片思いの相手と付き合う方法②



男友達を彼氏にする方法


第7回

「片思いの相手と付き合う方法②」

【前回までのあらすじ】

> > > ワンダは多忙な30代前半の女性。ベンという男性を、彼氏の最有力候補の男友達としてプラトニック交際中。男性心理に詳しいフィオナからすすめられ、ベンから交際を申し込まれるまでの間は、複数の男性ともプラトニックで交際しています。ベンと順調に交際が進む一方で、ワンダはフィオナと共に友達・ジェニーの片思いの解決に乗り出します。


ジェニー『フィオナはじめまして。私、メイクの仕事をしてる』

フィオナ『はじめまして。私の仕事は設計よ。私以外は全員、男性なの』
(*^^*)

ワンダ『さぁ自己紹介はこれでおしまい。ジェニー、今の片思いの話をして』( ̄□ ̄)ゞ

ジェニー『もう私、自分の片思いにはもう、うんざり!』
。・゜・(ノД`)・゜・。

ワンダ『はいはい私だってジェニーの片思いの話はもう沢山よ』
(⌒-⌒; )

フィオナ『あー私も出来るだけのことはするわよ』(^_^;)

ジェニー『ほんと?』(*´Д`)

フィオナ『もちろんよ。で、どこで出会ったの?』o(^▽^)o

ジェニー『仕事関連よ。そのとき担当した顧客(クライアント)から、ちょっとした依頼があったの。担当したのはブライダルメイクだったけど、花嫁と記念撮影する家族のメイクも一緒に頼まれたのよね。たまにあるのよ。それでメインの花嫁の後、手早く整えるためのブラシとパウダーだけもって家族の控え室に入って、そこで【彼】と再会したの』( *´艸`)

ワンダ『再会?』Σ( ̄。 ̄ノ)

ジェニー『中学校で同級生だったの』
( *´艸`)

フィオナ『どうして分かったの?当時と変わってなかった?』(^_^;)


ジェニー『最初は彼だと分からなかったわ。ぼさぼさの髪と伸びた髭がひどくて』('' ̄д ̄;)

ワンダ『記念撮影なら、髪はともかく髭は剃らないと』
((((;゚Д゚)))))))


ジェニー『それを依頼されたのよ。伸び放題でも髪は巻けば恰好がつくものなのよ。でも髭でね』(´Д` )

フィオナ『わかるわ。髭はね』(^_^;)

ジェニー『わかるでしょ?丁寧に手入れしてるわけでもないのに嫌がるのよ。このままが『最高なんだ』って』(ノД`)、、

フィオナ『一歩も譲らないのよね』
(⌒-⌒; )

ジェニー『結局、説得に1時間かけたわ』(´Д` )

ワンダ『おつかれさま』(^_^;)

ジェニー『それで、出てきた顔みたら・・・びっくりよ』(^O^)

フィオナ『昔見た、懐かしい顔だったわけね』
(=´∀`)人(´∀`=)

ワンダ『ねぇ彼なんて名前?』
o(*゚▽゚*)o

ジェニー『ドンって呼ばれてたわ。昔も今も同じ』(*^^*)

フィオナ『昔もドンはそんな風にこだわるタイプだったの?』( ̄ω ̄)ゞ

ジェニー『クラスではリーダー的存在だったし当時は、そんな風には見えなかった』
(ノД`)≡3

ワンダ『びっくりするわよね』
(⌒-⌒; )

ジェニー『もう驚いちゃったわよ。花嫁っていうのは年の離れたドンの妹だったの』(^_^;)

ワンダ『そんなアクシデントでも、結局うまく進めちゃうなんてジェニーは大したものよ』\(^o^)/

ジェニー『でも説得に思ったより手間取ってしまって、もう本当に遅れそうで心臓が止まりそうだったわ』(>_<)

フィオナ『それからドンと会う機会はあった?』(*'▽')

ジェニー『式が済んだ3日後、契約してる事務所にドンから個人契約の依頼が来たの』(´・_・`)

フィオナ『個人契約?やったじゃない!』(=´∀`)人(´∀`=)

ジェニー『それで、どうしていいのか分からなくて』(´・_・`)

ワンダ『なんで?個人契約すれば?』
o(^▽^)o

ジェニー『それは仕事の話じゃない。それより私、彼に恋をしたみたいなの』(´・_・`)

ワンダ『彼に恋?髭フェチの変人じゃない!』ヽ( ̄д ̄;)ノ

ジェニー『そうね。だけど、むさくるしい髭を剃り落として、懐かしい面影が見えた瞬間に、私は恋に落ちたみたい』(//∇//)

ワンダ『既婚か独身か、聞いた?』
(・∀・)

ジェニー『あわただしくて・・・プライベートな事は何も聞いてないけど』
(@_@)

フィオナ『それでも一瞬で恋に落ちゃったのね』(*´ω`)

ジェニー『もう日を追うごとに思いが募って胸が苦しくて』
(*ノωノ)

フィオナ『出会ったのは、いつ?』
o(^▽^)o

ワンダ『そういえばジェニー、付き合ってた彼と別れたのも最近でしょ?』
( ̄д ̄;)

ジェニー『ドンと再会したのは2週間前で、付き合ってた彼と別れたのは3日前。ドンのことばかり考えてしまって、彼と続けていく気持ちが無くなってた』(´ー`)

ワンダ『別れた彼と付き合い始めた時は、ジェニーから告白したんでしょ?』f^_^;)

ジェニー『そうよ。私から好きになって告白して付き合い始めたのよ。でも彼は『僕が君に付き合わされているんだ』って、当然のように他の女性とデートをしたり、旅行に行ったりすることもあったし、給料日前にギャンブル代をねだるような男性だった』(´・_・`)

ワンダ『別れる決心がついて良かったじゃない』(=´∀`)ノ

ジェニー『彼と別れてからは、もうドンの事で胸がいっぱい』
(>□<)

ワンダ『でもドンに告白しては駄目よ?同じことの繰り返しよ』
(・∀・)

ジェニー『分かってるわ。だけど私には片思いから告白する以外に、片思いの相手と付き合う方法を知らないの。フィオナ、私はどうすればいい?』
(´・_・`)

フィオナ『落ち着いて。ジェニーは、ドンの好みの女性である可能性は高いから』(^O^)/

ジェニー『・・・そうなの?』♪(≧∇≦)

ワンダ『そうかもね。恋愛対象外の女性と個人契約ってないわ』
(=´∀`)人(´∀`=)

フィオナ『だからジェニーはドンの恋愛対象内の女性なのは確実なの』(*´ω`)

ジェニー『じゃこれから私、何をすれば片思いのドンと付き合うことができるわけ?』(´・_・`)

フィオナ『ドンに恋をさせるのよ、ジェニーが』o(^▽^)o

ワンダ『そういえば、私はベンに恋をさせたことになるの?』(((o(*゚▽゚*)o)))

フィオナ『そうよ』\(^o^)/

ワンダ『どうしてベンは私に恋をしたの?』ヽ( ̄д ̄●)ノ

フィオナ『ワンダがベンに恋をしなかったから、ベンは恋に落ちてワンダを振り向かせる努力を始めたの』♪(≧∇≦)

ジェニー『ドンが私に恋をするためには、私がドンに恋をしては駄目なのね』f^_^;)

フィオナ『少なくともジェニーは自分恋愛感情をドンから隠す必要があるわ』( ̄д ̄*)ノ

ワンダ『フィオナ、ドンがジェニーの片思いに気づかなければ上手くいくかしら?』\(//∇//)\

フィオナ『そうね。男性なら好みの女性には身近にいてほしくなるし、身近になれば好きにさせたくなる。好きにさせたらHをするし、そのまま関係が居心地良く続いたら、結婚して生涯を共にしてもいいと考える。6つのステップよ。また言うわよ。

1.「見た目」で”恋愛対象内の女性”を絞る
2.本能的に「体の関係」を持ちたいと思い、アプローチする
3.「手に入りそうで入らない状況」が続き、恋愛感情が生まれる
4.男性から「付き合いたい」と意思表示する
5.体の関係を持ち、恋愛関係が続くと「愛情」が深まる
6.女性が突然離れると、男性に強い「執着心」が生まれる

( ´θ`)ノ

ジェニー『今、ドンはステップ1.「見た目」で”恋愛対象内の女性”を絞るっていう段階で、私は合格なのかしら』
(●艸●)

ワンダ『個人契約をもちかけるくらいだからNGってことはないでしょ』
(=´∀`)人(´∀`=)

フィオナ『ところでドンは俳優なの?メイクアップの個人契約なんて』
(((o(*゚▽゚*)o)))

ジェニー『ドンは一般人よ。ただリーダーしてるプロジェクトが注目されて、メディア露出が増えたら髭とか・・・彼の好むワイルドなスタイルの外見が大不評だったそうよ。外見でプロジェクトの評価を落とさないでくれって周囲に説得されたみたい』(^_^;)

ワンダ『ジェニーが好みだからご指名したわけでもなさそうね』(´・_・`)

ジェニー『ドンは至って真面目よ。好みのスタイルを周囲に批判されて結局お気に入りの髭は剃ることになったけど、私が昔の知り合いだって分かってから、お互いにリラックスして話し合えたわ。そうね・・・ドンはきっと不快な思いだったかもしれないわ。だけど私には声を荒げたりすることもなかったし、紳士的だった』( *´ ○`)ノ

フィオナ『ねぇ中学生だった頃のドンは、どんな子だったの?』
(*'▽')

ジェニー『数学が得意で出来ない子に教えてたわ。図形の面積とか確率計算とか』( ^ ^ )/ ×qx・・・j4FmΩ_φ(・_・

ワンダ『うわーよく憶えてるね!』
(((o(*゚▽゚*)o)))

ジェニー『私、数学が苦手で同じクラスの時に教えてもらってたのよ』
(//ω//)

フィオナ『ドンは、そのこと憶えてるかしら』( ´ ▽ ` )

ジェニー『わからないわ。でも話してみると昔とそんなに変わってなかった』(●>ω<)

ワンダ『うまくいくといいわね』
(=´∀`)人(´∀`=)

フィオナ『ドンが持ち掛けたのは仕事だし、今は恋より仕事ね』
o(≧▽≦)o

ジェニー『そうね。話を聞いてくれてありがとう。ドンが私に恋をするかもって聞いたら気持ちが軽くなったわ。片思いがドンに気づかれないように頑張ってみる!』o(^▽^)o

フィオナ『私も楽しかった。何か変化があったらまた教えてね』
(((o(*゚▽゚*)o)))

ワンダ『フィオナ、次回のテーマは?』(⌒-⌒ )

フィオナ『男友達と付き合う方法と、片思いの相手と付き合う方法のまとめ!』d(^_^o)

ワンダ『そっか。じゃ私とベンの最終報告もしまーす』
(^O^)/


まとめ>>>

今回は【片思いの相手と付き合う方法②】というテーマで、ジェニーのケースから片思いの解決方法を具体的に、お伝えしました。


【片思いの解決方法】

・片思いしている男性の「恋愛対象内」かどうかを見分ける。


・片思いしている男性の心をつかむアプローチをする。

(たとえば対象の価値観・世界観を理解し、共有するといった共鳴行動が、その一つ)

・片思いしている男性に恋愛感情を気づかれないようにする。 告白をしてはいけない。

・その結果、彼から告白される


来週のテーマは

『男友達と付き合う方法と、片思いの相手と付き合う方法のまとめ』です。


お楽しみに♪

Vitz さんの他のレポート

会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE