【モテの定理 第2回】「恋活=合コン」「婚活=婚活パーティ」では結果はでない。

【モテの定理 第2回】「恋活=合コン」「婚活=婚活パーティ」では結果はでない。



登場人物

渕上賢太郎(ふちがみ・けんたろう)博士
モテモテ・アカデミー主宰。数学、生命科学、行動経済学の博士号を持つ。長年「モテ」を研究し、どんな人、モノでも「モテ」るという定理をついに発見した。

山田君
彼女いない歴=年齢のモテない32歳。合コンで知り合った佐々木希似の女の子に2年間片思いをしていたが、博士のアドバイスにより、自分を好きにならない異性に執着する無意味さに気付く。

※この記事は、2011〜2013年までの間に、MSNのニュースサイト・ドニッチにアップされたぐっどうぃる博士の記事の復刻版です。また、男性向けに書かれた記事ですが、女性にも役立つ内容だと考え、このたび恋愛ユニバーシティにも載せる事にしました。


都内某所にある謎に包まれた研究機関、モテモテ・ラボラトリー。ここでは「モテ」に関するあらゆる研究が行われており、ブレイクしたいタレントや、新商品をヒットさせたい企業、果ては支持率の回復を狙う政治家までが、助言を求めて日夜訪れる。

自分に必要なのは多くの出会いだと知った、モテない山田君は――。



山田君 前回の話だと、佐々木希ちゃんみたいな子を100人見つければ、その中にひとりくらい僕を好きになってくれる子がいるってことでしたよね。
でも、僕、普通に生活していたら、到底そんなたくさんの女性には出会わないんですが、どうしたら良いんでしょう?

博士 そうだな、何か出会うための行動を起こす必要があるだろうな。

山田君 じゃあ、合コン行きまくればいいんですかね?それか、思い切って出会い系サイトとかやっちゃいましょうか!

博士 うむ……。
君は顔も残念だし、体型も残念。若くもなく、有名企業勤務でもなければ、仕事もぱっとしない。収入もたいしたことない。そんな君が合コンや出会い系でイイ女をGETするのは、内田裕也が品行方正な好々爺になるくらい難しいだろう。

山田君 シェケナベイベ~って博士!!なんてことを言うんですか!僕だって頑張って生きてるんです。そんな全否定されたら……もう……。

博士 泣くな泣くな。そりゃ君だって頑張ってる。だけどな、さっき君が挙げたような場所では、そんな君の頑張りなんて全然伝わらないんだよ。
合コン、異業種交流会、出会い系サイト……これらはすべて、短期間で勝負が決まる場所だ。こういう場所では、外見の良さや肩書き、収入など、ぱっと見てわかる価値が圧倒的に強いんだ。

山田君 でも、人の価値ってそれだけじゃないっすよ!

博士 もちろんだ。人の価値はさまざまだ。
ただ、そのさまざまな価値が、すべて同じようにわかってもらえると思ったら大間違いってことなんだよ。

山田君 どういうことですか?

博士 見た目や肩書きは、見た瞬間、あるいは自己紹介をした瞬間にわかる。
一方で、誠実さや優しさといった内面的な価値はわかってもらうのに時間が必要だ。
君が「優しさだけなら誰にも負けません」と言ったって、合コンでそれを証明する方法はないだろう?
そんなふうに、人の価値には、それぞれわかってもらうのに適した時間のスケールがあるんだよ。
それを、短期、中期、長期と3つに分けてみると分かりやすい。
この短期、中期、長期のスケールには、それぞれ合った出会いの場所がある。だから、出会いを探したいなら、自分の価値を伝えやすい場所に行かないと、効率が悪いんだ。

山田君 えーっと。例えば、どういうことですか?

博士 見た目が良い、高収入など一瞬でわかる価値を持っているなら、合コンや出会い系サイトなど短期的に価値を判断される場所にどんどん行けばいい。たくさんの異性にまとめて会えるから、いい相手が見つかる確率も高まる。
でも、そういう価値を持っていない人が短期的な場所で頑張っても、なかなか報われない。それこそ、毎週合コンしたり、毎日メールを何百通も送って、ようやく数人ひっかかる程度だろう。

山田君 確かに、僕、合コンから発展したことってないですね……。

博士 やはりな。
もし自分が短期的な価値を持っておらず、誠実さや優しさなど、時間をかけないと伝わらないものが自分の価値だと思うなら、職場やサークル、SNSのコミュニティなど、長期的に交流を続ける場所で出会いを探したほうが、効率が良い。
そういう場所なら、少しずつ価値を感じてもらえる。時間はかかっても、このタイプの人が合コンを頑張るより成果は出やすいんだよ。
わかったかな?山田君。

山田君 なるほど!

【モテの定理 第2回】「恋活=合コン」「婚活=婚活パーティ」では結果はでない。

博士 ちなみに、短期と長期の間に、中期がある。
話がものすごくうまくて面白いとか、褒め上手とか、美味しい店を知っているとか、何回か会ううちに「この人、素敵」と思わせるような価値だな。ある種スタンドプレイ的とも言える。この価値を持っていると、職場やサークルなど長い時間一緒にいる場所で、早めに勝負を決めることができる。
こういうタイプの人は、色々な集まりに数ヶ月所属するというパターンを繰り返すのが効率的だろう。
で、山田君。君の価値は、この3種類のどれに当てはまりそうだ?

山田君 そうですね。え〜っと、そうですね。うーんと。
それが……博士、僕の価値って何でしょう?ぱっと見でわかる価値はないし、恋愛慣れはしてないし、優しさって言ってもせいぜい人並みだし……。

博士 なにも、思いつかない……か。
しょうがない、では、そんな君のために、次回は「価値の作り方」を考えていこう。


今回の定理

「価値を感じる時間軸」を知り、それに合った場所に露出すればモテる。


ぐっどうぃる博士の解説

今回は、モテに欠かせない「価値」のお話です。

人にはそれぞれ価値(ここで言う価値とは、相手から見たその人の良さ、魅力といったものです)があり、その価値が多くの人にわかってもらえるほど、その人はモテます。これは、モノで考えるとわかりやすいでしょう。ある商品に対して、価値を感じる人が増えるほど、その商品はよく売れますね。これは人でもモノでも変わらない「モテ」の構造です。

「価値」には、それを感じてもらうために必要な時間があります。渕上博士が語っている通り、僕はこれを「価値を感じるまでの時間の単位」と呼び、分かりやすく「短期」「中期」「長期」に分けています。

恋愛ならば上に挙げた通りですが、例えばこれがビジネスの「モテ」なら

●サービス・商品・個人の、わかりやすさ、もっともらしさ、新しさ、キャッチーさ = 短期
●サービス・商品・個人が、相手の思い通りに動くこと、気が利いていること、短期的な高パフォーマンス = 中期
●サービス・商品・個人が、長期的に安定した利益や成果をだすこと、安全性 = 長期

などと考えられるでしょう。それぞれの価値に合った場所でマーケティングすればモテる、すなわち評価されます。

しかし、多くの人はそこを無視して、恋愛を頑張る=合コンに行く、人脈を広げる=異業種交流会に参加する、など短絡的に考えがちです。つまり「価値を感じる時間軸」を無視して、自分のタイプに合わない場所で頑張ってしまう。「長期」な価値を持つタイプが、「短期」の場所で頑張っても、労力のわりに思うような成果はあがりません。

例えば、恋愛を頑張るために趣味の山登りサークルに入ったり、人脈を広げるために、自分の仕事を完璧こなして影響力のある上司を助けるほうが、成果が上がりやすいこともあるのです。

※なお、この作品はフィクションです。登場人物、団体等、実在のモノとは一切関係ありません。

ぐっどうぃる博士

ぐっどうぃる博士 (恋愛カウンセラー)

理学博士(生命科学専攻)。現在は主に恋愛カウンセラーとして活躍。自身の体験と生命科学的視点を合わせた独自の恋愛メソッドを展開し人気を集めている。悩める女性の恋の問題が解決するサイト『恋愛ユニバーシティ』主宰。
現在、WEB、書籍、雑誌等など多方面で活躍中。また大手企業のマーケティングリサーチや企業のブランディング戦略にも参画。
近著に『振り向いてくれない彼に1ミリも迫らないで恋に落とす本』がある。
他にも『モテの定理』『恋愛マトリックス』(ソフトバンククリエイティブ)、『恋で泣かない女になる61のルール』(講談社)などがある。
ぐっどうぃる博士の経歴はこちら

ぐっどうぃる博士と直接電話相談したい方はコチラ:
https://u-rennai.jp/consult/adviser/2

片思いの悩みを解決する方法のまとめ

関連記事

関連する相談


初めての方へ
会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE