占いに行き続けた先にあったものは・・

占い好きな恋愛女子は多い。当たる占い師がいると聞けば飛んでいき、片道2時間も苦にならない。
私も数年前までは占いが大好きで、ことあるごとに占いに行っていたものでした。
そんなある日、友達が占い師に言われた事を聞いていると
「それ、占い師に聞かなくても私でもわかるわ」と心の中で思ってしまったのです。

冷静に考えると、占い師の話している事など、本当は自分でわかることではないのか
現実に気づかせてほしいだけなのか、信じたくなくて否定してもらいたいのか、希望がほしいのか。

また、よく考えてみると、相手と少しの状況が変わるだけで、相談自体は進歩がなく何も変わっていない。
このように、同じ問題が何度も続く場合、そこには理由があることが多いです。
根本が解決されていないために、同じ問題が何度も繰り返される
のです。
「運命の人といつ出会えますか?」「あの人とはうまくいきますか?」と何度聞いたことでしょう。

また、信頼できる親や友達の意見は正しいのか?
実はこれも利害関係が大きくからんでいるため、必ずしもそれが自分に合った答えかどうかはわからないものです。
信頼できる人だからと言って理由も説明できないのに信じたり、それによって人生を決めるのは危険です。
どんな事も自分で確かめる目が必要です。

では何を信じればいいのか?
実はあたりまえのことなのですが、それはやっぱり「自分」なのです。
シンプルな答えですが結局ここにたどり着くのです。
「自分で考えて答えを出す。」
これを避けていては実は永遠に行き詰る一方なのです。

自分のことは自分がよくわかっているとはよく聞く言葉ですが、実は自分のことをわかっている人は非常に少ないのです。
自分のことを知るにはまず「自己分析」が必要です。
そして客観的に自分を見る目も必要となってきます。
自己分析ができていないと、何が問題かもわからず、もちろん問題も解決せず、決断もできないのです。
安易に人の意見を頼ってしまう、聞いてしまうという人は、この、「自己分析」ができていないことが多いです。

占いに行くなという意味ではありません。
占い師はあなたを客観的に見て発言することができます。
多くの人を見ているので、それは正しい発言であることが多いです。
また、希望を与えてもらうことで前向きな心になれるかもしれない。
でもこれでは問題の解決にはなっていないのです。

自己分析ができ、自分の意思で決断を続けていると、不思議と決断することが楽しくなったり、直観力も鍛えられ、決断したことに後悔することがなくなっていきます。
自分で決断すればするほど、他人の意見も疑うようになる。
そこでまた自分と向き合い考える。

占いに行き続けた私が最終的に辿りついた答えとは・・

人の意見に左右されず、自分を見つめ、自分で決断する。
もう誰かに頼ることなく「自分で決める」
やはり自分に向き合い、答えを出さないと、問題は永遠に解決しないのです。

honey さんの他のレポート

会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE