「結婚を考える男性が重視するたった二つのこと」 恋ユニレポート1-1 



「婚活」という言葉がすっかり世の中に定着した昨今、現在婚活中という女性も多いのではないでしょうか。貴重な時間や労力を費やしてせっかく婚活するのであれば、やはり自分にとってより良い男性に出会えるように、また、自分自身も女性としての魅力がアップするように、戦略的に行動したいですよね。


そこでこれから2回に分けて、「結婚を考える男性が重視するたった二つのこと」、それを踏まえた「婚活で男性にモテるセルフプロデュース法」について、それぞれレポートしたいと思います。まず今回は、「結婚を考える男性が重視するたった二つのこと」について書いていきます。

● 婚活で男性が女性を見るときに重視するのは「○○と○○」だけ!

婚活中の女性の相談に乗っていると、男性に求める条件として様々な要素が出てきます。A子さんは「経済力がある人、高学歴、できれば身長は高い方が良い」、B子さんは、「清潔感がある人、話が面白い人、安定した仕事に就いている人」、C子さんは「年収OOO万円以上、スポーツが得意、自分より学歴が上」などなど…。これらの要素は“スペック”と呼ばれ、「今日の婚活パーティーに来てた男性はスペックが高かった。今度デートする予定の男性はスペックがイマイチ」、などと相手の男性を評価する基準として使われています。

女性が男性に求めるスペックは人によって様々ですが、一般的に、「高収入、高学歴、高身長、イケメン、スポーツマン、医者や弁護士など社会的地位の高い職業」といった要素を持っていると“高スペック”な男性として認識されることが多いです。

一方、婚活アプリや婚活パーティー、結婚相談所に至るまで、婚活の種類は様々であっても、男性が婚活において、まず女性に求める要素=スペックは、実は基本的にたった2つしかありません。

それはズバリ、「容姿」と「年齢」です!

婚活で、最初に男性が強く意識する要素は、「容姿」つまり見た目の良さと、「年齢」つまり若さ、たったそれだけなのです! もちろん、お付き合いに発展したあとでは、優しさや居心地の良さなどの内面的な要素も重要になっていきますが、出会ったばかりの段階において、女性が男性に「いいな」と思って貰い、「この女性とお付き合いしたい!」  と思ってもらうためには、「年齢と容姿」この2つの要素がとても重要になってきます。

つまり、前述した女性側から見た男性の“スペック”が複数あるのに対し、「見た目と年齢」というたった2つが、第一段階で男性が女性を選ぶ際の基準となります。すなわち男性にとってスペックの高い女性というのは、「若くて容姿のいい女性」ということになるのです。それゆえ、婚活パーティーなどでは、若くて見た目のいい特定の女性に男性の人気が集中するという事態が発生することが多いのです。

これを踏まえると、婚活において、女性と男性ではそれぞれニーズ(相手に求めるもの)が異なる、ということがわかると思います。婚活が上手くいかないと嘆く女性のなかには、この「男女のニーズの違い」に気づいていない方も多く見受けられます。

●婚活は今すぐ始めるべき

実年齢が最も若いのは“今この瞬間”です。婚活したいけど、一歩踏み出せないと悩んでいる女性、一応片手間で婚活をしているけど、仕事や趣味で忙しく、本気で取り組んでいないという女性は、一刻も早く本気で活動を開始(再開)することをおすすめします。

ちなみに、その際、ぐっどうぃる博士著「結婚を考えはじめた女(あなた)へ」(三笠書房)や、水野敬也著「スパルタ婚活塾」(文響社)といった婚活に役立つ本もあなたの背中を強く後押ししてくれるかもしれません。こうした書籍を繰り返し読むことで、婚活に対するモチベーションをアップさせることができます。

また、現在真剣に婚活中の女性で、なかなかいい男性に出会えない、と悩んでいる方は、自分の見た目を客観的に見つめなおし、「男性に好かれる容姿」に近づけていく必要があるかもしれません。自分がいいな、と思う男性にアプローチされるには、自分をいいなと思ってくれる男性を増やす必要があります。自分に興味を持ってもらえる男性の母数が多い方が、自分の好みに合った男性を見つけやすくなります。

こうした話をすると、一部の女性からは「自分らしさ」や「ありのままの自分」を受け入れてくれる男性がいい、取り繕って好かれても意味がない、などと反発を受けることがありますが、本当にそうでしょうか? 「自分らしさ」や「ありのまま」を重視するあまり、男性に興味を持ってもらいにくくなっているとすれば、それはとてももったいないことではありませんか? 自ら出会いのチャンスを減らしているようなものです。それに、「自分らしさ」はお付き合いを始めたあとに、少しずつ相手に伝えていっても十分間に合います。

●「男性目線を意識した見た目」が婚活成功のカギ

例えば同じ料理でも、綺麗なお皿に美しく盛り付けてあるのと、適当なお皿にボンッとただ乗せただけ、では印象は全く違いますよね? 同じ素材でも、見せ方を工夫するだけで、料理が何倍も美味しそうに見えたり価値が上がったりします。婚活でも同様のことが言えます。見た目にあまり気を使わずラフな格好でいた女性が、ドレスアップして姿勢を正したなら、別人のように見違えることでしょう。まずは男性に興味を持ってもらわないと、結婚に向けたお付き合いは始まりません。

年齢は努力で変えられなくても、見た目は努力や工夫次第で変えられます! 特に女性は、ファッションやメイク、ダイエットで別人のように変身することも可能です。

この際注意が必要なのは、「男性から見た印象」という視点を強く意識することでしょう。婚活に悩んでいる女性には、この「男性目線」が抜け落ちている方が多いです。婚活パーティーに参加したことのある女性からよく聞く話ですが、「女性はオシャレな人が多く、見た目にも気を遣っている人が多かった」という意見です。果たしてそれは当たっているのでしょうか? 女性から見て、オシャレであっても、それが必ずしも男性から見た女性の魅力にあてはまっていないケースも多々あります。たとえば流行のゆったりしたボトムスや派手な柄物などは、女性から見れば流行を押さえていてオシャレでも、男性から見れば女性らしさが感じられなかったり、魅力的に見えていない場合もあります。

このことを踏まえ、次回は、「婚活で男性にモテるセルフプロデュース法」について、具体的にレポートしていきたいと思います。

愛野カタル さんの他のレポート

会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE