恋愛がうまくいかない原因は?仲良しカップル&夫婦のコミュニケーション術

恋愛がうまくいかない原因は?仲良しカップル&夫婦のコミュニケーション術

どうして恋愛がうまくいかないの?

いつも恋愛が長続きしなくてうまくいかない、ラブラブなカップルや仲良しな夫婦を見ると、自分とは何が違うのか考えてしまう…。

そんな悩みの原因は、もしかしたらあなたの恋愛におけるコミュニケーションにあるのかも。

「もっと長続きする幸せな恋愛をしたい!」と本気で願っているのなら、ちょっとしたスキルを身につけるだけで、あなたの恋愛は劇的に好転するかもしれません。

今回は今すぐ実践できる、幸せな恋愛ができるコミュニケーションスキルについて見ていきましょう。

「私のこと好き?」「最高におしゃれしてきたよ、どう思う?」はNGワード

恋愛がうまくいかない原因は?仲良しカップル&夫婦のコミュニケーション術

彼に対して「私のこと好き?」「今日は最高におしゃれしてきたよ、どう思う?」とよく質問していませんか。実はこれは彼との関係を円滑したいなら、NGワードです。

あなたが努力をして最高のおしゃれをしてデートに行ったとしても、どんなに彼のことが好きでも、実は彼はそこまでそう思っていないこともあるかもしれません。また、もし本当にそう思っているのなら、彼自身から伝えてくることも多いでしょう。

デートのために努力したあなたは、彼の気持ちを確認したくてつい質問してしまいたくなるかもしれませんが、あなたがしている努力は、彼に愛されるためのもの。そうであるなら、自分の努力を伝えない方が効果的です。

彼の欲しがっている回答をしてあげる

基本的にラブラブなカップルや、恋愛の上級者は「彼の気持ちを確認する」のではなく、「彼が欲しがっている回答をしてあげている」ことが多いです。

たとえば、「今日は仕事本当に大変だったけど、なんとか時間つくったよ」と彼が言ったら「ありがとう!忙しかったのに、すごく嬉しいよ」と答える、「このデートスポットすごく人気なんだって」と言ったら、「連れてきてくれてありがとう!すごく素敵だね。」と答える、「俺のこと好き?」と聞いてきたら「もちろん!」と答える、など。

このように、彼を喜ばす基本は、もしそれが本心でなかったとしても、彼が欲しがっている答えをあげることです。

恋愛が上手な人は、どこまで相手に自分を出すべきか、あるいは自分をどこまで隠すべきかを心得ています。

常に相手の気持ちを確認していると、相手は「いつも彼女のことを喜ばせなければいけない」というプレッシャーを感じて重い存在と思われてしまうこともあります。

恋の上級者は、時々、「今日の料理、一生懸命作ったんだよ」とアピールするでしょう。でもそれは、自分の努力を伝えるためではなく、「私は、あなたのことをこんなに好きだよ」と彼に安心感を与えるためだったり、「私を褒めるチャンスだよ」というメッセージを含んでいます。

男性は「女性を喜ばせたい」という欲求を本能的に持っているもの。それを上手に引き出すためのテクニックとして、ここぞというときに使えるようになるといいでしょう。

彼が許せなくてケンカばかり…もしかして私達合わないの?

恋愛がうまくいかない原因は?仲良しカップル&夫婦のコミュニケーション術

彼の言動が我慢ならなくて、ケンカばかりになってしまっているなら、原因は一体なんなのかを考えてみましょう。

彼のことが理解出来ない女性の多くは「ちゃんと説明すれば、彼は分かってくれるはず」と考えています。あなたが正しく、彼が間違っていると思っているからです。

でも、彼は自分を変えずにまた同じ間違いを繰り返すかもしれません。また、そんなことが続くと、「なんでこんなに言っているのに、直してくれないんだろう」「もしかして馬鹿な人なのかな…?」と感じ、彼への気持ちが冷めてしまう人も多いことでしょう。

これらのケンカの原因は「価値観の違い」にあります。

彼に期待しない

彼の言動が許せないのは、彼に対する期待が大きいからです。

「男はこうあるべき」「恋人ならここまでしなきゃ」と、思っていませんか。

このような女性には、男女の違いに関して書かれている恋愛指南書を読むことを勧めます。ジョン・グレイ博士の書いた著作を読んでみましょう。

ラブラブのカップルや、いつまでも仲の良い夫婦は、たとえ無意識だったとしても男女の違いをきちんと受け入れて行動しています。「彼は、これは得意だけど、あれは苦手だから私がフォローしてあげよう」「デートで遅刻しても、なにか理由があるかもしれないんだから、まずは彼のことを怒らずに理由を聞こう」など、過剰な期待を寄せて相手にとってプレッシャーを与えることはしていません。

「相手も人間なのだから、できないこともある」ということを自然に受け止め、いい意味で期待をしすぎていないのです。

このような思考を身につけると「ああ、それは仕方がないことなんだ」と思えることもあるでしょう。さらに「彼はそれが出来ない人なんだ」とラベル付けすることで、彼が許せるようになることもあるでしょう。

彼に許せないことが多い人は、普段から許せないことが多かったりします。それを避けるために、普段から物事を「どっちでもいい」と軽く考える訓練をしておきましょう。

不安から、つい感情的になってしまう…

恋愛がうまくいかない原因は?仲良しカップル&夫婦のコミュニケーション術

最近帰りが遅くなった、もしかして浮気してる?連絡してもなかなかつながらない、デートも遅刻ばかり…、恋愛でそのようなトラブルが起こるとすぐに泣いたり、感情的になったり、「もう別れる!」といっていませんか。

恋愛がうまくいかないと悩む女性の多くが、これらを「相手を思い通りにするための切り札」だと考え、多用します。

たとえば「もう別れる!」と言えば、言った直後から、仕事最優先だった彼が、自分のために時間を使うようになったり、ほかの女の子と遊びに行くのを控えたり、デートに遅刻しなくなったりすると知っているからです。

しかし、この切り札は彼を不安にさせます。

なにかあるたびに彼女から「別れる!」と言われたら、彼はそのストレスから身を守ろうと、別れを受け入れることを考えるようになっていきます。

また、すぐに泣いたり、感情的になった場合も、彼はあなたを重く感じ「このストレスから逃れられるなら別れたほうがいいのかもしれない」と考え始めるかもしれません。

そうして、彼は別れたときのメリットとデメリットを冷静に考えるようになっていくでしょう。

不安は恋愛関係を壊すもの

不安がつのると、「本当は浮気しているんじゃ…」「さっきのLINEは女性から?」など、何もかもが疑わしく思えてきます。

そしてそんな気持ちが暴走して彼を責め、その結果、彼にうんざりされてしまう女性は少なくありません。不安から彼を束縛したり責めたりした結果フラれるのは、恋愛における典型的な破局パターンです。

まずは不安になっても、「毎晩必ず電話して!」「スマホのロックは禁止」など、自分の欲求ばかり彼に突き付けるのは控えましょう。

あなたが彼に不安を感じるのなら、自分の望みよりも"彼の心を惹きつけること"を優先しましょう。

2人でいる時に居心地のよさを提供し、「放っておいたらほかの男性にとられてしまうかもしれない」と思わせる適度な距離を保つことが必要です。

"小悪魔"と呼ばれる女性たちは、「放っておいたらほかの男性にとられてしまうかもしれない」と思わせるポイントを押さえています。だからモテるのです。

不安でどうしようもないときは、同じ悩みを持つ友達と助け合うことが出来ると不安は軽くなります。

不安になっても、「ここで連絡しちゃ彼に嫌われるよ」「彼から連絡が来なくても、気にしなくてもいいよ、よくあることだよ」などと、励まし合ったり、優しいコメントをお互いに出し合うことで、不安は軽減されるでしょう。

恋愛ユニバーシティ編集部

恋愛ユニバーシティ編集部

「恋愛に悩むすべての人を笑顔にしたい!」
恋愛理論・攻略法が学べる日本最大級の恋愛ポータルサイト・恋愛ユニバーシティから、あなたの恋愛の悩みを解決するヒント満載の記事をお届けします。
恋愛カウンセラー・ぐっどうぃる博士をはじめ、大人気恋愛カウンセラーの方々による『恋愛の極意』を凝縮した、恋愛に使えるヒントがいっぱいです。

「離れてしまった彼の心をとりもどしたい」、「別れた彼と復縁したい」「付き合っている彼ともっと仲良くなりたい」「今年こそ婚活を成功させて結婚したい!」「片思いの彼を振り向かせたい」「恋愛に効くLINEの返信術を知りたい!」…などなど今すぐ実践できる、恋愛の心構えやテクニックをお送りします。
あなたの恋愛の悩み、恋愛ユニバーシティで解決してみませんか?


http://u-rennai.jp/


LINE公式アカウント:友だち追加数

恋人に関する悩みを解決する方法のまとめ

関連記事

関連する相談


初めての方へ
会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE