また会いたい、一緒にいたい女性が実践している「鏡のルール」とは?

立川ルリ子先生「また会いたい、一緒にいたい女性が実践している「鏡のルール」とは?」1枚目

自分磨きよりも「鏡磨き」が大切!

男性に愛されるために、素敵に見せなきゃ!もっと魅力的にならなければ!…と自分磨きをしている女性は少なくないはず。でも、長続きする女性、また会いたくなる女性は、実は必死の努力などしていない?では彼女たちはどのように男性を惹きつけているのでしょうか?その答えは「鏡のルール」にあります。さっそくLOVEコーチの立川ルリ子先生に教えていただきました。

■また会いたいと思う女性って?
男性は「オレ、なかなかやるな」を、常に感じたい生き物です。日常生活でも女性と一緒にいるときも、そう思える瞬間をいつも求めています。そして、そう感じさせてくれる女性と、「また、会いたいな」「一緒にいたいな」と思うもの。

それは例えば…

・仕事で力を発揮して、結果を出したとき
・おもしろいことを言って、周りを笑わせられたとき
・人から相談されて、いい答えを出したと思えたとき
・「そんなこと知ってるなんてすごいね」と言われたとき
・「いい食べっぷり。男らしいね」と言われたとき
・「この間、相談したことが役に立った」と言われたとき

など。

そして、成果や影響力を感じることができる相手に、心地よさを感じます。心地よさを与えられる女性が、男性の心をとらえて、長く愛されるのです。

■あなたは彼の「鏡」になればいい!
男性が成果や影響力を感じるとは、別の言い方をすれば、あなたという「鏡」に、かっこいいオレが映っている、ということ。

きっとこれまで「私を素敵に見せなきゃ、彼に愛されない」と思ってきたのでは?「私にもっと魅力があれば、彼に好きになってもらえるのに」と苦しかったのでは?

でも、探していた答えは、あなたの魅力とは関係ありません。「私は鏡」そう思うだけで、あなたの恋はぐんとうまくいきます。

そこで、次のチェックでは、恋愛が見違えるほどうまくいく「鏡のルール」について具体的にお教えします。

CHECK!「鏡のルール」で恋愛は驚くほど上手くいく!


立川ルリ子先生「また会いたい、一緒にいたい女性が実践している「鏡のルール」とは?」2枚目

1.彼はあなたのことをほとんど見ていない?!
女性は、「自分磨きをして素敵になった私を見て。そして好きになって」と思いがちです。けれど、発想が逆です。

男性は、目の前の女性はほとんど見ていません。彼が言ったことやしたことに、あなたがどんな反応をするかを見ているだけ。あなたそのものは、ほとんど見ていません。

だから、「今、かわいいって思われたかな?」「気が利く人って思われたかな?」と、「彼
の目に、私が素敵に映っているか」は、気にしなくていいのです。

「『かっこいいオレ』をたくさん映すことが、彼をうれしくさせる」という「鏡のルール」をしっかり押さえること。ここがわかるだけで、彼への接し方が変わります。

2.男性は「リアクションのいい女性」が好き
彼が彼女に何かをしたとき、「期待している成果・影響力」があります。

例えば、彼がおもしろいことを言うときは、「笑ってほしい」と期待して、言っています。

彼がLINEで、スタンプを送ってきたとします。そのときは、「かわいいっ」「おもしろ〜い」「こんなスタンプあるんだ〜」と自分のセンスを認められることで、成果を感じ、うれしくなります。
 
つき合っている彼が仕事帰りに、お土産で餃子を買ってきてくれたとします。それは、「やさしいオレと言われたい」ための行動かもしれません。だとしたら、「私が仕事で疲れてると思って、買ってきてくれたんでしょ。やさしいね」と認められると、成果を感じ、「オレ、なかなかやるな」と思えます。

一緒に道を歩いているときに、彼が車道側を歩いてくれることや、レストランでテーブルの奥の席に座らせてくれることも、彼なりの意味があります。「女性にきちんと気遣いできるオレ」を示したくて行動しているのです。

このように、男性の行動にはすべて意味があり、成果・影響力を求めているのです。「リアクションのいい女性が好き」な理由はここにあります。

彼の小さな行動を拾っては、きちんと反応・リアクションしていくことで、「彼女と一緒にいると、うれしい気持ちになる。心地いいな」と感じてもらえるでしょう。そして、きちんとリアクションすればするほど、彼があなたを喜ばせようとする行動は、どんどん増えていくはずです。

3.してくれたことが嬉しくないとき
「彼のしてくれたことに、嬉しいと思えないことも…」という人もいるかもしれません。

例えば、彼があまりうれしくないお土産を買ってきてくれたとき。それは、「買ってきてくれたものが、私が欲しいものではなかった」など、「何を買ってきたか」に注目するから。

そこで注目ポイントを変えてみましょう

お土産を買ってきてくれたなら、「出張先で、私を思い出してくれたこと」に注目すれば、「海外出張でバタバタしてる中、私を思い出して、お土産買ってきてくれたんだ。ありがとう」と思えるでしょう。

「食事に連れて行ってくれた店が、イマイチだった。がっかり」というときも、注目ポイントは「どんな店か」ではなく、「私のために時間をつくってくれた」ことです。そうすれば、「会えて、うれしい」になりますよね。

彼のしてくれたことにがっかりするのは、「私の期待したこと」と違ったから。けれどそれは勝手に「私の期待」を彼に押し付けて、がっかりしているわけです。

「期待のめがね」で彼を見ないことです。「私を思い出してくれた」「疲れている中で、時間を取ってくれた」ことが、彼の愛情。

そうわかったら、「ありがとう。うれしいな」という気持ちが自然にわいてきますよね。彼のしてくれたことの「気持ち」を受け取り、「ありがとう」を返す。すると彼が「また、彼女に何かしてあげよう」と思う─。そうすることで、2人の間に、ありがとうのサイクルが生まれるでしょう。

※立川ルリ子先生の新刊『気のない彼、無理めな彼、マンネリな彼、 どんな彼でも、自然とあなたに恋する本』 (SBクリエイティブ)からの抜粋です。

気のない彼、無理めな彼、マンネリな彼、 どんな彼でも、自然とあなたに恋する本

<関連記事>
男性の本能に応える、“強く、永く愛される女”になる方法まとめ


LINEの立川ルリ子オンラインサロン登録はこちら友だち追加数


片思いの悩みを解決する方法のまとめ

関連記事

関連する相談


初めての方へ
立川ルリ子

立川ルリ子 (LOVEコーチ)

25歳よりラウンジを経営、のべ200人以上の接客業の女性たちをコーチングの技術で魅力的に育て上げる。その後ネイルサロン経営に転身。施術中に恋愛相談をすると「必ず結果を出せるアドバイスがもらえる」と話題になり、恋愛カウンセリングが人気に。急性リンパ性白血病を患い7ヶ月間の闘病生活を余儀なくされる。臨死体験を通じいままでの人生のあらゆる経験や困難が、すべて「愛」を知るためのものだったことに否応なく気付かされる。「愛は相手に与えてもらうものではなく、そこにあるものだ」という本質が腑に落ちたとき、神様からもう1度生きることを許された気がした。移植手術を経て命拾いしてからは、恋愛テクニックだけにとどまらず「愛するとはどういうことなのか?」を心底理解してもらえるような内容に刷新した恋愛セミナーや、結婚を目指す女性のためのパーソナルコーチング(個人セッション)を再開。中でも、思い通りに男性の反応を引き出せる「メール添削講座」と「個人カウンセリング」が好評でファンが急増中。 恋愛ユニバーシティでも、数ヶ月間コラムランキング第1位の話題の超人気講師。 書籍も2015年は2冊出版予定で、大和出版から待望の執筆書籍 「この女に愛されたい」と思われる“彼女”になる方法が出版。

ブログ:http://ameblo.jp/angeblanc-tokyo/
LINEの立川ルリ子オンラインサロン登録はこちら友だち追加数

■立川ルリ子先生著書のご紹介
「この女に愛されたい」と思われる“彼女"になる方法(大和出版)

断捨離やました先生の対談
会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+