【モテの定理 第4回】見た目や条件の悪い人は、FREE作戦で恋人をゲットせよ!

【モテの定理 第4回】見た目や条件の悪い人は、FREE作戦で恋人をゲットせよ!



登場人物

渕上賢太郎(ふちがみ・けんたろう)博士
モテモテ・アカデミー主宰。数学、生命科学、行動経済学の博士号を持つ。どんな人、モノでも「モテ」てしまう定理をついに発見した。山田君には、定理の本質を理解して自由自在に応用してほしいと願っているが……。

山田君
彼女いない歴=年齢のモテない32歳。モテ男になるため、「純朴でスレていない誠実な人」キャラでセルフブランディングをしようとしているが、どうも間違った方法で実行しようとしているよう。

※この記事は、2011〜2013年までの間に、MSNのニュースサイト・ドニッチにアップされたぐっどうぃる博士の記事の復刻版です。また、男性向けに書かれた記事ですが、女性にも役立つ内容だと考え、このたび恋愛ユニバーシティにも載せる事にしました。


神奈川県某所にある謎に包まれた研究所の一室、モテモテ・ラボラトリー。ここでは「モテ」に関するあらゆる研究が行われており、ブレイクしたいタレントや、新商品をヒットさせたい企業、果ては支持率の回復を狙う政治家までが、助言を求めて日夜訪れる。

前回、自分の価値を「純朴でスレていない誠実な人」に設定してブランディングを行うことが決まった山田君。しかし、そのアピール方法は……。


山田君 博士!僕のブランドが決まったからには、ドンドン押していきますよ~。
これからは自己紹介では必ず、「僕はぱっと見いいとこなしですが、実は素朴で誠実なんです」って言います!

博士 ばかやろう!!本当に素朴で誠実な奴がそんなこと言うか!君は本当に単純だなあ。
言葉でいくら言ってもダメだ。行動で示さないと。
例えば、前回も言ったような、愚痴をちゃんと聞いてあげるとか、重いものを持ってあげる。テレビやパソコンの配線ができないと言われれば、家まで行ってつなげてあげて何もせずに帰ってくる。例え好きな子からでも、恋愛相談されれば協力してやる。
「東に病気のこどもあれば行って看病してやり、西につかれた母あれば行ってその稲の束を負い」の精神だな。

山田君 なんですかそれは!?

博士 宮澤賢治「雨ニモ負ケズ」の一節だ。「欲はなく決して怒らず」というフレーズもあるな。この詩の主人公を君のロールモデルにするといい。

山田君 えーっ、でもそれじゃ僕、損じゃないですか?

博士 それこそがモテない発想なんだよ、山田君。
君はベストセラーになったクリス・アンダーソンが書いた『FREE』という本を知っているか?2009年に発売されてウェブマーケティング業界を震撼させた本だ。

山田君 もちろん買いましたよ!読んでないですけど。

博士 実に君らしい返答だ。
『FREE』で紹介されている戦略は、「本当に価値のあるものなら、最初は無料で味わわせたほうが良い」という考え方をしている。これは、君みたいな一瞬では価値を感じて貰えない人が、その価値を感じてもらうのに、とても適した方法なんだ

フリー戦略の代表は、スマホのオンラインゲームだな。基本的にはタダだから多くの人が使ってみる。そうすると、そのサービスにのめりこむ人、より高い機能を欲しがる人が出てくる。そういう一部の人にプレミアムなサービスを有料で提供し、そこから利益を得る。これはフリー戦略の一つ、フリーミアムと呼ばれているものだ。
恋愛においても、この“フリー戦略”は使えるんだよ。

【モテの定理 第4回】見た目や条件の悪い人は、FREE作戦で恋人をゲットせよ!

山田君 えっ、どう使えるんですか?

博士 これまで話してきたように、山田君にはぱっと見でわかる価値がない。だから今、周囲の女性たちは君に価値を感じていない。
そこで、君の価値を、まずは無料で知ってもらうんだ。そして「いいな」と思ってくれる人が現れたところで初めて、プレミアムに移行、すなわち恋愛に発展させる。

山田君 なるほど~。でも、無料で知ってもらうってどういうことでしょう?

博士 見返りを求めないということだな。
いきなり告白してしまったり、下心丸出しで親切にするのは、君の価値を有料で提供することだ。「これだけしてあげるんだから、見返りに君をくれ」ということだな。そうすると、まだ山田君に価値を感じてない相手は、「じゃあいらないわ」となる。
そうじゃなくて、「何もいらない」「(親切に)したいからするだけ」というのが無料、すなわちフリーだ。これなら、とりあえず相手は君の価値を受け入れるだろう。タダだから。
そうすると、そのうち山田君のことを「ちょっといいかも」と思う人も現れるんだ。

山田君 それってどれくらいタダでしないといけないんですか?

博士 君はどうせ、2、3回優しくしたら好きになってくれないかなとか思っているんだろう。そんなんじゃだめだ。
フリー戦略は、ちょっとやそっとのタダではなく、「そこまでやるか!」というところまで無料にすることに意味がある。
普通ならギブ&テイクのところを、ギブ&ギブ&ギブ&……ときて相手が「そろそろ見返りを求めてくるだろうな」と思ってもまだギブ。そこまでして初めて、「いいかも」と思う人が現れてくるんだ。

山田君 しんどそうですねえ……。僕にできるかな。

博士 確かにしんどい、しかし君のようなタイプなら、出会い系サイトでメールを送りまくるより、合コンに毎週行くよりこちらのほうがずっと効率よく質の高い女性をものに出来る。
このフリー戦略を、メンバーの違う最低4つの場所で行うんだ。例えば、サークル、スポーツクラブ、SNSのコミュニティ、職場とかな。

山田君 えっ、1ヵ所じゃないんですか~!?

博士 1ヵ所じゃダメだ。出会いの絶対数が足りない。多くの人にタダで提供し、その一部がプレミアムな顧客になる、それがフリー戦略の基本だ。
(独り言)まあ、フリー戦略も、ある方法を使えば、より手っ取り早くなるが。

山田君 そ、その方法も教えて下さ〜い!!!


今週の定理

自分の価値をわかってもらうまではタダで提供し続けよ


ぐっどうぃる博士の解説
2009年にビジネスの世界で大いに注目され、今や常識になりつつある『FREE』。本の中では、モノやサービスに関する「フリー戦略」が語られていますが、これは人間関係にも応用できることです。

恋愛シーンでの使い方は、渕上博士が山田君に指南している通りですし、ビジネスシーンなら、他の人なら絶対に対価を要求するようなことをタダで行うことで、顧客、人脈を開拓していくことができるでしょう。特に、まだ価値がよく知られていない状態から「モテ」を目指すなら、フリーはとても有効な戦略です。

フリー戦略を行う時に気をつけたいのが、本当に価値のあるモノを無料にするということ。

よく「タダだからタダなりのものを用意すればいいだろ」と思っている人がいます。しかし、低質なものをタダで味わわされても、人はそこに価値を感じません。企業のウェブプロモーションでは、特に上層部の人がこういう考え方をしがちで、よく失敗しています。

恋愛やビジネスパーソンとしてのモテでも、「タダでやってあげるんだから、ここまでで良いだろう」という考え方を捨てて初めて、フリー戦略は成功するのです。

※なお、この作品はフィクションです。登場人物、団体等、実在のモノとは一切関係ありません。

ぐっどうぃる博士

ぐっどうぃる博士 (恋愛カウンセラー)

理学博士(生命科学専攻)。現在は主に恋愛カウンセラーとして活躍。自身の体験と生命科学的視点を合わせた独自の恋愛メソッドを展開し人気を集めている。悩める女性の恋の問題が解決するサイト『恋愛ユニバーシティ』主宰。
現在、WEB、書籍、雑誌等など多方面で活躍中。また大手企業のマーケティングリサーチや企業のブランディング戦略にも参画。
近著に『振り向いてくれない彼に1ミリも迫らないで恋に落とす本』がある。
他にも『モテの定理』『恋愛マトリックス』(ソフトバンククリエイティブ)、『恋で泣かない女になる61のルール』(講談社)などがある。
ぐっどうぃる博士の経歴はこちら

ぐっどうぃる博士と直接電話相談したい方はコチラ:
https://u-rennai.jp/consult/adviser/2

片思いの悩みを解決する方法のまとめ

関連記事

関連する相談


初めての方へ
会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE