【彼の気持ち】“価値観の違う彼”と幸せな恋愛をするための3つの注意点

【彼の気持ち】“価値観の違う彼”と幸せに付き合うための3つの注意点

皆さんは、デートのとき、彼とどんなお店で食事をしたいですか?たとえば、ちょっとオシャレなカフェで軽食、のんびり話せる気軽な居酒屋?記念日には、ちょっとふんぱつしてコースのディナーもいいですね。
でも、中には「どこに行く?」「何食べる?」と、なかなか決まらなかったり、「もっと安いところに行こう!」と、ファーストフードをローテーションしたり・・・。世の中のカップルすべてが、いつも満足なデートをしているとは限らないもの。彼は何も問題ない、と思っていても、実は彼女は不満だらけ…といったパターンもあるかもしれません。

今回寄せられたのは「彼と”食”と”お金”について、いつもケンカになります。どうしたら、価値観の違いを乗越えられるのでしょうか?」といった切実なご相談です。価値観の違う彼とお付き合いを続けて幸せになるためには、どうしたら良いのでしょう。

【相談】「食」と「お金」の価値観が違いすぎる彼。乗り越えるには?

彼とささいなことでケンカしてしまいました。原因は、彼と私の「お金」と「食」に関する価値観の違いについてです。私は食べることが大好きなので、デートの時には、美味しいお店を探して食べに行ったり、お酒を飲みながら色んな話をしたりしたいと思っていますが、彼は「食」にそれほど興味がないらしく、おまけに倹約家で値段が高くなるのも嫌がります。
付き合って一年の記念日も私は「美味しいもの食べに行きたい!」と言っておいたのに、結局、外食チェーンで済ませてしまい…。その場では平気なふりをしていましたが、家に帰って電話で爆発してしまい、彼を傷つけるような言い方で責めてしまいました。ただ、私は彼と楽しく食事がしたかっただけなのに…とても、後悔しています。こんな私たちが、価値観の違いを乗り越えて付き合っていくにはどうしたらよいのでしょうか?(20代後半・女性)

恋愛の悩みに感度の高い恋ユニユーザーから多くの支持を集めていた回答をまとめると次のようなものでした。

1. 彼と価値観の違いでケンカにならないための「3つのポイント」
大好きな彼なのに、どうしてもここだけは許せない…そんな、彼との「価値観」の違いが原因でケンカしないためにも、恋愛カウンセラー・ぐっどうぃる博士のすすめる方法のなかから3つをご紹介します。

1)日常の中で訓練する
普段から物事を「どっちでもいいか。」と軽く考える訓練をしておき、彼の言動や細かい部分にこだわらないようにすることで、いろんなことが許せるようになっていきます。

2)彼に期待しない
男はこうあるべきだとか、恋人はここまでしてくれて当たり前!などといった期待はしないで、できなければ仕方がない…と思うようにすることで、彼を許してあげることができるようになっていきます。

3)時間と空間の接触を減らす
それでも、一緒にいてイライラすることが多いのであれば、あえて一緒の時間を減らして、1人でいる時間を増やすようにしましょう。1人になることで、相手を許してあげられる性格に近づくことができるようになります。

彼を変えることは、なかなかできないもの。それなら、まずは自分が彼に合わせて「許す」気持ちを持つことが大切なようです。

2. それでも、合わないときはガマンすべきなの?
では、自分は彼に合わせようとガマンしているのに、彼の「食の好み」や「金銭感覚」はまったく変わらない…そんなときも、ただひたすらガマンしたほうが良いのでしょうか?
恋ユニユーザーから「彼は変えられません。今のままの彼を受け入れられないなら、他を探したほうがいいと思います。」といった意見や、「相談者さんの稼いだお金の使い道にまで彼が口を挟み始めたら、それが別れ時かもしれませんね。」とのアドバイスもありました。

「食」と「お金」の問題というのは、それぞれが育ってきた家庭環境も大きく関係しています。そして、これからも生きている限り続くものなので、あまりにも違う「価値観」で悩むのであれば、カマンせず、彼と一緒にいないことでお互い幸せになる…「別れる」という選択も、あるのかもしれません。

3. 2人で幸せになるためには?
価値観の違う2人が幸せになるためには、「結婚」というゴールについても考えておいたほうがいいですよね。
好みの違う男女が一緒に暮らしていくのであれば、少なからずどちらかが相手の好みに合わせたり、妥協したりするときもあるでしょう。そんなとき、合わないからと、ただイライラするのではなく、一呼吸おいて「相手を許そう」という気持ちにもっていくことで、お互いに居心地の良い関係になることが出来ると 恋愛カウンセラー・ぐっどうぃる博士は言っています。

また、彼にとっては付き合っている彼女の金銭感覚は気になるもの。結婚後のお金の使い方についても、付き合っているときからチェックされている可能性もあります。「浪費家」というイメージを相手に植え付けるのは、不利になってしまうもの。そのため、普段は彼の価値観に合わせ、記念日など特別なときだけは、自分から要望と伝えてみる、というメリハリをもったお付き合いを目指してみてもいいかもしれません。

恋ユニユーザーからは、「人生は貴女と彼の長い家族旅行ですから、道中を楽しんだり、特別な時間を演出したり、互いに少し寄り道を許したりする余裕はとても大切です。」といったステキなアドバイスや、「結局のところ、彼の価値観にどこまで合わせられるかだと思います。」という率直なアドバイスもありました。彼を変えようと努力するのではなく、自分が相手を受け入れて「許す力」を身につけるということが、幸せになるための一歩と言えるようですね。

人はそれぞれ、さまざまな価値観をもっているため、おたがいのすべてを受け入れて常に良い関係でいられる…というのは、簡単なことではないようですね。それは、彼と彼女の問題だけではなく、人と人とのつながりにおいても大切な問題と言えるでしょう。だからこそ「許す力」を身につけるというのは、必要なことなのかもしれないですね。

この記事は、相談者本人が特定されないため、記事の意図に影響のない範囲で内容を変えています。

参照:みんなの恋愛相談<恋人の相談>「価値観が違う彼。もう、うまくいかないのでしょうか?」

(よしこ / 恋愛ユニバーシティ)

佐藤芳子 / 恋愛ユニバーシティ

佐藤芳子 / 恋愛ユニバーシティ (WEBライター)

WEBライター。結婚して20年、仕事も恋も諦めず!?今も旦那に恋をし続けるアラフォーライター。若い頃の自分の恋愛経験はもちろん、友達のピュアな恋話から泥沼恋愛エピソードまで、豊富な人生経験が生み出す言葉が、皆さんを幸せに導く「言霊」となれるよう記事を執筆していきます

恋人に関する悩みを解決する方法のまとめ

関連記事

関連する相談


初めての方へ
会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE