好きな人を諦める方法|やっぱり脈なし?彼の本心を診断

諦められないけど…

好きな人がいるけど、どうやら脈ナシのよう。でもちょっとした彼の言動に期待してしまい、なかなか諦められない。しかも友人グループの仲間同士だったり同じ職場だったりすると、やめようと思っても彼が目に入るたびに「やっぱり好き」と思ってしまうし、このタイミングで玉砕覚悟で告白しようにも、その後のことを考えたら躊躇してしまいますよね。

そこで今回は、恋愛感情について理解し、脈なしかどうかを診断してみましょう。諦めたいけど諦められない人は、この記事を最後に、ついに決断することができるかもしれません!リアライフカウンセラーの藤本シゲユキ先生に教えていただきました。

どうして好きになるの?恋愛感情とは何か

好きは「ないもの」と「性欲」の掛け合わせ

まず、最初にお伝えしたいのは、恋愛において好きになれるかどうかはすでに最初の段階で決定している、ということです。

なぜなら恋愛感情とは、「なにをしたら好きになってもらえる」「なにをされたら好きになる」のように条件や理性でどうにかなるものではなく、本能の部分で感じるものだからです。

では恋愛感情はどういう原理で芽生えるのか。それは、「ないもの」と「性欲」の掛け合わせによって生まれます。

「ないもの」とは?

ここでの「ないもの」とは、「自分がもっと○○だったらいいなあ」とか「自分に××があれば幸せになれるのに」と「ないものねだりしているもの」です。

欲しているのは、地位・学歴・名誉や名声など表面的な部分ではなく、「内面の部分」です。

たとえば、「自信があればなあ」と思っていれば自信満々な人に惹かれ、「思っていることをはっきり言えればなあ」と思っていれば自己主張ができる人に惹かれる、といった感じです。

「性欲」とは?

「この人に抱かれてみたい」といった直接的な欲求のみならず、恋愛感情においては「この人すごくタイプ」とか「声が素敵」とか「雰囲気が超好き」といった感覚も、性欲に分類されます。なぜならこれらは本能で感じるものだからです。

友達にしか思えない、異性として見れない、ある男性がすごく誠実で尊敬もできて内面も申し分がない人が自分にアプローチしてくれているのに、どうやってもときめかない。これらはいずれも、相手に対して性欲を感じていないということです。

また、「身体の相性が良すぎて離れられない」はわかりやすいですが、「顔が好きすぎて忘れられない」というのも、性欲によるところが大きいでしょう。

人それぞれ好みは千差万別であり、性欲を感じてもらえるかどうかはその相手次第。万人に好かれる人は存在しないので、こればかりはどうしようもないですよね。

恋愛感情を抱くとき

自分にないものを持っていて性欲を感じる相手が現れたとき、「わー、この人に承認された自分は完全体になれるだろうから、さぞ気持ちが良いだろうなあ」という無意識の感覚が生まれます。これが恋愛感情です。

たとえば、すごくイケメンで誠実かつハイスペックな男性がアプローチしてきてくれているのに、「なんでアンタ、せっかくいい人が言い寄ってきてくれてるのに、そんなしょうもない男を選ぶの?」と言われてしまうケース。これは「しょうもない」と言われる男性がこの女性に「ないもの」を持っていて、さらに「性欲」を感じる相手だったからです。

前述したように恋愛感情とは理性ではなく本能的な部分によるところが大きいので、「なにをしたら好きになってもらえる」というものではありません。

脈あり・脈なしの見極め期間は?

勝負は3ヶ月~半年

好きになれるかどうかは最初の段階で決定しているとは言っても、「好きなんだ」という感情に気づくまでの時間には個人差があります。

とはいえ、会っている回数や話した内容の深さにもよりますが、僕の見解では短くて3ヶ月、長くて半年間、相手のテンションが変わらなければ、残念ながらそれ以上なにをしても好きになってもらえないと思った方がいいでしょう。

どうにもならないときもある

片思いの期間は3ヶ月と言われています。恋愛上手な人は恋愛関係に発展するのも早いけど、見切りをつけるのも早いものです。

しかし、その見切りポイントを見つけられない女性は、一瞬でも特別扱いされたことが忘れられず、「このまま側に居続けたら、いつか彼が振り向いてくれるかもしれない」といった期待を相手に抱いてしまいます。

「アホか。側にいてなんかするだけで恋愛成就するんなら、世の中の人ほとんどが好きな人と結ばれとるっちゅうねん。」…こんな感じでときには関西弁を交えて、厳しく恋愛指南するのが僕のスタイルです。

頑張ってどうにかなるんだったら、恋愛成就だにかぎらず世の人々はなにかの分野で成功した人だらけになります。

長い年月を経て恋愛成就するケースとは?

もちろん、長い年月をかけて恋愛成就したという稀有なケースも存在しますが、そういった例にはある一定の背景があります。次のCHECKで紹介しますので、確認してみてください。

また今、この記事を読んでいて、いつまで経っても振り向いてくれない男性を追いかけている女性の中には、自分がCHECKにある5つのケースのどれかに該当するんじゃないかと期待されている方もいらっしゃることでしょう。

その場合は、後に続く脈ナシチェックをしてみてください。これらの項目に2つ以上当てはまっている場合、まったく脈がないと言っても過言ではないでしょう。

CHECK!脈なし確定?診断しよう

無理目な恋が成就するレアケース5つ

長い年月をかけて恋愛成就する背景には、大体がこの5項目のどれかに当てはまります。

もし今現在、相手の男性と円満な関係が築けていないなら、残念ながらこれらにはほぼ該当しません。

1.すでに恋愛感情を抱いてはいるけれど、次に交際する相手は結婚を前提として考えたいから、大丈夫な女性かどうか男性側が品定めしている

2.自分からアプローチして失敗したときのことを考えると、傷つくのが怖くて男性がなかなか行動に移せない

3.お互いのどちらかに恋人か配偶者がいて、2人ともフリーになるタイミングが合わない

4.男性が夢を叶えるまで恋愛断ちをしている

5.女性の熱意に根負け

さらに脈なし確定をチェック

自分が上記の5つのケースのどれかに該当するのではと思っている方は、さらに以下もチェックしてみてください。

□自分から連絡しないとつながれない
□既読スルー、未読スルーを頻繁にされる
□何度誘っても時間を作ってくれない
□連絡を取ってない期間や会ってない期間が数ヶ月ある
□音信不通にされたことがある
□一度告白したが断られた
□自分が側にいる間、相手に彼女ができた

これらの項目に2つ以上当てはまっているなら「まったく脈がない」と言っても過言ではありません。

まとめ

もちろん、人が絡む以上は未来の分岐点が無数に存在するので、絶対に脈なしということはありませんが、恋愛成就をする可能性としてはものすごく低いです。

過去にどんな出来事があろうと、残念ながら「今」起こっていることが現実なので、その現実を受け入れるべきときを先延ばしにすればするほど、自分で悪い未来を延命しているだけに過ぎないと思った方がいいのではないでしょうか。

悲しみを乗り越え、恋愛の成功率を上げよう

失恋の経験は悪いことばかりではありません。失恋を通じて傷つき、悲しみを乗り越えて成長し、それでも栄光をつかみたいとあがく人じゃないと、この先の成功率自体が上がらないんです。

成功するかどうかは分からないけれど、輝かしい未来に向けてたゆまぬ努力をし、いろんな方法を試しながら、ときにはリスクある決断も選択する、そういう人じゃないと成功しないのは、ビジネスの世界も恋愛の世界もまったく同じ。

今の片思いは諦めどきと現実を受け入れ、悲しみを乗り越えることで、未来の成功率を上げましょう。


本当の彼氏のつくりかた
藤本 シゲユキ著
(廣済堂出版)

■合わせて読みたい

藤本 シゲユキ

藤本 シゲユキ (リアライフカウンセラー)

ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。
関西弁を交えた独特の語り口で繰り広げられる恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」はPV数月間100万回を記録し、リアライフマネジメント(有料カウンセリング)は現在1ヶ月半待ちの人気を誇る。
心理学、仏教、量子力学など様々な視点からのアドバイスで、恋愛だけにとらわれない「女性の人生単位での幸せ」を日夜追求している。
著書「本命になる技術」「これまで、何も起きずに終わっていたあなたへ 友達をつくるように、彼氏ができる本」、「幸福のための人間のレベル論ー気づいた人から幸せになれる!」「本当の彼氏のつくりかた」WEB漫画「恋べたアニマル3匹娘」公開中。

片思いの悩みを解決する方法のまとめ

関連記事

関連する相談


初めての方へ
会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE