失恋から立ち直る方法~彼の言葉ではなく行動を見る~



沈黙中に恋愛回路が消えた私は、新たな出会いを探し始めました。

この時には博士理論を知っており、特に恋愛がしたいと言う気持ちではありませんでしたが、理論を使ってみたいという好奇心から、

たくさんの男性を対象にして来ました。

私の因果律から、博士による「選んではいけない男性。」が多く寄ってきてしまうため、

自分に好意を持ってくれている男性の中から選ぶ

という選択肢をしなければならないなら、博士いわく、全てが選んではいけない男性という状況でした。

つまり、男性側から愛されて付き合うためには駆け引きが必要な男性を選ぶしかない。という状況により、理論を行使し、数々の駆け引きをして来ました。

彼らの多くは、時間軸が短く、押せ押せのセックス至上主義。

体目的の人がほとんどでしたので、私が釣れないとなると、ほぼ2カ月以内にあっさりと身を引き次の女性へと旅立って行きました。

それを繰り返すうちに、

男性と言うのは、体の関係を持つために何と必死なことなのだろう。

と、その姿が滑稽にすら見えましたが、更に、より客観的に自分と相手の関係を見ることが出来ました。


言葉ではなく、行動を見る

駆け引きを続けるうちに
今までの恋愛が、恋愛ではなく、いかに男性の言葉にコントロールされているものだったのだと目からうろこが落ちました。

元彼の場合

付き合い始めの時に「結婚を前提に」と言っていたにも関わらず、
私の「結婚観」を聞くこともなく、いつまでに、という期限設定せず、
両親に挨拶に来ることもなく、友達に正式に私を紹介することもありませんでした。

「結婚」というワードを出せば、簡単に彼らは自分の居心地の良い環境を得ることが出来るのだと知った時には、髪の毛が逆立った記憶があります。

その怒りは、今も静まらず、私は非婚主義です。一度結婚をしているし、子供もいるので、再婚をしたいと言う気持ちになりません。
私の中で「再婚」は「他人」、「恋愛」は「家族」です。

「結婚」などに頼ることなく、私を幸せにしてくれる男性のみと付き合おうと決心しました。

男性の言葉ではなく、行動を見る。

これは、恋愛回路が出来た女性にはとても難しい行動です。

だって、好きな人からのメールがくるだけで、胸がときめきませんか?

けれど、メールなんて、指で押せばだれにでも甘い言葉をささやけます。

「会いたいんだけど忙しいんだ。」(言葉)

会いたければ、会いに来る。(行動)

男性側の言い訳は、一切聞かないことにしています。
男性の言い訳は、私の「家族」ではないからです。男性の言葉は「他人」行動は「家族」これを徹底させました。

男性のアクションに対するリアクション

これを繰り返し、破壊行動をしなければ良いのです。
イライラしても、破壊行動をしそうになったら、

何もしない。

一気に距離をあける。(どんなにハイスペックな男性だとしても手放す覚悟で、です。)

沈黙をすること、距離をあけること以上に、彼らに

女性の気持ちを知らしめるすべはありません

私は、究極の恋愛を得たいがために男性との「話し合い」もしない主義です。

話し合いは、一気に恋愛関係から遠のくからです。結婚を視野に入れないのは、このためでもあります。

「話し合い」は、男性にとっての「拷問」だからです。

どんなに優しく諭しても、彼らにとってコントロールされることほど辛いものはありません。(あくまでもセックス至上主義の肉食系男子に限りますが。)

ダメ出しは、肉食系男子に、それほど破壊の威力があります。

また、他の恋愛本にあるように、デートを3回に1回、5回に2回断ることで、

デートのグレードが上がることも気がつきました。

押せ押せの肉食系男子も私が手に入りそうで入らない距離を保っていると、

「本当の気持ちを聞かせてくれ。」
「食べたいものを教えてくれ。」
「一体何が欲しいんだ?」

と、懇願するようになります。要するに、狂ってくると言う状態です。
エクソシストの悪魔にも、何度か遭遇しました。

「あなたと一緒にいることが楽しいのよ。場所はどこでもいいわ。」

と、自尊心をくすぐると、

彼らは必死になって、自分の中の引き出しを探り始めるでしょう。

褒めてもらいたい

そこではじめて、彼らは行動に移してきます。

このようにして、セックス至上主義の男性に、恋愛回路を作るのはとても時間がかかるため(時に逃げ出す男性もいます。)結婚を目的にするお付き合いをしたい女性にはおススメできませんが、

しかし、避けるべきこういう男性でも、恋愛回路ができあがると、とても頼りになり、愛してくれ、面倒見も良いのでこちらが居心地の良い恋愛関係を結ぶことが出来るようになります。

私は言葉ではなく、行動を見ます。

という凛とした態度が、とても大事になりますので、
肉食系男子に、押せ押せのアプローチをされやすい因果律を持つ女性の方は、ためしてみてはいかがでしょうか?

私は自分の因果律を変えることはできませんでしたが、
その因果律により、引き寄せられやすい失敗をすることはなくなりました。

次回は、
自信をもつために。「愛されていると言うことを知る。」です。











nanakokoro さんの他のレポート

会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE