タラレバ言わない! 「いい女」になって幸せになるためのポイントとは

タラレバ言わない! 「いい女」になって幸せになるためのポイントとは

「あのとき●●だっ『たら』」「●●して『れば』」…あなたは言っていませんか?

「あの時、彼にこのメールをしてなかったら…」「もう少し、積極的にアピールしてれば…」
恋愛は悩みが多いもの。誰にだって迷いや後悔はありますよね。年を重ねるごとに、段々過去を振り返り、「タラレバ」言いたくなることも増えてくると思います。
しかし、やって後悔するよりもやらないで後悔したほうが、後悔の度合いはより大きいのではないのではないでしょうか。

吉高由里子さん、榮倉奈々さん、大島優子さんのトリオが出演する、今話題の水曜ドラマ「東京タラレバ娘」。第1話はご覧になりましたか?原作は東村アキコ作で、講談社「Kiss」連載中の人気マンガです。
アラサー女子には共感できる部分の多いマンガ&ドラマですが、共感して、いつまでも「タラレバ」言っていても先に進むことはできません。「タラレバ娘」から一歩踏み出し、幸せになるにはどうすればよいのでしょうか。

過去は反省して次に生かす! 今周りにいる男性を分析しよう

タラレバ言わない! 「いい女」になって幸せになるためのポイントとは

吉高由里子さんが演じる主人公の倫子は30歳独身、彼氏もいない売れない脚本家で、高校時代の友人たちと「あの時こうだったら…」「ああしてれば…」と過去の分岐点に対する過程の話「タラレバ」で盛り、その場にいたイケメンに「タラレバ女」呼ばわりされてしまいます。しかし、「タラレバ」言いたくなる気持ちは、女性であれば共感できる人も多いのではないでしょうか。
しかし、一度は深い関係になった彼と復縁を望む場合は別として、過去にあなたのそばを通り過ぎて行った男性たちを思い出しても、前に進むことはできませんね。

恋愛や結婚のきっかけとなる、出会いの多くは職場です。「気になる彼すらいない…」というあなたは、まず今あなたの職場にいる人や、取引先、関連業種など、身近な男性を思い出して、その中にちょっとでも「いいな」と思う人がいないか考えてみましょう。
もしいなかったとしても、がっかりする必要はありません。後から印象が変わることももちろんありますが、普段から自分の周りに「いい女」だと思われていれば、直接紹介されることや、出会いの場への誘いへつながる場合もあります。「対象外だからそっけなくしていいや」と切り捨てたりせず、普段から「いい女」であるよう、自分磨きを怠らないようにしましょう。

また会いたい、一緒にいたい女性が実践している「鏡のルール」とは?

本当にダメ男?相手のスペックを見極める

タラレバ言わない! 「いい女」になって幸せになるためのポイントとは

「付き合っている人がいるけどこの人で大丈夫か心配…」という場合、何が心配で、何が不安なのかもう一度見つめなおすことが必要です。不安なまま付き合ったり、結婚したりして、「失敗した!」となってしまっては元も子もありません。見切り発車で進んでしまい、「タラレバ」言う結果にならないためには、自分と相手をしっかりと分析したうえで判断することが重要となってきます。

また、「気になる彼はいるけど、一歩踏み出すには何か足りない…」と、多少の好意はあるが自分からアプローチするほどでもないと放置していることはありませんか?放置している間に、別の女性と付き合い始めてしまい、後から「すごいいい人だった!」なんて判明した場合は取返しが付きません。それこそ、「あの時アプローチしてたら…」と「タラレバ」娘になってしまいます。相手のことをしっかりと知ったうえで、そのままスルーするか、駆け引きをしてアプローチしていくか判断するようにしましょう。
幸せになるためには「いい男」をゲットすることは必須になります。今はギリギリ及第点…という彼も、磨けば光る場合がありますので、しっかりと分析することが大切です。

婚活女子必読! 「稼げるオトコ」を結婚相手に選ぶ&育てるためにできること

好意をしっかり示す! アラサーに必要なのは美人グセ

タラレバ言わない! 「いい女」になって幸せになるためのポイントとは

せっかく意中の彼と付き合えたとしても、捨てられてしまってはそれまでの苦労が水の泡になってしまいます。「あの時頑張っていたら…」と「タラレバ」言うようなハメにおちいらないよう、継続して努力が必要です。付き合えたら、結婚できたらそれでゴール、ではなく、彼の心をしっかりつかみ続けるために、いい女でいるための努力は怠らないようにしましょう。

ちなみに、どんな女性でも、生き生きとした笑顔でいるときが一番輝いています。逆に過去ばかり見て、「タラレバ」言っていると、どんどん負のオーラが漂ってきて、彼も逃げて行ってしまいます。
前向きに明るく、誰に対しても好意を示すことで、見た目だけではない中身の「美人グセ」を付けることが大切です。しっかりと「美人グセ」が身につくと、恋愛だけではなく周りの評価が上がり、彼にも「裏表のない良い子なんだな」という印象を与えることができるようになるでしょう。

「本命に選ばれる女」「本気で愛され女」になる方法まとめ

いかがでしたでしょうか。
「あの時の彼と結婚してたら…」「周りに良い男が居れば…」と、「タラレバ」を考えていても前に進むことはできません。進んでいくのは時間だけです。
きっちりと前を向いて、相手が居ない場合は相手を探す。相手が居る場合は相手を見極め、一歩一歩着実に前に進んでいくようにしましょう。

タラレバ言ってる自分に、プロから「喝」を入れてほしい方はこちら

(伊藤 尚/恋愛ユニバーシティ)

伊藤尚 / 恋愛ユニバーシティ

伊藤尚 / 恋愛ユニバーシティ (WEBライター)

アラサー女子のフリーライター(稀にデザイナー)。ある時は素人女優、ある時は素人音楽家、他趣味多数。ダメンズ好きからの卒業経験を活かし、皆さんと一緒に悩んだり怒ったりしながら「納得感」のある記事を配信します。

片思いの悩みを解決する方法のまとめ

関連記事

関連する相談


初めての方へ
会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE