ちゃんと愛や幸せを感じて「幸せ恋愛体質になろう」

以前のレポートでは、あなたに愛を傾けてくれているものに気付き、その人達や物が悲しまないよう、ちゃんと愛や幸せを感じて「自分を大切にしてほしい」そして「あなたは大切に扱われなければならない人」だということをお伝えしました。
今回のレポートでは、正式にお付き合いしている恋人がいる人や結婚をしている人向けに、「相手に不安や不満が生まれない」「小さなことなら許せる自分」になってしまう「幸せ恋愛体質な自分になれる」よう、アプローチしていきたいと思います。

その方法は簡単、シンプル、たったひとつ

幸せ恋愛体質になるためにすること、それは、「彼がしてくれたこと、彼の愛情を感じたことリスト」をいつも見る手帳に記入する!たったそれだけです。
「彼からおはようと連絡がきた♥」
「彼が荷物を持ってくれた♥」
「彼がごはんをおごってくれた♥」
ささいなことでも、いつもしてくれていることでもいいので、それを書き出します。「彼があなたのためにしてくれたこと」を考えて、書き出してみてください。「今日は彼からメールやLINEがなかったけど、電話があった」のような、自分が嫌だな不安だなと思ったことはリストに一切入れないようにしましょう。この場合は「彼から電話があった♥」これだけで大丈夫です。彼がしてくれて嬉しかったことを、1つでも、2つでも、いくつでも書いていくことを続けます。どうしても書くことが見つからない日は書かなくても大丈夫です。

愛情表現は人それぞれ

毎日「彼のしてくれたこと」を意識して書き出し1か月がたったころ、どうでしょう?見えてくるものがありませんか?毎日ではなくても、とぎれとぎれではあっても、彼からあなたに向けられている愛情に。「彼からのメールやLINE」、「旦那さまからのトキメクような何か」のような、あなたにとって「とてもわかりやすいもの」だけではなく、意識して、書き出してまでしなければ見えなかった、それに代わる違った形での愛情に。
ないもの、なくなったものに目をむけ、「今あるもの」「今ある幸せ」をちゃんと感じていないと、過去と比べたり、自分の思っている愛情の示し方や形でなければ「不安だ」と感じてしまいます。
「自分の思っている形でない形で示されている愛情」に気付いていないと、不安から「どうして〇〇してくれないの?!」と、ダメ出しや破壊行動をしてしまいます。「本当は幸せなのに」です。
彼との関係が不安に思った時は、彼と距離を置かなくてはいけないのかな?と考える前に、自分が「ちゃんと愛や幸せを感じることができているか」を、まず確認してみてください。

愛情表現は変化そして進化する

ないもの、なくなったものを見るのではなく、「つきあっていくうちに違う形に変わった愛情」、「自分が思っている愛情とは違う彼からの愛情」があることを知り、ちゃんとそれを感じましょう。付き合い始めや新婚の頃の愛情の形ではなく、付き合い続けていることで進化している新しい愛情の形にも気づきましょう。「愛情の形は、自分の思っているものだけが全てではない」のです。

同じ状況でも、愛や幸せをちゃんと感じることができている人は、幸せオーラや感謝の気持ちが言葉にしなくてもあふれでます。「いつも幸せなあなたでいること」は、きっと恋愛をより良い方向に結びつけてくれるはずです。

honey さんの他のレポート

会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE