[男の本音]彼女の結婚願望を知りつつ結婚しない男!6つの事情

2013年03月03日 11:15
[男の本音]彼女の結婚願望を知りつつ結婚しない男!6つの事情

結婚できるのかな…。

大好きな彼氏がいて、一見幸せそうな女性。でも、よくよく聞いてみるとポロリと聞こえてくる“結婚”の悩み。「彼から結婚の話が全然出ないの」「結婚を考えているとは言うけど、具体的な話には進まないんだよね」「結婚願望をチラつかせたら態度が変わっちゃってさ....」結婚適齢期のガールズトークで頻出の話題です。ダイレクトに結婚の意思を確認したいけど、下手にプレッシャーをかけたら逃げられそう..、そう思うとなかなか行動に出ることができません。そこで!早速男性の本音を聞いてきました。


選んだ時点でほとんど決まってる!?

恋愛カウンセラーのぐっどうぃる博士曰く、多くの男性は付き合っている彼女がいても結婚については考えていないんだそう。「男性にとって結婚とは、責任を取るということ。それなりに重たい決断ですから、そう易々と決める男性はいないでしょう」とのこと。

また、どうしたら結婚できるか?ではなく、「誰を選んだか?」で結婚できるかどうかがほとんど決まってしまうんだとか。あなたが選んだ彼と結婚できるかどうかを見極めることができる、「男性の3つの種類」は次の通り。


1)まったく結婚を考えていないグループ

例えば、周りの友人や同僚、業界的にも同世代はまだ独身がほとんどという男性、遊び人でカジュアルに女性と体の関係を持ちたいだけの男性、既婚者。

2)いつかはするが今は結婚したくないグループ

男性の多くはこのグループ。結婚するためには駆け引きが必要。

3)今すぐ結婚したいグループ

恋愛や体の関係が一番ではなく、結婚がしたいグループ。短期間で結婚することがある。


もしあなたが結婚を一番に考えているなら、彼が「まったく結婚を考えていないグループ」にいる場合は、今すぐ別れたほうがいいんだそう。


◆男性に質問!「彼女となぜ結婚しないの?しなかったの?」


今回は“彼女の結婚願望に気付いていながら”結婚しない男性に「どうして結婚しないの?」という質問をぶつけ、さらに、既婚男性にも、「昔の彼女とはなぜ結婚しなかったの?」と聞いてみました!

1.「資格の勉強をしていて自分のやりたいことができていなかったので、結婚なんて考えられませんでした」(Nさん 既婚)
受かったら結婚だとしても、それが何年先かわからない。しかも、ただただ待つ先に別れがあるとしたら?受からなかったら?確かに難しいかも。


2.「一人の女性にずっと満足できることなんてありえない。人は欲の塊、常に良いものを求めるから、今の彼女がどうこうではなく、結婚が無理なんです」(Cさん 未婚)
ムッ!モテる遊び人にありがちな発言?もし彼にこんなこと言われたら、いざ結婚したいと思ったころに誰にも見向きもされなくなって、後悔すればいいわ!と思っちゃいます。


3.「現代の日本は法律に縛られる社会であり、もし結婚して何らかのトラブルが起こると、場合によっては訴えられたりする法律で罰されるので、それならフリーでいるのが一番良いと思います」(Tさん 未婚)
何らかのトラブルって何でしょう。慎重なのか、トラブルを起こしそうなのか、どっちなんでしょうね...。


4.「結婚してもいいと思っていたのですが、同棲して無理だと感じました。一緒に住んで、途中から自分が家事を全部やるようになり、愛情を感じなくなりました...」(Kさん 既婚)
なるほど。同棲の先には結婚がありそうだけど、場合によっては別れの原因になるんですね。結婚や同棲の前に、お互いのことをよく知って、“こんなハズじゃなかった…”なんてことのないようにしておきたいものです。


5.「将来、今の彼女と一緒にいる姿がまったく想像できません。恋愛するだけの彼女としてはいいけど、結婚するなら違うタイプのほうが。ただ、まだ自分に結婚する気がないので、今のところ別れるつもりはありません」(Wさん 未婚)
えぇ!じゃあ、彼女が結婚したいのは知っているけど、いざ自分が結婚するときは他の子とサヨウナラ、ってこと?なんて自分勝手な(怒)!


6.「相手の願望は知っているのですが、面倒でのらりくらり何年も過ごしています。できればこのままでいたいというのが本音です」(Eさん 未婚)
のらりくらりの先に年貢は納まるのでしょうか...。


いかがでしたか?理由はさまざまですが、まだスイッチが入っていない男性と結婚するのは容易なことではなさそうです。

もし彼との結婚に行き詰まってしまったなら、 “ヒエラルキー”という考え方が役に立つでしょう」と博士。ヒエラルキーとは、段階ごとに分けられた階層のこと。いつまでも結婚してくれない彼に悩んでいる女性は、“理想的な結婚がしたい”というのが一つ上の階層かもしれません。その場合、今の彼を強引に結婚させなくても良くなるわけです。

「“容姿が好み”“運命的な恋”などと、相手の本質を見極めないまま、付き合い結婚してしまうと、恋は叶ったけど結婚生活で苦労したり、価値観の相違から別居や離婚するなどという悲しい結末を招きかねません」とのこと。あなたにとって、ヒエラルキーの一番上にあるのは、今の彼と結婚すること?それともあなたが幸せになること?

相手の本質を見極めた結婚で幸せになりたい!と思ったら、NOZZEの恋活・婚活サービスのe-お見合いを利用してみては?あなた自身の価値観を再発見するとともに、将来、結婚を前提にしたお付き合いを望む男性の中から、あなたの価値観と一致した、一緒に人生を歩んでいけるパートナーを探してくれる新感覚の婚活サービスです。気になる人は、さっそくチェック!

今注目のパートナー紹介サービスをご紹介♪♪


「男性の本音」 他にもたくさんありますよ♪参考にしてみてください♪♪

[記事リンク]

関連ニュース


初めての方へ
会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+