〜夫の浮気に苦しむ貴女へ〜⑤ (続き)

2.「死ぬまで嫌われない距離」について

浮気されてしまった貴女と夫にとって、とれる戦略とは何か。

http://u-rennai.jp/contents/course/571
「近づいたら居心地よくし、離れてる時は放っておく」


相手に求められたら、期待もしくはそれ以上に応え、
相手に求められないときは、相手のことは忘れ、
自由を与えると共に、無関心になる。
という距離にいること、
それが、貴女と夫にとって、一番居心地のよい距離だろう。

そう、貴女が「尽くす」ことは、
夫に、そして貴女にとっても「重い」。
よい結果など望めないと思った方がいい。

私も思うのだが、
このサイトにたどり着いた方々にとって、
確かに、「沈黙」や「恋人の心を取り戻す方法」は
まるで魔法のような必殺技だろう。
精神的に強くならなければできないが、
その対価は非常に大きい。

だが実は、
前述したような距離感をマスターすれば、
「恋人の心を取り戻す方法」という一過的な方法よりも、
永続的に関係は安定するし、「恋人の心を取り戻す方法」など必要にならないかもしれない。

また、恋愛以外のどんな人間関係にも使え、貴女の幸せのために役立つことは間違いないだろう。
相手の望む距離を察することができ、
自分との距離を調整できるようになって損はないと思う。

話がそれてしまったが、
この方法は夫に浮気を止めさせるには殆ど効力はない。
しかし、貴女の幸せには意味があるかもしれないので、敢えて私はここに加えようと思う。

また、もう一つ最初に断っておくが、
この方法によって夫の心が戻るとすれば、
彼にとって貴方がどれだけかけがえのない存在なのか
貴重な存在なのかが重要になる。

この世に存在する女性の中で一番になる必要はないが、
夫が手に入れられるだろう女性のなかで一番に近ければ近いほどよい。
客観的にではない、夫にとって価値があればよい。


そうなると、貴女の夫が、女性の心を得る能力が高く、しかも女性に出会う機会も多いなら、
貴女だけのものになる可能性は殆どないと思った方がよいだろう。

もしも、見た目もよくなく、経済力もない男が、
女性の心を簡単に得る方法を心得ているのなら
(まあ、そんなファンタスティックな男性はそうはいないだろうが)
貴女はその男性の心を手に入れることは一生を通じてほぼ不可能だ。
妻でいられるだけでも幸運と思った方がいいかもしれない。

見た目がいいだけの男性なら、年を取って体型が崩れたりすれば、
とたんに女性に相手にされなくなるかもしれない。
経済力に優れているだけの男性なら、リストラされるなどして、
周り全てから見放される事もあるかもしれない。
他の女性が見向きもしなくなった時、
貴女は夫にとって一番素晴らしい女性になり、
ついに夫からの愛を勝ち取れるかもしれないだろう。

自信を無くしたとたん、貴女に縋ってくる夫に、冷めるかもしれない。
だが、本当に愛しているのなら、そんな事はなんの問題もないだろう。

つまり、ここで私が提案したいのは、
夫が貴女を必要になるまで、自由を与えるということだ。
相手に自由を与え、そして貴女もあるだろう自由から幸せをみいだすことだ。
育児に時間も割けるし、習い事を始めてもいい、
仕事に没頭してもいい、韓流俳優を追いかけてもいい。



それを欺瞞だ、自分を騙している、と思うのなら、
「恋人の心を取り戻す方法」がなるべく早く実現できるように、努力するべきだろう。

だが、何にしても、実際に存在する幸せな夫婦とは、
お互いの距離の取り方を心得てる夫婦だと私は思う。

貴女にとって、「不当な扱いを受けている」という感情は強いストレスになる。
では、貴女にとって、不当でないと思える状況はなんだろう。
それは、夫が変わらなければ、
夫も貴女と同じように苦しまなければ、
適わない状況なのだろうか。

もちろん、
世の中どんな奇跡が起こるかわからない。
だがもし「恋人の心を取り戻す方法」を行うことがないのなら、
貴女はこの方法をとることにより、
貴女の人生をかけて、幸せになることができる最善の方法かもしれないというのが、今のところの私の考えです。

すにい さんの他のレポート

会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE