浮気を許したはずなのに、疑う気持ちがなくなりませんコメント No.63148

No.631482017-01-11 22:23

11

ゆきんこさん こんばんは。

激動の日々をお過ごしですね。
心中お察しします。。。

彼の行動を客観的に見ると、
「2人とも手放したくない」
と見えますが、どうでしょう?


彼とその女性は「お互いに都合がよく、利用し合う関係」なのでしょう。
好きとか愛してるなどには見えません。

その女性は既婚ですか?


彼女ができても、その留守に平気で部屋に来る女性。
彼女と紹介される中、何食わぬ顔で挨拶する女性。
哀れですね〜。

彼が彼女をどう思っているかなどでは全くなく、そういうことを平気でできる感受性の鈍さとでも言えばいいでしょうか。
哀れ以外形容が見つかりません。


さて、彼はどうして彼女と切れられないのでしょう?


たぶん不安で自信がないんです。


付き合う女性とは、強い利害関係がありますから、いつ去っていくかもわからない。
でも、都合のいい、いいとこ取りの関係なら、何もサービスしなくても離れる確率が低いんです。
この女性が既婚なら尚更です。
彼は、ゆきんこさんの思うよりモテない(または、年齢もありモテなくなった)ので、この女性が最後の砦となっているのかもしれません。

ゆきんこさんが去って、この女性も去ったら「誰にも相手にされない男」の出来上がり、です。
それは男性にとって死にたいほど辛いことだそうです(博士曰く)

彼の背景が情報不足なのですが、46歳で未婚で心の拠り所もなく、どこか張りのない生活を送っているうちに、こんな感じになってしまったのかなぁ、と想像してます。


彼の仕事関係の方たちにも紹介されたんですよね?
その方たちの反応や彼の評判は(知るのは難しいかもしれませんが)どうなのでしょう?



ゆきんこさんと付き合い始めて、その女性を本当にきちんと整理するまで、彼的には勇気がいるだろうと思います。(崖っぷちだからw)



セフレをきちんとする、と自分から言ったのは、「それはいけない」と一応わかっているのですよね。
もっとズルい男は黙ってます。


彼がもし、本来まともな神経を持っているタイプの人なら、「目を覚ますこと」が起きれば我にかえる可能性もあるかもしれません。


それには、付き合ってすぐに彼のLINEを見るのではなく、彼を信じ、愛し、楽しい思い出をたくさん作り、かけがえのない女性だと最初に思わせることが必要だったように思います。
なぜなら、彼のような男性が(よくは知りませんがw)本当に求めているものは、優しく受け入れてもらうこと、愛情なのです。

(本当は、セフレがいる時点で付き合うべきではなかったのは言うまでもないのですが)


彼を心から信じられず、許せないなら喧嘩や疑心暗鬼になって破壊行動をし尽くして彼に嫌われる前に、別れた方がいいです。

男性の「結婚したい」は「今真剣に付き合ってます」程度の意味です。
本当にそう思ったら具体的な行動に出ますから、それがないうちは惜しくもなんともありません。


彼を監視したり、厳しくすれば余計不安になって隠れてするようになるだけです。


「私は、セフレの存在を知るまではあなたをとても尊敬していた。でも、あなたが彼女や他の女性とつながっている限り、私はもう尊敬できません」

など言っていったん大きく距離をとるのがベストだと思います。


女性はLINEしたり、会ったり、物理的につながっていると安心するようですが、彼のテリトリーに入っていると男性は安心してしまいます。

その女性をキッパリ切って、ゆきんこさんに心から謝罪し、帰ってきたら「自分から潔白(証拠)を証明しようとしてきます」から、そうでなければ相手にしてはいけません。

こちらから証拠を求めてもいけません。

ゆきんこさんが去っていき、何もアクションを起こさないようでしたら、残念ですが、あきらめるしかないです。


怖くてできないのでしたら、一生(に近い時間)疑いながら過ごして行かれる決心をしなければならないと思います。


▲ ページTop

コメント元の相談に戻る

注目度急上昇の相談・トピック

会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE