〜夫の浮気に苦しむ貴女へ〜⑤

幸せに生きるヒントについて、
私の思うことはまだ他にもあります。
また、今後どうするのか、
今は答えが出なくても、
貴女が納得がいくまでじっくりと考えて欲しい。

ですが、今はひとまず、どう行動するべきかについて考えてみたいと思います。

浮気が始まって、同じ女性と半年以上続いているのなら、
一時的ではない執着が芽生えていると考えたほうが自然だろう。
それは貴方の夫か、相手の女性か、もしくは両方に
その関係を続ける価値があるということだろう。


さて、
博士の理論において、
具体的な方法といえば、
「落ちない男を落とす方法」
「恋人の心を取り戻す方法」
「復縁の可能性を上げる方法」
などがある。

付き合っているか、いないかの状況や、
相手の心理的な距離を測り、
「手に入りそうで入らない距離」をとる事で相手のテンションを
上げる方法だ。

要は、
相手との距離等をコントロールして、
相手の執着、言い換えるなら、欲、エゴを利用する方法だと理解する。

まず、相手に執着ができるまでは、相手の望む距離を満たす。
別れたいと言うなら、1年かそれ以上離れるし、
出会ったばかりなら、相手のテンションを見ながら慎重に近づく。

執着ができるかどうかは自分の努力なども重要だが、
相手ありきなので、諦めることも念頭にいれつつ、
「相手の言動により、自分のテンションが上がった」
となるのが望ましい。

相手に執着ができたところで、
常に相手が思うよりも少しだけ離れた距離を保つようにする。
どうしても何か要求を通したくなったら、黙って姿を消す。

これらの方法は、
結婚という法律で縛ったところで、どれも効力がある。
基本的な心の動きまでは変えられないからだ。
しかし確かに、一緒に住んでしまうと、距離の取り方と心の動きがコントロールできず、
効力は薄れるのかもしれない。

敢えて恋人と夫婦の違いを言うならば、
そこには、人生を単位とするような長い時間軸があり、
その間に得られる、お互いについての知識、
つまり、お互いについてよく知っているという事実がある事だろう。
その事は貴女にとって、不利な面もあるが、有利な面もある。

結婚してしまえば、お互いに手に入った距離となり、
恋愛の駆け引きは通用しないのか。
そんな事はないと、私は思う。

必ずしもそうではない。
正確に言えば、誰かが誰かのものになることなどなく、
手に入ったと思ったとしても、
それは錯覚に過ぎないと私は思っている。
相互の心理的な距離感の問題なのだ。




貴女はどの方法をとればいいのだろうか。
今回はその事について、私の思うところを書きます。


1.恋人の心を取り戻す方法について
http://u-rennai.jp/goodwill/protocol/21/
http://u-rennai.jp/goodwill/protocol/22/
http://u-rennai.jp/goodwill/protocol/23/

もし、貴方が夫の心を取り戻したいなら、
そして、姿を消す事のできる場所の確保や、
経済的な問題、もしかしたら夫を失う事になるかもしれないリスクなどを踏まえて、
この方法をとることが可能ならば、
この方法が一番心が動く方法だと言える。

二度と浮気をしない効果を高めるポイントは、
○疑いようもない、法的に効力のある証拠を揃えること
○再度浮気をしたら、大きな痛みを与えるような法的効力のある制約をもたせること
だろう。

付き合ってる彼に対しての「恋人の心を取り戻す方法」と違うのは、
姿を消す前に
「私は貴方の浮気を知っています。
でも、 貴方が悪いわけでない、私が至らなかったのが悪い。
今は、どうしたらいいのか途方にくれている」
というスタンスで、証拠を揃えて明示するところだ。
そうして姿を消すことで、夫は
「妻を取り戻すには、浮気を止めさえすればよい」
と解釈する。

忽然と姿を消すだけでは、
夫は認めたくない浮気がバレているなど考えたくもないだろうし、
確かな証拠がなければ、何とかして言いくるめよう、
今後はバレないようにすればいいだろうと画策する。
だから揺るがない証拠は重要だ。

証拠がない場合は、夫の心は戻るかもしれないが、
浮気をやめる事は諦めなければならないだろう。

また、夫が貴女にどれ程の執着があるかにより、
成功率が変わる。
貴女に対しての執着がたいしてない場合
例えばセックスレスだったり、
忙しいなどと理由をつけて家にあまりいたがらない場合は、
居心地をよくするなどして、貴女の価値を高めるところから始めた方がいいだろう。

博士がサイト内の相談で
浮気をしている夫に対しての「恋人の心を取り戻す方法」についてアドバイスされているので、
それを参考にするといいだろう。
http://u-rennai.jp/member/goodwill/consultdetail/10067/
この他にもあるかも知れない)

ただ、この方法を完璧に行うことは難しいと思う人が多いだろう。



そうなると、貴女は歯を食いしばって、
夫に尽くしつつ、
「恋人の心を取り戻す方法」の準備をするのだろうか。

ただ、より駆け引きにおいて有利になるためには、
例え貴方が、決して離婚したくないにしても、
経済的にも、精神的にも、自立し、
離婚しても構わないスタンスを作り出す方が賢明だ。

可能性の話をすれば、
夫が不意に、貴女の元に戻ってくるかもしれないが、
逆に、不意に捨てられるかもしれないのだ。

(最初に提出した時から訂正いたしました。)

すにい さんの他のレポート

断捨離やました先生の対談
会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE