どんな男性を選ぶべきか?vol.3-1

どんな男性を選ぶべきかの第3弾を以下に書いてみました。
よかったら参考にして下さい。

あなたの男性選びが上手でないのなら、何か原因が有る。
自分が相手のどういった所を好きになるのかを以下をふまえて考えてみても良いかもしれない。

ほとんど全ての人は感情や衝動の奴隷として生きている。
理性で恋愛相手を選ぶ人など、この世の中にほとんどいないと言って良いかもしれない。

更に女性はその傾向がとても強い。(幸か不幸か)女性は直感で生きる動物だ。
だから時に駄目男に尽くしたり、尊敬できない相手と結婚し強い苦しみやぼんやりとした絶望感の中で生きる事になる。

どんな男性を選ぶべきかを教えたところで、それに従って選ぶのは難しい。
だから、ここでは女性がどのような男性を選ぶのかを簡単に見ていく事にする。
そしてそれはどういう意味が有るのかを考えてみる。

まず女性は恋愛体質とそうでない体質がある。
「相手がいないと寂しくて寂しくて生きていけない女性」と「相手がいなくても一人を楽しめる女性」である。

↓ここの【運命を決める要素 その1:依存】 と関連している。
運命に関して(運命は変えられるか?)

相手がいないと寂しくて寂しくて生きていけない女性は、
例えばクリスマスや誕生日を一人で過ごせない。
適当な男性を捕まえ付き合う。誰かに必要とされていないと自分の存在意味を失う。
やがて好きでもない男性と出来ちゃった婚をし後悔するのもこのタイプ。
ただ逆に言えば、(結婚して幸せになるかは別として)結婚できずに一生を過ごす事は少ない。

相手がいなくても一人を楽しめるタイプの女性は恋愛で傷つく事が少ないが、
相手をなかなか見つけられないので20代後半以降、結婚相手が見つからず困る事が有るだろう。
付き合う事に執着がない女性にとって、結婚は大きなリスクでしかない。
自分の楽しい日常を捨てなくてはいけないし、一生をその男性に変えられてしまう。
愛されない相手、愛する事の出来ない相手との退屈な未来を想像したら強い不安感に襲われるだろう。
だから慎重になる。
その女性が探している結婚相手は、この世にいない凄い人、いたとしてもその女性を選ぶ可能性がほとんどない人という事になる。
(私の理想は高くないと言っている女性はいるが、彼女たちの理想はこぞって高い。「相手がいないと寂しくて寂しくて生きていけない女性」の結婚相手を見れば、自分の考えている男性がいかに理想の存在かが分かるだろう)
そのような女性はどんどん年をとり自分の価値を下げ、更に結婚を難しくする。

もちろんこの2つの中間タイプもいる。
また過去の傷でどちらかにシフトしたパターンもある。
主に恋愛体質の女性が過去の傷で全く恋愛が出来なくなるタイプに変わる事は多い。
相手を見極めるスキルや相手をコントロールするスキルが頭の中で完璧なまでに出来上がっているが実際はずっとひとりぼっちというパターンだ。

さて、そのような女性が選ぶ男性はどんなものだろう。

基本的に女性は男性を選ぶ時、
「サバイバルスキル」と「どれだけ自分を大切にしてくれるか?」の2点が基準になっていると考える。

サバイバルスキルとは、その男性が「どれだけこの世界で上手に生きていくか?」の能力である。
女性が男性のどこにサバイバルスキルを感じるかは様々だ。
相手の肩書き、乗っている車、資格に感じたり、相手がスノーボードが上手な事にそれを感じたり
相手の語る夢にそれを感じたり、相手が何が有ってもめげない事に感じたり
相手が自分の抱えている問題を解いてしまう事に感じたり、まあ本当に多岐にわたっている。
でもそれらは全て、雌がつがいとなる雄に「一緒に生きるには、生き残るスキルがより高い相手にしたい」という事を本能として感じているのだろう。
(駄目男を好きになるパターンに付いては最後に簡単に触れる)

【見た目のかっこ良い男性】

女性は多くの場合、見た目を重視する。
それは男性が単純に女性を姿形だけで判断する傾向があるのと少し異なり
その男性の持つ全体的な雰囲気を見て、その生き様や人格を無意識に読み取って好きになる。
年齢を重ねれば重ねるほどそうなる傾向が強い様だ。
相手の見た目と中身のギャップから生き様や人格の深みを感じ取り、サバイバルスキルの高さを感じて好きになる事もよくある。

さて見た目は2つの部分に分ける事が出来る。
一つは生まれつき持っているもの。
もう一つはあとで身につけたものである。
あなたが男性を見る時、この2つの視点で見ると良いかもしれない。

生まれつき持っているものは、「自分が好きでそうなった訳ではない」という部分が重要だ。
彼は好きで太っているのではない。
彼は好きで禿げたのではない。
彼は好きでイケメンなのではない。
彼は好きでニキビ面なのではないのである。
体質はある程度その人の人格に影響を与えるが、彼は好んでそうなっている訳ではない事を覚えておく。
そして彼の周りの人間が彼を見てどう動くか、
本人が自分の見た目にどう対処しているかを考えると彼の性質を知るヒントになるだろう。

例えばイケメンの男性が、あまりしゃべらない、冷たい人であれば
放っておいても女性がよってくるので、女性に対するケアが無く、
モテるための努力をずっとしてこなかったので人間として中身がない。
それを読み取られないためにあまりしゃべらないキャラになったと予想したりする。
(この予想は何度も会っているうちに真実かどうかを確認していく)
彼の生まれつきの見た目から、劣等感や心の構造などを予想できる。

一方、服装や髪型、筋肉など、あとで身につけたものはその人の価値観を含んでいる。

典型的な田舎の役場の職員、典型的な研究者、典型的なバンドマンを見れば分かるが価値観がそのままその人の姿形となる。若く見られたい男性は若作りをし、カラオケで歌う曲からしゃべり方まで「若いですね」と言われようと頑張る。

また、女性が男性を
「全体的な雰囲気として見て、そこから生き様や人格を読み取り好きになる」
という事を無意識に知っている一部の男性はそれを利用するだろう。
雑誌などを読んだり、友達に聴いたりしてセンスを磨き雰囲気作りに精を出す。
そして女性の好みそうな姿形を作り、選ばれようとする。

独自のスタイルで女性にモテそうな格好をしている男性は、
女性の心を読み取る事が出来、女性の扱いもうまい場合が多い。
それは女性に優しいとは限らず、女性を惚れさせるのがうまいという事だ。

「生まれつき持っているもの」「あとで身につけたもの」この2つが複合して見た目を作っている。
太っている人がヒップホップの格好をしているのは、まあこの2つのコンビネーションの典型といえるだろう。
太った男性がいつも同様の格好をしているのを見ると人間というものの単純さを感じずにはいられない。

見た目はだからそのような意味を持つ。

ところで、無意識は相手の見た目を「その人の全てだ」と語りかけてくる。

女性が相手を見た目で好きになるのはほとんど本能だ。本能というのはとてもおばかさんだ。
だからイケメン好きや見た目にこだわる人間は苦労をする場合が多いだろう。
とはいえ、それらの女性にとって見た目が気に入らなければ相手を好きになれない。
好きになれないのに恋愛など不可能だ。

僕が述べた事を気に留めて相手を観察すると
徐々に相手が違って見えてくると思う。
相手の見た目から、その人の意図を感じ取る事が出来たり、劣等感を感じ取れたりする。
総合的な人格を感じる手伝いにもなる。
相手を選ぶ上で知っておいて損はないだろう。

(どうして人はイケメンを好きになるかを語る事は出来るがここではやめておく。
それはボディプランと関わっていると僕は考えている。

かっこ良い男性はボディプランの成熟度が高いと無意識が判断するのだろう。
もちろん時代における文化やメディアとも関わっている。話し始めると長くなりそうだ。
「雰囲気」や「ギャップ」をどうして好きなるかはサバイバルスキルや女性の心のケアする能力と関連しているだろう)

【優しい男性】

女性は多くの場合、優しい男性を重視する。
優しい男性は、女性の居心地の良さを提供するからだ。
女性たちはやがて無意識に思う。
この男性と付き合えばずっとこんな風に大切にされる。
あるいは彼は私を必要としているから優しいのだ。
あるいは彼は私だけを愛していると。

一方、男性は女性に優しくすれば女性を得られる事を知っている。だから優しくする。
目的の女性を見つけるとマメにメールし、その女性を映画に誘い、その女性のためにデートの計画を練ったり、その女性のために面白い話を沢山話したりする。
ちょっとした失敗をしても怒らない。自分ができない仕事を無理して手伝ってくれる。毎回車で家に送ってくれる。
ところがこれは本当の優しさではない。あなたを得るための欲である。

彼の優しさがあなたを得るための欲でも構わないとあなたは思うかもしれない。
しかし一部(または多く)の男性はあなたを得た後、すっかり態度を変えてしまう。
(そうなると、女性は彼の以前の優しさを求め、彼に尽くし始める。悪いサイクルの始まりだ)

男性は冷たくしようとして冷たくしている訳ではない。
興味を失ったものに優しくしようとしても無理なだけである。
毎日やっていたテレビゲームに飽きて見向きもしなくなったのと同じだ。

また一部の男性は、あなただけを得るために優しいのではなく、
手当り次第に女性を得るため手当り次第に優しかったりする。

女性に愛される事を男性は無意識に自分の能力と感じる場合が有る。
そのような男性が同様に手当り次第に女性に優しくする事も有るだろう。

優しくするというのは女性を得るのに最も効率の良い方法と言えるかもしれない。

つまり女性が思っているほど、男性の優しさは純粋なものではなく、一時的な欲の裏返しである事がほとんどだ。
だから見た目が奇麗な女性は皆に優しくされる。
その女性が結婚すると彼女の旦那は急に冷たくなる。
多くの男性において「優しさ」と「手に入れる入れない」が一体となって動いている。
他の章で「手に入りそうで手に入らない距離」を維持しなさいと言っているのは
あなたが彼の手に入ったら、彼はあなたに興味を失い、同時に優しさを含む多くを失う場合が多い事を意味している。

かといって冷たい男が良いという訳ではない。
一部の男性は女性に元々興味がない。あなたがその男性に対して沢山の愛情が欲しいと思う場合、苦労するだろう。

女性に興味がない振りをして、あなただけに興味がない場合もある。
そういう意味で優しさは相手のテンションを測る指標にもなる。

また一部の男性は、自分が相手に優しくしなくてもモテると知っていて敢えてそうする。
ほとんどの場合冷たいが、時に不器用で時に優しい。
女性を得るために、そういう戦略を持っているに過ぎない。

僕が言いたいのは本当に優しい男性など稀であるという事だ。
相手があなたに優しい時、無意識に相手を好きになる前に
何故彼があなたに優しいのかを考える事だ。
それにより彼の意図を読み取る事が出来る。

例えば既婚男性があなたに優しいのは都合の良い関係をあなたに求めているに過ぎない場合が多い。

相手があなたを手に入れたいから優しい。その場合はそれで良いだろう。
それがほとんどの場合、恋愛そのものだからだ。
そうして正式に付き合ったとして、その関係が安定したら、
正しい努力をしない限り、彼の優しさは消えてしまうかもしれないという事を覚えておく。

本当に優しい男性など稀であるのだから、あなたに誠実で優しい男性は、あなたが作らなくてはならない。
それはこのプロトコルの全体を通して読めば分かってくるだろう。

前半は以上です。

彼選びを間違えると大変なことに・・・恋愛のプロに診てもらいましょう!


初めての方へ
断捨離やました先生の対談
会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+