「年収1000万以上」「医師」「安定した職業」~婚活で出会う男性の見極め方~



「婚活」というと少し前まで「リアルでは結婚できない人」というネガティブなイメージがありましたが、未婚人口の増加やニーズとともにそのイメージもだいぶ軽減されてきたと思います。

しかし実際婚活をし、婚活市場で活動した方は分かるかと思うのですが、
婚活という戦場(結婚相談所、お見合いパーティなど)では人がいとも簡単に「格付け」されてしまいます。

女性ならば「年齢」「見た目」、男性ならば「職業」「学歴」「年収」などが
まず最初の格付けポイント
でしょうか。

その証拠にたとえば男性の場合、医師や年収1000万以上だったりすると、通常何十万以上かかる年会費などが無料になったりする相談所、お見合いパーティがたくさんあります。

それだけ「医師」や「年収1000万以上」の男性のニーズ(人気)が多く、かつ不足している。つまり市場価値が高いということが分かります。結婚相談所としてはそういう売りのコマをたくさん持っていると女性のお客さんを集められるので、広告費だと思えば、数名の男性の会費を無料にするくらい安いものなのでしょう。


さて貴女の狙うターゲットはどのあたりの男性でしょうか?
このあたりの男性もターゲットに入っているのであれば、以下ご参考になるかもしれません。



私は職業、年収でのくくりはしませんでしたが、その他の条件に当てはまる男性に
「医師」「年収1000万以上」の割合が多く、これらの条件を持つ男性たちを何名か見てきました。
(しかし私は「医者」「年収1000万以上」などというのを謳っている相談所、お見合いパーティには参加しておりません。これには理由がありますが、追って記述します。)


これらの男性にはいくつかの傾向が表れます。


①「市場価値が高いことを自覚している」


これはほとんどの場合に当てはまると思います。よっぽどその他の事情がない限り、それなりに自信を持っています。
【対応策】これらの男性ほぼ全てに当てはまるので、特に気にしないで良いでしょう。


②「婚活市場で急にモテるためなぜか上から目線」


女性対応が慣れていないのにもかかわらず、市場価値の高さは自覚しており上から目線で見てしまう傾向がある。結果、相手の女性から見て気持ち悪がられ、なかなかマッチングできない・・・これも結構多いパターンです。
【対応策】こういう場合でも自分から惚れた女性には努力する、尽くす傾向があるので、こういう男性がターゲットに入った場合は、相手から惚れられることが先決です。



③「本人無自覚も多数!本気で結婚を考えてない夢見るぼっちゃん」


働き盛りの医師や年収1000万ある男性で婚活をノロノロやっている時点で仕事がうまくいっているのかどうか怪しい。仕事で評価され結果を出している男性ならば、婚活も戦略的、効率的に行っているはず。遊び目的か、暇な男性である可能性が高い・・・これも多いパターンです。
【対応策】婚活では一番関わってはいけない男性だと思います。地位もお金もあるため、女性にスマート対応をしてくれるので基本的に女性を気持ち良くしてくれますが、それは短期的なものでしょう。



④「仕事だけの生活だったため、婚活市場、女性をあまり知らない」


婚活市場にいる上記の条件をもつ男性ではこの④が一番オススメです。
【対応策】本人自身も忙しい、自分の市場価値を知っている、婚活女性からすかさずアプローチされやすい、という3つのハードルがあるため、タイミングとこの男性のニーズを短期間でキャッチすることが重要です。



婚活中、①~④すべての男性に会いました。

①に関しては、これら条件のほとんどの男性がそれなりに
自信を持っていると考えていいと思います。(謙虚さと自信は別と考えます)


②はお見合いパーティの初対面で「東大経済学部(出身)です」「整形外科です」と第一声でアピールしてくる方(笑)、
結婚相談所での面談で「年収が〇〇〇〇万なんで、女性から声かけられることは多くて困ってるんですよ~」などなど、男性って面白いな~と思いながら眺めていました。


③も本人が無自覚な場合もあります。その場合さらに厄介ですが、とりあえずこのにおいを感じ取ったら避けた方が無難です。
特徴としては最初からロブションとかホテルのbarとか一流店やおしゃれな場所、センスの良い場所ばかりに連れていってくれます。そう女性の大好物ばかり、です。
1回で分からなくても3回くらい会えば本気で結婚を考えていないということが分かるかと思います。美味しいご飯と楽しい時間だけ享受して次へ行きましょう。

④は上記条件の中で1-2割はいるのではないか、と思っております。
上記条件自体も全体からすれば少ないので、かなり低い確率になるので、
株取引のように市場の観察を続けていることが大事かと思います。



よく恋愛ユニバーシティの相談でもこれら条件の男性について、
是か非かということが話題になりますが、結論から言うと「ダメな男もいるし良い男もいる」でしょう。これは他の条件の男性と同じだと思います。ただ「この条件」かつ「良い男」となると数%になるでしょう。



ちなみに私はこの④のオススメ男性と結婚をしました。その勝因の一つにこれらの①~④の男性サンプルをいくつか見てきていたので、彼が④だと即分かったことです。

④の彼らが婚活市場で活動する期間は本当に短く、ピンポイントです。また当然相手にも
理想条件を高く持っています。相性もありますが、相手のターゲットに入っているようであれば、短期的に落とすことが重要となってきます。



先ほど「医者」「年収1千万以上」などをうたう相談所には行かなかったと書きました。
理由としてはそういう場所に登録しているこれらの男性が無料だからです。その場合、②と③の比率が高いだろうと予測したからです。

(ちなみに、これらをうたっていない相談所やパーティでもこれら条件の男性は
他の会員より優遇されている可能性もありますが、
世の中、婚活市場では価値が基本重視されるので、
仕方ないでしょう)


また、これら条件のために高いお金を払って入会する女性を男性はどう思うのだろうか?ということ。
いくら婚活とはいえ、やはり男性は女性を追いかけることが自然だろうと思ったからです。



以上のことから標準的な相談所、お見合いパーティ、婚活サイトなどに登録を決めました。
求める条件、ターゲットによってもどこを戦場とするかは異なりますが、
私の場合は選び、選ばれる幅が欲しかったので会員数の多い大手メインに決めました。



高条件男性ゲットを目指す皆様、ぜひとも無駄な時間を省いて良い男性と出会ってくださいね★


べにばな さんの他のレポート

会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE