【仲良しカップル】ミコリー先生直伝!恋人を思い通りに動かすコツ

【仲良しカップル】ミコリー先生直伝!恋人を思い通りに動かすコツ

恋人に「してほしい」ことがいっぱい!でも仲良しカップルでいるためには我慢・・・

「恋人のこういうところがイヤ!」
「恋人にはもっとこうしてほしいのに・・・」
仲良しカップルを目指すあまりに、言いたいことも言えなくなってしまう。 そんなことってありませんか?

結婚すると、多少の我慢も必要な場合もありますが、恋人同士の間は多少のわがままは聞いてほしいもの。それでも、恋人との関係を考えて口をつぐんでしまうことは少なくないと思います。

しかし、我慢してばかりではやっぱりストレスがたまりますよね。もちろん、口に出さないと恋人にも伝わらないので、改善されることもありません。 では、自分の希望通りに恋人が動いてくれて、なおかつ仲良しカップルでいるためにはどうすればよいのでしょうか。
恋愛ユニバーシティ公認カウンセラーとして電話&メール相談でも人気のミコリー先生が実践する「恋人を思い通りに動かすコツ」をお話しします。

恋人へ「してほしいこと」を伝える時にやってはいけない2つの言い方

【仲良しカップル】ミコリー先生直伝!恋人を思い通りに動かすコツ

恋人の行動がイヤ。発言がイヤ。私の希望をちっとも聞いてくれない!そんな時あなたはどんな言い方をしていますか?
ついつい、
「もっと早く連絡ちょうだい!」
「それ、やめてって言ったのに!」
というように、自分の要求だけを押し付けていませんか?

●●して!
●●はイヤ(やめて)!

というように、“自分”を軸に考えた要求というのは、彼の都合を考えることができていない場合が非常に多くなります。そのため、一方的な押し付けになりがちです。 このように強制されると、恋人に対して「してあげたい」という気持ちもなくなってしまいます。

しかし、男性は「察する」ということが女性に比べると苦手、と言われています。そのため、我慢していたり、不機嫌になったりなど曖昧にしていると、いつまでたってもあなたの思っていることは伝わりません。そんな時に必要なのが、恋人に対して上手にあなたの「要望」を伝えるテクニックです。

恋人に言いたいことを言って、それでも仲良くなる方法!

恋人の行動が思い通りになる!? 彼に要望を伝える時のポイントとは

【仲良しカップル】ミコリー先生直伝!恋人を思い通りに動かすコツ

恋愛ユニバーシティ公認カウンセラーとして電話&メール相談でも人気のミコリー先生。そんなミコリー先生直伝の、「恋人に要望を伝える時のポイント」は、 「『私の取扱説明書』を恋人に説明してあげること」です。

お互いに愛し合っている恋人同士の場合、男性は女性を幸せにするためには「何でもしてあげたい!」と思っているもの。 しかし、どうやれば女性が幸せになるか、ということがわからないのです。


例えば、恋人からの連絡が少なくてさびしい時、ついつい「どうして連絡してくれないの?」「もっと連絡ちょうだい!」と恋人を責め立てるのではなく、連絡をくれた時に大げさに喜び、褒める
もっと恋人に家事をしてほしい・・・と思う時は、ほんの少しの家事をしてくれただけ、例えばお皿を下げてくれただけでも「すごく助かる、ありがとう!」と恋人に対しきちんとお礼の言葉を伝える
そんな日々の積み重ねを続け、自分の取り扱い方を伝えることで「こんな簡単なことで彼女を喜ばせてあげられる!?」という情報が彼に刷り込まれていき、彼のやる気を煽ることができるのです。

幸せなカップルになるために

仲良しカップルでいるために大切なこととは

恋人同士、どちらかが我慢していたり、一方的な要求を押し付けたりしている状態、というのはストレスが溜まるもの。うわべだけの「仲良しカップル」でいるために、どちらか一方が不満を抱いている状態、というのは正常な恋人関係ではありません。

女性は恋人が自主的に希望している通りにしてくれることを望みがちですが、男性は「察して気持ちを汲み取る」ということが非常に苦手な場合が多いです。
そのため、女性側が不満に耐えきれず爆発をした場合も、「なに急に怒ってるの?」「どこが悪かったの?」「どうしてほしいの?」とまったくわかっていなくて、さらにイライラしてしまう場合も多いかと思います。
このような事態を避けるために、日々自分の要望を細かく分析したうえで、恋人に対して「こうしてくれたら私は喜ぶ」ということを、言葉や行動でわかりやすく示して刷り込みを行っていく必要があります。

不満を伝える時も、悪気がない恋人をいきなり責め立てるのではなくて、どうしてその不満が起こっているかを冷静に分析し、彼を立てる言い方を考えます。 例えば、ヒールの高い靴を履いているのに、彼が気遣ってくれずサクサク大股で歩いて行ってしまうような場合は、

・「『彼のために』気合いを入れておしゃれしてしまった。」
・「ヒールのため歩きづらい」
・「だから、少しゆっくり歩いてほしい」

というように、彼にわかりやすく状況を伝え、ゆっくり歩いてくれた場合にはとびきりの笑顔で感謝を伝えるようにするとよいでしょう。
このように、恋人に対して伝わりやすい工夫を忍耐強く行っていくことで、恋人が少しずつ自分の思い通りに動いてくれるようになっていくのです。

【恋愛電話相談】カップル円満の秘訣!?一緒に住んでも飽きのこない女になる方法

いかがでしょうか。
仲良しカップルでいるためには、日々の努力が必要です。
しかし必要なのは、一方的な「我慢」ではなく、より相手に伝わりやすくするための努力や、少しずつ自分の『取扱説明書』を相手に刷り込んでいくための「忍耐」です。
自分が「あれをしてほしい」「これをしてくれなきゃいや」という要求ばかりを彼に押し付けていないか、もう一度自分の日々の行動を見直したうえで、お互いに心地よい関係が気づけるよう、一歩リードできる女性を目指していきましょう。

“受け取り上手は愛され上手!!”そんなミコリー先生に相談したい方はこちら

(伊藤 尚/恋愛ユニバーシティ)

恋人に関する悩みを解決する方法のまとめ

関連記事

関連する相談


初めての方へ
伊藤尚 / 恋愛ユニバーシティ

伊藤尚 / 恋愛ユニバーシティ (WEBライター)

アラサー女子のフリーライター(稀にデザイナー)。ある時は素人女優、ある時は素人音楽家、他趣味多数。ダメンズ好きからの卒業経験を活かし、皆さんと一緒に悩んだり怒ったりしながら「納得感」のある記事を配信します。

断捨離やました先生の対談
会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+