幸せなカップルになるためにー男に話を聞いてもらうには?

第6回 男にわかる言葉使い






紹介書籍:大切にされる女(わたし)になれる本  


著者:ジョン・グレイ












紹介書籍:愛される女(わたし)になれる本

著者:ジョン・グレイ







前回のレポートでお伝えした3つの男性のタイプ。

この中で、察する能力やケア能力が高い男性はクロマニョン人であり、察する能力が低く、女心のわからないゴリラが北京原人や猿人。だと説明しましたが、この3つのタイプによってもそれぞれ、女性の発する言葉や態度が感じ取れる能力が違います。


ゆきこ道やルールズがクロマニョン人系男性にしか効かない!?



というのは、これらが察する能力の高い男性をターゲットにした恋愛指南本であり、それ以外・・・たぶん男性人口の80%以上がそうだと思われる北京原人や猿人系の男性には、女性の想いや意図がさっぱりわからず、何をしたいのか、何をしてほしいのかがわからず、何が何だかわからない女!?というレッテルを張られてしまi,
疲れ果てて、お別れを決意されるかも・・・笑

そんな北京原人や猿人系の彼やご主人を持つ人にぜひお勧めしたいのが、ジョングレイ博士の『大切にされる女になれる本』と『愛される女になれる本』の2冊です。

2冊は重なる内容も多いのですが・・・どの本にも、要望をキチンと男性にわかる言葉で伝える。ということが末永く、仲良くやっていけるカップルに必要であると。説かれています。

今までの恋愛でも結婚生活でも、自分の思ってることは相手もわかっている!と思い込んでいた私は、して欲しいことも、自分がしたいことも言葉に出して言わず、ひたすら察してチャンで、期待通りにならないとがっかりしたり、怒ったり・・・挙句の果てに無視!?ホントにどうしようもない女でした。苦笑

今では、これらの本から“男性に話を聞いてもらえる魔法のフレーズ”を知ったことから、自分の心の中で彼に話を聞いてもらいたい!と思うことすべてを話せるようになりました。

第3回目のレポートで紹介した『ベストパートナーになるために』の中で、男性は女性から話を聞くとすぐに解決に乗り出して、女性は話を聞いてもらいだけなのに、諭されたり、解決策を打ち出されたり、またくだらん!と一蹴されたり・・・愚痴ばっかりだし聞きたくない!と嫌がられられたり・・・
それを防ぐための魔法のフレーズが

『(あなたにとっては)大した話ではないんだけど、少しだけ話を聞いてくれる??
または
『(あなたにとっては)大した話じゃないんだけど、私の気持ち、聞いてもらえると嬉しいんだけど・・・

この“大したことではないんだけど・・・聞いてもらえる?”を使うことで、男性は女性の話を“聞く“ことができるようになるのです。

男性は、愛した女性を幸せにしてこそ、自分の幸せ!と思う生き物。
女性が愚痴や文句を言うことも、淋しい、悲しいなどの感情も、男性にしてみれば“自分が不甲斐がないから!?”とか“責められてる??”と取りがち。

例えば、連れていってくれた映画が面白くなかった・・・

『この映画、最低だったわ!ホント嫌い!』

と言われると男性は、自分が作った映画でもないのに、自分が計画を立てて、デートに付入れて行ったその行動すべてを否定されたと思い、その言葉に打ちひしがれてしまうのだとか・・・

女性には、そんな気持ちはまったくない!のに・・・です。苦笑

男性はそれほどまでに、女性を喜ばせ、幸せにしてあげることを自分の喜びと思う生き物なので、自分のしたことに対して少しでも“マイナス”の評価があれば、それだけで意気消沈してしまうほど、可愛らしい生き物だったりします。
男性によっては、すべてに自信をなくし、デートの計画も出来なくなってしまうようなこともあるようで・・・苦笑

なので、もし映画が面白くなくても

『ちょっと話の内容はアレだけど・・・あの○○のシーンのCGはすごかったね~』
とか
『あの俳優さんの演技は良かったね!』

など何でもいいので、男性のエンターテイメント能力を褒めてあげること、そうすることで『彼女を楽しませてあげたオレってすげぇ~ドヤさっ(^0^)』となります。

このことと同じで、例えば『淋しい』とあなたが言えば・・・彼女を淋しくさせてしまった自分の不甲斐なさを責め、自分が悪いことをした!?と罪悪感の部分を攻撃された!?ととった男性は、切れたり、反撃をしてきたりします。

なので、何か話を聞いてもらいたいときは、枕詞に

大した話ではないんだけど・・・

あなたを責めてるわけではないの、ただ私の気持ちを聞いてもらいたいだけなの

という言葉を付け、聞いてくれた後には、

聞いてくれてありがとう!!すごくスッキリした。本当にあなたはすごいわ!!あなたが私の話を聞いてくれるだけで、私を幸せにしてくれるんですもの!(^0^)

と、感謝を込めてお礼の言葉を言い、笑顔でニッコリする。
そうしていくことで、彼の中に

彼女の話を聞いてあげれば感謝される!?



という刷り込みがされて行きます。
もちろん、彼に対する不満を言うときには、この枕詞を使ったあとにも、様子を見ながら彼がイラッとしたり、反論をしようとしたりしたときに、すかさず

あなたが○○と思うのも仕方がないと思うし、私もそうだと思うの。
でも、これはあなたを責めてるわけではなくて、文句を言ってるわけでも、直して欲しいとか、コントロールしたい。って意味でもなくて~ただ私は○○して欲しいと思ってるの。


と、男性に最後まで怒らせず、根気よく話を聞いてもらえるように、上手に話を持って行く女性側の技術も必要になります。

今の彼は、彼自身が心理カウンセリングを受けたこともあり、女性の話を聞きだすのも最初から上手だったのですが・・・聞き出したものの、しばらくすると解決屋になったり、自分を攻撃された!だから反撃する!!と言うことも多く、そういう場面では必ず

『あなたを責めてるわけでも、どうして欲しいだけでもなく、ただ最後まで私の話を聞いてもらえると嬉しいの!』

と言う言葉をたくさん使って、私の心の中にたまったものを聞いてもらえることに成功しています。

そして、ハグやキスなどのスキンシップをたくさんしてもらうことで私の(女性)気持ちが安らぐこと。
北京原人系の彼でも、私の顔色や機嫌の良し悪しについてはわかるので、そんなときはまずハグをしてもらって、優しく頭や背中を撫ぜながら

『どうしたの??なにかあったら話してみて。』

と言われれば話せることなど、自分がされて心が安らぐことや、気持ちよくさせてくれることも、折に触れて話すことで相手にわかってもらっています。

お付き合いが長くなるにつれ、男性のテンションも落ち着き、いい意味での“手に入った距離”になってしまうと、最初のころは、デートの計画を立ててくれていたのに、手を抜かれているような気持ちになったり・・・そんなとき、つい言ってしまうのが

『最近どこにも行ってないわね!(――)』

これは男性が

『あなたは私を楽しませることも出来ない、デートの計画も出来ないダメ男なのよ!』

と、意訳をしてしまう典型的なフレーズ。苦笑
この場合は

『この週末は、○○へ行きたいわ!』

が、男性に女性の要望を伝えてる良い例。

これからもわかるように、“連れて行ってくれてない”と相手を責める(と男性は取る)ような言葉を使うよりも女性がハッキリと、自分のしたいことや行きたい場所、欲しいものを短い言葉伝えることによって、察することが苦手な北京原人や猿人型の男性には、彼女や妻が何をして欲しいのか?が理解できるのです。





男は長い説明が苦手??



女性の話は一般的に長く、オチがなく、結論が先送りされてしまったりします。
そういう話の仕方になれていない男性は結論のない話にイラッとしたり、また長い説明・・・たとえば、子供のお迎えをして欲しい。とあなたは思っている。

そこであなたは

『今日は、忙しくて~あれもこれもそれもしなくては行けなくて、子供を迎えに行ってる時間もないのよ!怒』

察することが出来るクロマニョン系の男性であれば、ここで

『あ・・これは僕が迎えに行けばいいんだな!?』

と気が付きますが、これが北京原人や猿人系になると・・・

『ふ~ん、そんなに忙しいのなら、休めばいいのに』

と、女性が思う本質へはたどり着けません。苦笑
なので、こういうときは

『子供のお迎えをしてもらえる?ニッコリ』

でいいんです。
例えば、新しいワンピースが欲しい場合・・・

『いつも同じ服ばっかり。いつも家の事もやってるし、ガンバてるんだからちょっとくらいの贅沢はいいわよね?今、あそこのお店、半額セールをしてるらしいの』
ではなく
『そろそろ新しいワンピースが欲しいわ!にっこり』

つい女性は、長々と説明をしてしまいがちですが、長い話が苦手な男性にとってみれば、短く簡潔であればあるほど、頭の中に入ってきます。
同じように簡潔に欲しい。というにしても

『あのお店の、2段目の棚にあるブルーのワンピースが欲しいの!』

これでは、要望ではなく、相手をコントロールする要求に取られてします。
男性は、自分自らが進んでなにかをし、それが彼女を喜ばせた!ということが幸せにつながると以前のレポートにも書きましたが、女性が先回りをして、男性が動く前にあれやこれやとやってしまうと、男性は自分から動くのをやめてしまいます。

なので、女性は要望を言葉にするだけ、そして男性に花道を用意してあげる!ということを心がけましょう。
ただし、察することが苦手な男性にもわかる言葉でハッキリと簡潔に!


でも、いくらハッキリと簡潔に言ったからと言って、いつでもYesであるわけでもないことも頭に置いておきましょう。
もしNoと言われたときも、そこで食い下がったり、ごちゃごちゃ言わずに

『そう、それならいいわ。』

と引き下がります。この本には、どちらかだけが我慢するのではなく、相手も自分もNoが言える関係でなければならない!とも書かれています。
相手がNoを言うことで、自分もNOを言うことができるから。です。

そうしているうちに、いつも断り続けていると悪いかも??なんて思いが出来てくるのも人間。
最初からあきらめずに、自分の想いを口に出し、聞いてくれなくても、ま、いいか!
そして、もししてくれたときは、大いに感謝をします。


男性は感謝をされたい生き物。女性は気遣いをされたい生き物。



男はいつも尊敬と信頼と感謝をされたいもの。そのために生きている!?とってもいいのかもしれません。
そして女性は、いつも可愛がられて、気遣いをされて、かしずかれていたい生き物です。

結婚をしたり、長い交際のカップルだと、ついそういうものがおざなりになってきます。
最初に感じた情熱や愛情なども、長年のうちには色あせてなくなって行ってしまうことも・・・・

女性はいつも男性を信頼し、尊敬し、感謝をする。
そして男性は、いつも女性を気に掛ける。

そうすることで、2人が出会ったころの情熱を失うことなく、続いて行けるとこの本たちは教えてくれます。

長年、情熱を失わずに幸せな生活をするためにも、男女共々お互いに努力は必要であると。


愛には許すことも必要!?



愛する人が許せないことをしたときの対処についても書かれていますが・・・このことについては、来週のレポートで詳しく書きたいと思います。



次のレポートはこちら

ミコリー さんの他のレポート

会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE