知らなかった!目からウロコの簡単キレイ習慣

恋愛ユニバーシティ 履修コンテンツ画像

知らなかった!
目からウロコの簡単キレイ習慣

「女性の恋愛においてキレイさは極めて重要」と考える恋愛カウンセラー・ぐっどうぃる博士と『キレナビ』編集長のはあちゅうが、美容の専門家に、今より確実にキレイになれる“目からウロコの美容術”をインタビュー。美しいたまご肌をキープする美容専門医・佐藤やすみ先生に、自ら実践する効果大の美容術を教えてもらいました!



スキンケアの基本はなにより保湿

ぐっどうぃる博士(以下博士): このサイトの目的は「モテるキレイさを手に入れてもらう」というもの。決して自己満足のキレイさではなく、男性を惹き付けるキレイさを追求したいと思っています。そのために美容の専門家の先生に、本当に使える美容術をレクチャーしてもらおうと思っています。まずは第1回目ということで、スキンケアに関する正しい基礎知識をお伺いしたいと思います。

やすみ先生(以下やすみ): スキンケアで一番重要なことは保湿です。保湿をしないとバリア機能が壊れて、ニキビができやすくなったり、肌荒れやくすみなどのトラブルが起きやすくなるんです。ただ化粧水を塗るだけだと水分が飛んでしまうので、その上からセラミドやヒアルロン酸、アミノ酸などの保湿成分が入った美容液を塗ってあげることが大事。

はあちゅう: 乳液は塗らなくてもいいんですか?

やすみ: 乳液は、メーカーによって成分や働きもさまざまですが、基本的にはお肌を柔軟にする効果や、化粧水の保湿成分を閉じ込める効果があります。もちろん、塗ってもいいのですが、ベタツキが気になる方やオイリー肌の方などは塗らなくても大丈夫。私の場合は、化粧水を塗ってから美容液、最後に乾燥しやすい目元や口元にクリームを少し、というお手入れをしています。

博士: それはなぜですか?

やすみ: 乳液は水分と油分が混じったものなので、乳液の種類によっては、美容液の前に塗ると溶液をはじいてしまい、成分浸透の妨げになることがあるのです。また、お肌の角質層は、1回で受け止められる分量に限度があるので、乳液や美容液を重ねづけしてしまうと、せっかくの栄養分が肌の奥まで届かない場合もあるんですね。美容液って、スキンケア用品の中でも各社がもっとも力を入れて作っているもの。さまざまな美容成分が高濃度で配合され、肌に浸透しやすいように粒子の大きさまで研究されています。ですので、乳液より美容液を塗るほうが美肌には近道だと思います。

博士: なるほど、そのほうが確かにお肌によさそうですね。クリームを塗るのは?

やすみ: 美容液だけだと、目元や口元など皮脂分泌の少ない部分は乾燥しやすいので、そこだけクリームで油分を補ってあげるんです。

博士: 保湿のほかにスキンケアで重要なことは?

やすみ: あまり“やりすぎない”ことですね。肌荒れやニキビを気にしすぎるあまり、たくさんのアイテムを使用したり、いじりすぎたりする方がいますが、それによってかえってお肌の調子を悪くすることがあります。たとえば、毛穴が気になるあまり鼻パックをやりすぎてしまい、よけい毛穴が広がってしまうとか。美容機器やさまざまな美容術で刺激を与えすぎてしまい、それがくすみやシミの原因なる場合もあります。

博士: ニキビをいじりすぎてしまうとか?

やすみ: そうですね、それもよくないですね。

博士: ニキビの芯は押し出したらダメなんですか?つい触りたくなっちゃいますけど…。

やすみ: 清潔な針で穴をあけて、綿棒で押し出してあげるのはいいと思います。出口を作ってあげないと、中で破裂したりするので。手で触るのは、ばい菌が入って炎症のもとになるので、よくありません。ただし、つぶしてはいけないニキビもあるので、自己判断は危険かもしれません。クリニックで治療を受けられたほうが安心ですね。

彼の前ですっぴんになれない女性は?

ぐっどうぃる博士と『キレナビ』編集長のはあちゅうが、美容の専門家に、今より確実にキレイになれる“目からウロコの美容術”をインタビュー

博士: 僕は相談者に、彼の家に泊まりに行ったときなど、彼と一緒にいる時は24時間すっぴんになってはいけないと言っています。でも、お化粧をしたまま寝るのは肌によくないですよね?これを解決する方法はありますか?

やすみ: 酸化した皮脂がダメージの原因になるんですよね。そういう場合は、とにかく1回洗顔をして洗い流す。それから軽くパウダーをはたくなどしたらいいと思いますよ。

はあちゅう: BBクリームなんかは美容成分も入っているので、つけっぱなしでもお肌に悪くないとかありますか?

やすみ: 成分そのものというより、1日過ごして大気中の汚れが付着していたり、皮脂が酸化していたりというのがよくないんです。やはり夜は1回洗い流した方がいいと思います。

はあちゅう: ミネラルファンデーションはどうですか?

やすみ: ミネラルはお肌に優しいので、いいかもしれませんね。

博士: 彼とのお泊りのときは、1回洗い流した後、ミネラルファンデーションをつけて寝ると。

はあちゅう: 顔を洗う回数って何回がいいとかあるんですか?人によっては、1日1回じゃないと洗いすぎだとか、朝晩きちんと洗わないと、とか説がいろいろあるんですが。

やすみ: 肌質によりますね。オイリー肌だったら朝晩洗った方がいいし、乾燥肌だったら夜だけにするとか。どっちも正しいです。「こうじゃないといけない」と思い込まないほうがいいです。

博士: みんなが肌質や肌状態を考えず「この美容法が正しい」と思うことが勘違いだと。

やすみ: 臨機応変にやっていったほうがいいですよね。私はこんな肌質だから、とか、今日は荒れているから、とか体質や状況によって変えていくことが必要です。

アンチエイジング対策は20代後半から

博士: 年代ごとに気をつけることってありますか?

やすみ: うーん、年代ごとというか、お肌の老化ってすでに20代後半から始まっているので、アンチエイジング対策は早めにやっておいたほうがいいですね。

博士: 30歳くらいになって「お肌が変わってきたな」と思う前からですか?

やすみ: そうですね。保湿もそうだし、ビタミンCとか…。ビタミンC誘導体は、毛穴やニキビ、肌荒れなどトラブルすべてをケアしてくれるので、若い方でも取り入れやすいと思います。それから、私もやっていますが、高濃度ビタミンC点滴なども効果がありますね。

博士: それはどういう働きをするものなんですか?

やすみ: 点滴で体内に大量のビタミンCを入れることによって、血中のビタミンC濃度を通常の約150倍にするんです。それによって、活性酸素がつぶされて老化が遅くなる。

博士: なるほど、活性酸素がDNAを破壊したりするので、その活性酸素をやっつけることによって老化を遅らせるという考えですね?

やすみ: そうですね、ビタミンCもEも抗酸化ビタミンなので、活性酸素を抑える働きがあるんです。特に夏場は紫外線によってビタミンCが消費されやすいので、ビタミンCの補給が必須です。ビタミンC誘導体を塗って、ビタミンC点滴をして、と中からも外からもやってあげるとより効果的です。

博士: ほかにはありますか?

やすみ: あとは、プラセンタ注射とかも効果がありますね。プラセンタは胎盤から抽出された栄養素なので、細胞を活性化させるものなどいろいろな因子が入っているんです。

博士: 僕は昔、遺伝子の研究をしていたんですが、生物学では、どういう因子が関わって体を維持しているのか、活性化しているのかはまだ完全には解明されていないんですね。でも胎盤って胎児が成長するためにあるものなので、たとえば細胞を活性化したり元気にしたり、分裂をうまく促すものが入っているだろうという考えで使っているのだと思います。恐らく、人間がまだ見つけていない物も入っているので、成分としては超いい栄養ということになるんですね。

はあちゅう: 私もサイトでプラセンタを売っているのですが、お肌だけじゃなくて、本当にいろいろなものに効くんですよね。うつ病にも効くとか、すごく疲れが取れるとか。

博士: これは広告ではなく、“ちなみに”で聞くんですが、お値段はいくらくらいなんですか?

やすみ: 高濃度ビタミンC点滴が1回1万2000円で、プラセンタ注射は2100円です。

博士: 分かりました。

ぐっどうぃる博士

ぐっどうぃる博士 (恋愛カウンセラー)

理学博士(生命科学専攻)。現在は主に恋愛カウンセラーとして活躍。自身の体験と生命科学的視点を合わせた独自の恋愛メソッドを展開し人気を集めている。悩める女性の恋の問題が解決するサイト『恋愛ユニバーシティ』主宰。
現在、WEB、書籍、雑誌等など多方面で活躍中。また大手企業のマーケティングリサーチや企業のブランディング戦略にも参画。
近著に『振り向いてくれない彼に1ミリも迫らないで恋に落とす本』がある。
他にも『モテの定理』『恋愛マトリックス』(ソフトバンククリエイティブ)、『恋で泣かない女になる61のルール』(講談社)などがある。
ぐっどうぃる博士の経歴はこちら

ぐっどうぃる博士と直接電話相談したい方はコチラ:
https://u-rennai.jp/consult/adviser/2

はあちゅう

はあちゅう (キレナビ編集長)

本名伊藤春香。慶應義塾大学法学部在学中に有名女子大生ブロガーとして活躍。卒業後、電通クリエイティブ局にコピーライターとして勤めたのち、トレンダーズに入社、『キレナビ』(http://www.kirei-c.com/)編集長に就任する。同サイトのPR活動のほかコラム執筆、講演など幅広く活躍中。著書に『はあちゅうの 20代で「なりたい自分」になる77の方法』(PHP研究所)、『アドガール 大手広告代理店新人日記』(主婦と生活社)ほか。

佐藤やすみ

佐藤やすみ (恵比寿やすみクリニック院長)

順天堂大学病院研修後、表参道アールスキンケアクリニック院長に就任。2011年12月、恵比寿やすみクリニックを開業(http://www.kirei-c.com/yasumi)。美容皮膚科、レーザー治療、各種注入療法などの経験は1万症例を超える実績があり、多くの女性から信頼を集めている。

関連記事


初めての方へ
会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE