“SNSで恋”はもう当たり前!ネットを上手に活用する方法

時代に合わせて恋も変化。

時代に合わせて恋も変化。

LINEが既読なのに返信が来ないことが切ないラブソングの歌詞になるほど、SNSが身近な時代。Facebookやtwitterをチェックすればいつも誰かと繋がっていられるし、電話番号を知らない相手でもアカウントがあればすぐに連絡ができてしまいます。人と人との繋がりがゆるく広くなった今、時代遅れなスタイルでは、恋のチャンスを逃してしまうかも?そこで、恋愛アドバイザー・AKI先生にSNSを活用した“今”の恋愛スタイルについて教えていただきました。

20代はFacebookなどのSNSを通して恋人になるケースが増えています。子供のころから携帯を持つのが当たり前だったことに加え、映画やドラマで多くのネット恋愛が取り上げられたりしたこともその理由の一つです。

30代・40代は人によっては「ネットで出会いなんて軽い…」と思うかもしれませんが、「出会いがない」と嘆いているなら、その第一歩として、SNSを積極的に活用してみてはいかがでしょう。

■オススメはFacebook
僕のお勧めはFacebookです。同じ趣味が集まるオフ会やお見合いパーティなど、気軽に参加できるコミュニティがありますし、特に若い世代はまったく知らない人でも1人友達が挟まっていれば(友達の友達)、つながることに躊躇がなく、全体的にもその傾向が強くなりつつあるので、会ったことがなくても繋がりを広げることができます。「友達かも」の表示はもう繋がれるチャンス信号ですよ。

■仲良くなったらLINEへ
LINEはメールの代替ツールで、スタンプの発展でメールより感情の表現が楽なので、今はメールよりラインのみでコミュニケーションをとる若者が増えています。なので、出会いの門はFacebookで、仲良くなったらLINEに移行していく流れがベターでしょう。

■twitterはハードルが高い
ちなみにtwitterは「共感してほしい!」という強い思いで一方的に発信するツールで、リプ(返信)がきて感情が満たされた瞬間、満足してしまいますし、やりとりが外部に見られるのでFacebookよりハードルが高いです。

CHECK!Facebookを上手に活用して出会う方法!

CHECK!Facebookを上手に活用して出会う方法!

1.まずは友達を増やす
恋愛をしたい方はとりあえず一人でも多く友達を増やしましょう。でないと何も始まりません。

・出会いの場に行ったら、直接アドレスを聞くより「Facebookはやっていますか?あとで探しますね!」とアクションを毎回起こすこと。直接番号を聞くよりいやらしくないですし、ハードルも低いです。

・「友達かも」の欄から積極的に友達申請をすること。Facebookは交友関係を広げるツール。みなさんが考えている以上に自然でしかも有効です。

・名刺をもらったら、Facebookで相手のアカウントを探すことも忘れずに。

2.イベントに参加する
Facebookにはたくさんのイベント情報があります。ただ同じ趣味について語り合う会や、勉強会、派手なパーティやお見合いイベントなど。とにかく一人でも行けるような出会いの場が溢れています。ここに来る人たちは交友関係を広げたいと思って来ているので、仲良くなりやすいです。勇気を出して行ってみましょう。

はじめは大人数の場にいって、慣れたら少人数のコアな集まりにも行ってみてください。大人数はチャンスを多いですが、少人数のほうが、距離が縮まりやすいです。

3.「いいね!」をたくさん打つ
気になる人にコメントしたり、直接メッセージを送るのが恥ずかしい方は、「いいね!」をたくさん使うクセをつけましょう。誰でもリアクションをしてもらえる事はとても嬉しいですし、常に気にかけてくれているんだと錯覚します。「いいね!」を押す事が自分を気にかけてもらう第一歩。とにかく投稿を読んだら「いいね!」です!是非実践してみてください。

4.マメに更新する
Facebookの良さは、会ってもないのにたくさんの情報を知ることができる点です。なので、マメに更新して、色々な人に自分を知ってもらいましょう。

もちろんポジティブな内容を多くしてください。この子と遊んでみたい、一緒にいたら楽しそうと思わせることが大事です。あとは趣味について書くと共通の趣味の人が絡んでくれる可能性が増え、会う口実にも繋がりやすいです。

異性とデートまでたどりつけば、既に自分の事を知ってもらっている分、会話に詰まりにくくなります。想像していた性格と違っている場合も、それがギャップになって恋がいい方向に進んだりします。

5.お付き合いがスタートしたら
依存しすぎないようにしたほうがいいです。付き合う前は「男女問わず友達が多い人で素敵だな」と思っていたはずが、仲良くなると、「一緒に写ってるこの男(女)は誰?」と嫉妬されたりします。アメリカでは離婚の原因の3割がFacebookだったりしますからね。本命の人ができたら、使い方にも注意したほうがいいかもですね。

ネットを駆使して素敵な恋人を見つけてみてください!


<関連記事>
コメントで上手に相手を褒めよう!
『男が喜ぶのはコレ!! “タイプ別・褒めポイント”をチェック』

AKI

AKI (若手芸人/恋愛アドバイザー)

成城大学卒。大学在学中に全日本お笑い選手権お笑い全日本カップにて優勝、平成生まれの若手芸人。学生時代から年間50回以上の合コンに参加し、3000人以上の友達を作る。その幅広い交友関係を活かし恋愛におけるイマドキ男子の本音をリサーチ。著書に、女性の恋愛に対するリアルな悩みと疑問に答えた恋愛本『恋KOIコイ』(近代映画社)がある。アマゾンタレント本ランキングで最高2位を獲得。大学卒業後すぐにCBCラジオ・テレビにてレギュラー番組がスタート。その他、イベントMCや雑誌への連載など幅広く活躍中。
ブログ:http://ameblo.jp/tomoyama-akihiro/
『恋KOIコイ』(近代映画社)

関連記事

関連する相談


初めての方へ
会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE