいものをキッチリと伝える
特に北京系(Tシャツ系)の彼氏や夫をを持っている女性は、ここをしっかりと覚えていてほしいと思います。


いつもラブラブなカップルでいるため、そしてイベント日を楽しい1日にするために、〇〇してくれない・・・と嘆くのではなく、知識と努力と実践で“自分好みの〇〇してくれる男”に育てて行きましょう。(⋈◍>◡<◍)。✧♡




ミコリー さんの他のレポート

断捨離やました先生の対談
会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+