人との縁が幸せを引き寄せる~人としてモテるために~

人としてモテるということ




みなさんは、毎日充実した日々を送っていますか?仕事や恋愛、友人関係、家族関係・・色々なことがうまくいっていますか?

女性が幸せに生きていくためには、恋愛や結婚だけがうまく行けばいいかというと、そうでもありませんよね。他にも色んなことが人生には関わってきます。

私が思うに、それらすべての根っこにあるのが、「人付き合い」なのではないでしょうか?

仕事でも、恋愛でも、結婚でも、自分の人生に色々な「幸せ」をもたらしてくれるのは、「人との縁」だと思っています。

人との縁がある人は、なぜだか仕事がいい方向にいったり、仕事に困らなかったり、友達がたくさんいて楽しいことに囲まれていたり、素敵な男の人と出会えたり、円満な結婚生活を送れたりします。

こういう縁を持っている人は、運がいいからなのでしょうか?それとも生まれつき・・・?

いいえ、私は違うと思います。どうしたら人からモテるのか?ということを分かっている人が、それを実践して自分から縁を引き寄せているのだと思います。

人としてモテることは、いくらでも努力次第でできることだと思っています。恋愛がうまくいかないとか、仕事や人間関係がうまくいかないと思っている人は、どうすれば人にモテるのか気づいていないのではないでしょうか?そして、この「人としてモテる」は、「女性としてモテる」ためにも必要なことだと思います。



人からモテるってどういうこと?



人からモテるって、どういうことでしょうか?よく、自称友達が多い人とかもいますよね。そうではなく、私が思うに、「人から必要とされる人」がモテる人だと思います。

いつも人から遊びなどに誘われる。その人と話したくて人が寄ってくる。

相手の方から来る。これがまずモテているかのバロメーターかな?と思います。

モテない人は、自分が相手を必要とすることばかりを考えて行動しているので、誘うのはいつも自分からだったり、メールや電話なども自分からばっかりだったりします。また、そうしないと人付き合いがぱったりなくなってしまう危険性があります。



誘われる人になろう



では、誘われる人になるには、どうしたらいいのでしょうか?

モテない人とモテる人の大きな差のひとつに、人との距離のとり方がうまいか下手かがあると思います。

人といい関係を築くのには、近くなりすぎてもダメだし、遠すぎてもダメ。しかもその距離も、人によって心地よい距離が違ったりします。

ある人は毎日電話やメールをするのが普通で、それがあることが心地よかったり、ある人は自分が連絡したいときだけかまってくれればよかったりします。
それぞれ居心地のいい距離は違うと思うのですが、一環して言えることは、「みんな自分の居心地のいい距離で付き合いたいと思っている」ことです。

これを考えず、「自分が居心地のいい距離で付き合っている」人は、相手から重いと思われたり、自分勝手だな・・と思われたりします。結果、そういう相手とはあまり一緒にいたくないので誘われません。

相手の居心地のいい距離感を理解して、それに合わせられれば、相手から誘われるチャンスはぐっと増えてきます。


一緒にいたいと思われる人になろう



まずは、「自分ならどういう人と一緒にいたくないか?」ということを考えましょう。

・自分の話ばかりをして、こちらの話を聞いてくれない人。

・愚痴や悪口ばかりで、一緒にいるとネガティブな気分になる人。

・相手がどういう気持ちでいるのかを考えられない人。

・すぐに怒ったり、すねたり、感情の波が激しい人。


など、他にも色々あると思いますが、これら「されたらいやなこと」をまず相手にしないように気をつけましょう。

すごく当たり前なことのようですが、これらが出来ていない人がかなり多いと感じます。



その上で、一緒にいる相手にとって、プラスになることをしていきましょう。
・相手のいいと思うところをほめてあげる。

・相手の気持ちに共感してあげる。

・話しているときに笑顔をむける。

・何かしてもらったりしたときには「ありがとう!」と嬉しい気持ちを伝える。


これらも、当たり前のことですが、案外できていなかったりすることです。

自分が楽しむ気持ちと、相手の望むことを察すること。これをバランスよくやることによって、「あーこの人といると楽しいし、癒されるわー」と思われ、「また会いたい」に繋がっていくのだと思います。

人は、楽しいとか癒されるとか、自分にとってプラスになる人のところによっていきます。だから、一旦「モテるにはどうしたらいいか」が分かると、どんどん人付き合いはいい方向に転がっていきます。


「自分が今モテていない」とか、「どうやったらいいかわからない」という人は、まず、周りの人を観察することから始めましょう。



具体的に、理論は分かるけどどう行動したらいいかわからない・・という人は、まず周りの人をよく観察することからはじめましょう。

人に興味を持つことは、モテるための第一関門です。人に興味がない人がモテることはありません。

周りの人を見回して、「あの人のやってることいやだな」でも、「ああいう風に言われたら嬉しかったな」でもいいので、いいと思ったことはまねをして、いやだなと思ったことはやらないようにしましょう。

それを繰り返していくうちに、人との付き合い方が上手になっていくと思います。

モテない人は、意識が自分の方にばっかり向いている人が多いです。


人からモテると、自分だけでは行けなかった世界が開ける



人は、自分だけでは行ける世界が限られてると思います。

新しい世界、新しいものの見方、知らなかった価値観などは、人との縁がなければ知ることができないでしょう。

なので、人からモテることは「知らなかった自分や、新しい世界を知ること」に繋がると思います。

だから、人としてモテた方が人生が豊かになり、結果幸せになれることにも繋がると思うのです。

毎日が楽しくない、仕事がつまらない、彼氏ができない、友達がいない・・など、今の自分ではいやだなと思っている人がいるなら、私は是非この「人としてモテる」ということを目指してみることをお勧めします。



次回からも、「人としてモテる」ことについて、私が思ったことを色々と書いていきたいと思っています。ここまで読んでいただき、ありがとうございました。



くろみつとっと さんの他のレポート

会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE