失恋から立ち直る方法~相手の時間軸を知る~



失恋から、私がきちんと立ち直れたのは、去って行った彼からの連絡があってからでした。

彼が物も言わずに去った後、こちらも、ぐっどうぃる博士の理論通りに半年間の沈黙…。をしておりました。

実際は半年を待たずにして相手からの連絡、そして復縁を求められましたが、断りました。

断った理由は、恋愛回路が小さくなり、客観的に相手をみることで好きだと言う気持ちは幻だったと気がついたこと、そして彼は「他人」で「家族」ではない。と思ったからです。

出会いの初めから理論を行使して、新しい男性と究極の関係を築いてみたいと言う好奇心もありました。

男性の本物の愛情と言うものを知りたい

身も蓋もない言い方ですが、駆け引きをすることなく、アラフォーシングルマザーの私に、意中の男性をモノにすることはできないというのが現実です。

女性の市場価値は27歳がピーク。
そこから落ちて行くというのが一般論で、結婚を目的とする恋愛をするのなら、本当に自分を厳しく見直さなければなりません。

たとえ容姿やその他を見なおしたとしても、生殖機能に衰えがあっては、市場価値そのものが下がるのです。生物学的にこれは現実です。

では「本当の恋愛」をするためにはどうすればよいのか?

1.自分の因果律を知るために、客観的に自分を見ること。
2.自分がパートナーに何を求めているか軸を作ること
3.相手の時間軸を知ること

私の因果律は、見た目がとても女性らしいため、多くの肉食系男子に押せ押せのアピールを受けてきました。草食男子からは、受身の駆け引きを、老人からは札束を持って追いかけられ、小学生以下からは、プールで股間をすりつけられる。などです。

これは、決してモテているわけではなく、見た目や声、そのほかの雰囲気が甘く、

「他人」である俺たちも受け入れてくれそうだ。

という、男の本能をくすぐるからです。

多くの同じような因果律を持つ女性は、「押せ押せの駆け引き」に弱く、すぐに陥落し、相手の手に入った距離にいつづけ飽きられます。

要するに、体目的の男性が寄ってきやすい因果律の持ち主は、

相手の時間軸をつかまないと、恋愛に辿りつかない

のです。

このような因果律を持つ持ち主は

押せ押せのアピールをする人には鞭を
受身の駆け引きをする人にも鞭を
札束を持って追いかけてくる老人にも鞭を
股間をすりつける子供にも鞭を

「他人」を徹底的に排除し、厳しく接することで、私はそういう対象ではない。と、相手に知らしめることが重要です。

鞭とは一体何か?

それは、時間軸と距離のコントロールです。

色々な恋愛本に、「相手からのメールを待て」とありますが、これは本当に有効な時間軸を知る手段だと思います。

相手からのメールで時間軸を計る

男性と言う生き物は、ハンターであり、モノにしたいと思った女性には、時間軸など関係なく、メールをして来ます。

朝昼夜問わず。

なのでこういう押せ押せの肉食系には、「スルー」が一番有効な手段なのです。

どんなに相手を好きになれそうだとしても、です。

自分も相手の事を気に入っているのなら、どうでもいい会話はスルー。
デートの提案が気に入れば返信する。

と言う具合に、下半身でものを考える彼らにどうすればメールの返信が来るのか、頭で考えさせましょう。

また自分も、彼らをコントロールするために、簡単に手に入る距離に行ってはいけません。

2か月もすると、彼ら本来の時間軸が出てきます。1日1回であったり、1週間に1回かもしれません。

メールは絶対に少なくなります

だとしても、今までのペースを貫きましょう。

もし、彼らの本来の時間軸を知る前に、体の関係を持ってしまうと、自分に「恋愛回路」が出来てしまい、駆け引きが出来なくなります。

私の実体験では6か月は体の関係を持たないほうが、後の駆け引きに有効です。

男性にとって、心地よい距離とは?

博士の恋愛理論にある、男性の距離に合わせて、自分の中にも距離感を作りましょう。

1.体の関係を持ってもいい。結婚してもいい。

2.好きだけれども体の関係はもちたくない

3.好きだけで充分

4.生理的に無理。嫌い

私のデータでは、男性が最も好むのが2の距離の女性です。

相手(女性側)に好意があるのは分かっているのに、なかなか落ちない女性。

こういう女性に、男性は夢中になります。

はじめから1の距離の男性にも、

2の状態だったし、そこまでじゃない相手だったのに、半年ほど一生懸命してくれたから、1に心が動いたわ。

という設定です。

そして6か月は、恋愛回路を作る前に、相手の人間性を知ることが出来、かつ相手がしびれを切らさないぎりぎりの時間であるとも思います。

恋愛回路を消すのも6か月。

恋愛回路を作るのも6か月。

6か月は人間本来の時間軸なのかもしれません。

恋愛本に書かれている、「相手からのメールを待て」は、相手の時間軸を知り、人間性を知るまで、恋愛回路を作るな、ということなのかもしれませんね。

ちなみに、メールの返信をしないでいると100人中99人は脱落するように見えますが、半年以内に必ず連絡はあります。

その中でも、本当に良いと思える「家族」になっても良い、本物の男性と、恋をしたいものです。

次回は
「男性の言葉に振り回されない。相手の行動を見る。」です。








nanakokoro さんの他のレポート

会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE