結婚したいすべての女性へ、今から一年以内に幸せな結婚する方法をご紹介


結婚したい!一年以内に幸せな結婚をするには?

何が何でも結婚して幸せになろう!

2015年に実施された「第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」によると、ほとんどの未婚女性が結婚をしたいと思っているようです(89.3%)。

その結婚は、しかるべきタイミングで、しかるべき相手と、しかるべき駆け引きをすれば簡単にできます。結婚している女性は、この3つが運が良く満たされたので、できたのでしょう。

一方で、この3つを逃すととたんに結婚が難しくなります。それらを逃した女性は、あまりに結婚することが難しいので、先の見えないつらい婚活に「そもそも、結婚する意味はないかもしれない」と考えるかもしれませんし、「私は結婚に向いてないのかも」と思うかもしれません。それで結婚を諦められれば楽なのですが、結婚したいという気持ちはとても大きなものです。

さて、僕(ぐっどうぃる博士)は、2011年に『結婚を考え始めた女(あなた)へ』(三笠書房)の中で、どのようにしたら、最短で、最も努力をせず、最も理想的な男性と結婚できるかについて書きました。結婚を運だけではなく、結婚するためのタイミング、相手、駆け引きを書きました。

この本はおかげさまで多くの女性に読んでいただき、文庫本にもなりました。
この本を書いた後、さらに何年もかけて、いろいろな世代の色々な結婚を望む女性の相談にのり、「結婚するための方針やテクニック」を熟成させてきました。

このページでは、結婚したいあなたに、その最善かつ実践的な考え方やメソッドを紹介し、運に頼らず、最短で、最も努力をせず、最も理想的な男性と結婚できる方法をお伝えしたいと考えています。

【無料】あなたの理想の「結婚相手」を探さない?2分で完了「結婚力診断」[AD]

1. あなたが結婚するために必要なものを知る(なぜ、あなたは結婚できないのか?)

あなたが結婚できない理由は大きく分けて2つあります。一つは努力が足りないことです。確かに幸運な女性はいとも簡単に結婚しますが、そうでないなら、あなたが相手の男性と籍を入れるまで、一貫した、たゆまぬ努力をする必要があります。

何においてもそうですが、目標に到達できない人のほとんどは、途中で投げ出してしまうのです。

もう一つは、正しい方法を知らないということ。たとえば、自分の魅力が伝わりづらい場所で婚活をしていると、いつまでたっても成果を得られないでしょうし、全く結婚する気のない恋人と結婚をするのは至難の技で、腐れ縁のような恋人に何年も時間を費やし、ついには婚期を逃す女性は多いです。

以下では、まず正しい方法について述べていきます。

2.まずは「結婚できる相手選び」から

多くの女性は、好きになった相手と結婚する方法を知りたがります。しかしながら、これは間違っています。もしあなたが結婚をする気のない男性と付き合ってしまったら、結婚はとたんに難しくなります。一方で、いますぐ結婚したいという男性と付き合うなら、結婚は驚くほどあっさりと決まるでしょう。

つまり、結婚をするには、「好きになった男性をどうやって結婚に導くか」ではなく「今すぐ結婚したがっている男性とどう付き合うか」が重要だということです。

「今すぐ結婚したがっている男性とどう付き合うか」に関して、もう少し深掘りしていきます。世の中のあなたと付き合う可能性のある男性は3つに分類できます。

1)永久に結婚する気のない男性
2)いつかは結婚するけど、今じゃないと考えている男性
3)今すぐ結婚したい男性

1の「永久に結婚する気のない男性」は、僕がこれまで相談に乗ってきた主観で言えば、1割程度います(これは統計的な調査をしたわけではなく、印象です)。ただし、この男性は、その時「永久に結婚しない」と思っているだけで、たとえば5年後には変わるかもしれません。とにかく、今この瞬間に「永久に結婚することはないだろう」と思っている男性です。若い男性や遊び人の男性、既婚男性であなたにアプローチしてくる男性がこれに含まれます。

2の「いつかは結婚するけど、今じゃないと考えている男性」は全体の8割を占めます。多くの男性が、いつかは結婚するけど今じゃないと思っているということです。

3の「今すぐ結婚したい男性」は全体の1割しかいませんが、この男性と付き合えばすぐに結婚できます。

この3の男性と付き合うのが、結婚への最短の道ということです。

重要なことは、26歳くらいまでは、1、2、3のすべての男性があなたと付き合いたいと思うでしょう。あなたが27歳から32歳(東京では34歳)になると、2の「いつかは結婚するけど、今じゃないと考えている男性」の多くが消えます。付き合えば、結婚を考えなくてはならないからです。つまり、ここで8割の男性が消え、目に見えてモテなくなったと感じるようになります。

33歳(東京では35歳)を過ぎると、結婚を真剣に考えている男性の多くもいなくなります。結婚を考えている男性の多くは、子供が欲しいと考えていて、それゆえ若い女性との結婚を望んでいる人が主だからです。見た目年齢ではなく、実年齢です。これは多くの女性が結婚相手にある程度高い年収や、安定した仕事を求めるのと似ています。

33歳(東京では35歳)を過ぎた女性でも、見た目の良い女性は、それでも相変わらず男性からアプローチをされるでしょう。それゆえ、気づきにくいのですが、確実にその女性にアプローチする男性の種類が変わっていて、そのほとんどは「1)永久に結婚する気のない男性」になっているということです。

これらのことから、32歳までに、3の男性と付き合い、しかるべき駆け引きをするというのが、結婚をする最短の道になるでしょう。

もちろん、真剣に結婚を考えている女性たちの中にも、男性の年収にこだわりがなく、どんなに不安定な仕事でも気にしない女性がいるように、真剣に結婚を考えている男性にも、実年齢にこだわっていない男性はいると思うので、全体として、そういう傾向があると思っていてください。

では、結婚をしたがっている男性はどのようにして見分ければ良いのでしょう? 実は、結婚をしたい男性は以下の条件の多くが揃っています。

2−2 男性が結婚を考える7つのスイッチ

男性は、結婚を真剣に考える直前までは、まったく結婚のことを考えていないと思って良いでしょう。「結婚を考えている」と口で言っている男性も、その多くは、あなたと付き合いたいから殺し文句として言っているだけだったり、場合によっては体の関係を持つためだけに言っていたりします。もしその男性が、本気で「結婚を考えている」と言ったとしても、「今じゃないけど、いつか結婚をしたい」という意味だったり、「今すぐ結婚したいということはないけど、あなた以外の女性と結婚する気は無い」くらいの意味だったりします。つまりは上に書いた「2)いつかは結婚するけど、今じゃないと考えている男性」なわけです。

したがって、言葉はあまりあてになりません。では、どのように見極めれば良いか、それは僕が以前から提唱している「男性が結婚を考える7つのスイッチ」です。7つのスイッチを参考にすることでしょう。

このスイッチをまずは簡単に説明します。

1)その女性の居心地が良い

→彼がその女性と結婚したいと思うほど居心地が良い。
ダメ出しや要求が少なく、彼を振り回さない。

2)その女性の市場価値が高い

→彼がその女性を手放した時、その女性以上の女性が手に入ると思えない。

3)彼の市場価値が低い。

→彼自身が自分がモテると思えないでいる。
この2と3はインタラクティブである。つまり彼の市場価値が落ちればその女性の市場価値が高まり、彼の市場価値が高まればその女性の市場価値は落ちる。

4)経済的に安定している。

→家族を養えるほどの余裕があり、しかもこの先3年は安定するだろうと彼が思っている。

5)彼と彼のアイデンティティが一致している。

→彼自身の夢が叶ったか、もしくは諦めた。
たとえば、彼がお笑い芸人を目指している場合、お笑い芸人として売れれば結婚を考え、お笑い芸人を諦めてどこかに就職すれば結婚を考える。売れないお笑い芸人をしている間は結婚を考えられない。
夢が順調に叶う方向に進んでいて、このままなら心配がない状態になると思っていれば結婚を考える。

6)周囲が彼に結婚を促す状況になっている。

→職場の同じ歳の同僚がほとんど結婚しているとか、最近友達の間で結婚ラッシュがあったなど、「その年齢、その状況なら結婚をするのが普通」という環境になっている。

7)恋愛回路が出来ている。

→恋愛回路とは簡単に言えば「特定の相手に本気で恋をしている状態」のこと。彼がその女性に本気で恋をしていれば、結婚を考える。

これら7つのスイッチの多くがオンになっている時、男性は真剣に結婚を考える土台が出来上がったということになります。あとで言いますが、だからと言って、今すぐ結婚しようと思っていないこともあり、イベントと僕が呼ぶ、一連の駆け引きをすることで、男性は結婚を決意します。一方で、この7つのスイッチがオフになっている場合、イベントを起こせば彼は別れを選ぶでしょう。

さて、付き合う相手を選ぶ時、この7つのスイッチがオンになっているかどうかを見積もるのはとても重要になるでしょう。このスイッチの多くがオフであれば、あるいは「失業中」「バンドをやっていて、夢を追い続けている」など、スイッチが大きくオフになっている男性は、避けた方が無難でしょう。そういう相手を選ぶと、その時点であなたが婚期を逃す可能性が高くなります。そういう男性を好きにならないことです。

2−3 相手の本質を見抜く方法

結婚はできれば良いというものではありません。相手によっては、人生を不幸なものにしてしまいます。こんなことなら独身の方が良かったと後悔したり、結婚する前より孤独になったり、一日中相手を憎しんだりすることになります。

結婚への道があまりに大変すぎて、「とにかく誰でもいいから結婚したい!」「結婚できれば、なんでも良い」と考えたり、結婚と恋愛は同じものと思っていて、深く考えずに「一番好きな人」と結婚する女性がいますが、それはどちらも大きな間違いです。とてもリスクの高い行為です。

私たちは一度結婚すれば、そのあと40年、50年と同じ相手と運命を共にします。少なくともそういう覚悟をしているはずです。その視点でいうなら、結婚をすることを目標にするのではなく、「不幸にならない結婚をする」を目的にすべきです。

ここで「幸福になる結婚をする」ではなく、「不幸にならない結婚をする」と書いた理由は、結婚に多くを望むべきではなく、避けるべき大きなリスクを避けることを前提に考えましょうという視点から言っています。

というのも、結婚は、慎重になり過ぎればできなくなってしまうからです。最高の結婚を求めるのではなく、どうしても避けるべきリスクだけを避けるが無難な考えとなるでしょう。あなたが自分の入った大学や職場にそれなりに満足しているならわかるでしょう。よっぽどのブラック企業でもない限り、入ってしまえば、あなたの相手に対する関わり方や、あなたの考え次第で十分に幸福になれるということです。

3.出会いがないと悩んでいるのなら

ここまでを簡単にまとめれば、
「あなたが32歳になるまでに、今すぐ『結婚したいと本気で考えている男性で、あなたを不幸にしない男性』を選んで、結婚しなさい」ということになります。

これを読んでいる33歳から37歳の女性には、なるべく早く結婚すべきということは言えるでしょう。それ以上の年齢の女性には、また別のアプローチがありますが、それは下の方で述べます。

さて、そういうことを知っていても知らなくても、いい男がいない、普通の男がいないと言う女性は多いです。出会いがないという悩みです。ここでは、結婚につながる出会いについて述べていきます。

最も重要なことは、行動を起こすことです。今月何人の新しい独身男性と会いましたか? 何人とデートをしたでしょう? 婚活の相談にのっていて驚くことは、その多くが全く誰とも会う努力をしていないということです。数ヶ月前にした合コンや婚活サイトでうまくいかず、そのまま何もしていないとか、職場に片思いの相手がいて、その男性に優しく接するだけで、それ以外は何もないとかです。

まず、結婚の候補となりうる男性と会う必要があります。それも1人ではなく、結婚に至るまで何人も会うのです。そのような努力をしていない人、実際に行動をしていない人は永久に結婚できないと思ってください。

3−2 婚活に不可欠な「正しい方法」とは

上で述べたことの繰り返しになりますが、
失敗しない結婚をするためには、次の3つをすべて満たす男性を探すことです。

i) 今すぐ結婚したい男性を選ぶ。

これは上でも述べた通り1割程度しかいません。

ii) あなたとあなたの家族を不幸にしない男性を選ぶ。

「あなたとあなたの家族を不幸にしない男性を選ぶ」とは、決してハイスペックの男性を選べということではありません。子供を産む結婚を考えている場合、子供を含む家族が経済的に困らない程度の経済力のある相手、精神的にも肉体的にも自分や家族を傷つけない相手、家族や家庭のためにある程度は自分を犠牲にできる相手、浮気をしない相手、問題から逃げ出さない相手、肉体的にも精神的にも家族を支えられる程度に健康な相手ということです。

iii) あなたを結婚相手として選んでくれる男性を選ぶ

iやiiを満たしていても、相手があなたを選ばないと話になりません。

この3つを同時に満たす男性はどの程度いるでしょう? iを満たす相手が100人に10人なのですから、3つの条件を満たす男性は、100人に1人しかいないかもしれません。したがってあなたは、1人の男性に一喜一憂している時間はありません。そんなことをしていたら結婚にはたどり着けないでしょう。1人の候補に費やす時間や労力を、効果のある範囲で最小にし、多くの候補となりうる男性と会い続けないとなりません。執着は邪魔でしかありません

3−1 最短で理想の男性に巡り会える方法

出会い方にはコツがあります。そのコツをここではお話しします。
一つは「ショートカットを利用する」ことで、もう一つは魅力的になることです。
まずは、ショーットカットを利用するに関して述べます。
ショートカットは5つあります。説明しましょう。

i)エディター

僕が考えるエディターとは「ある集団で信頼され影響力を持つ人やモノ」のことです。たとえば、「男の友達がたくさんいる人」がいて、その人があなたを「結婚に向いた素敵な女性」と思っているなら、その人に男性を紹介してもらったら、すぐに結婚相手候補に会うことができるでしょう。

ii)レコメンダー

あなたと相性や趣味の合う人を紹介してくれる人です。たとえば、あなたがピアノを弾くのが上手なら、バイオリンが弾ける男性を紹介するという感じです。
Amazonなどで、この本を読んだ人は、この本も読んでいますと紹介してくるのもレコメンダーです。
あなたは、自分の特技や趣味を色々な人に言っておく必要があります。

iii)プロモーター

これはあなたを宣伝してくれる人たちです。プロモーターはあなたが結婚に向いていないと感じたら、それも言いふらすので要注意です。一言で言えば口コミをする人たちのことです。
彼ら一人一人は力がないのですが、彼らの一部はエディターやレコメンダーと繋がっています。結婚は1人の結婚相手にたどり着けばゴールです。したがって、周りの誰もおろそかにできません。あなたが浪費家だったり、家庭的でなかったりすると誰かに思われれば、その噂がいつの間にか広がり、結婚相手にたどり着きにくくなるでしょう。誰の頭の片隅にも、あなたが結婚を考えていて、かつあなたが結婚に向いている女性と思われていることが重要です。

iv)モディファイヤー

これは、あなたにダメ出しをする人たちです。モディファイとは「修正する」という意味で、あなたを結婚相手から選ばれる女性に修正してくれる人をさします。モディファイヤーの「もっとこうしたほうがいい」「もっとこうすべきだ」という助言の言う通りに変わると、急にモテるようになり、相手が見つかったりします。

v)ハブ

ハブとは、人々が集まるところです。ここでは結婚を真剣に考える場所に行けば、結婚しやすくなるということです。婚活サイトもハブになるでしょうし、独身の男性がたくさん参加する会社のイベントもハブになるでしょう。Facebookもハブですね。そこで昔の友達や同僚とどんどん友達になることで、目的の相手に近きやすくなります。独身男性の知り合いがたくさんいる人もハブと言って良いです。

この5つを利用することで出会いの効率を高めましょう。
このショートカットは、あなたが魅力的であることで初めて意味を持ちます。
 
出会い方の、二つ目は魅力的になることです。
魅力がなければ、あなたが結婚相手候補と出会える可能性は低くなるでしょう。
男性が女性を見るときの魅力は4つに集約されます。

詳しくはそれぞれのURLを見て欲しいのですが、まとめれば以下になります。
性的な魅力」「パートナーとしての魅力」「結婚相手としての魅力」「自由を邪魔しない魅力」。この4つ以外の魅力は男性にとって意味がありません。もし、男性がそれ以外のあなたの部分を魅力的だと言ったとしても、それは真実ではなく社交辞令かサービストークだと思ってください。たとえば見た目の綺麗な女性に、「海外旅行の経験がすごく豊富で、話が楽しいから、そこを好きになった」と男性が言っても、実はその男性は見た目を好きになっていて、その女性が褒めて欲しいところを褒めているだけだったりするということです。そのようにして男性に踊らされ、浮いてしまっている女性は少なくありません。

魅力は、2つのグループに向けて与える必要があります。一つ目は、あなたの結婚相手の候補たちのグループ。もう一つはあなたをその候補に繋げてくれるショートカットの役割を持つ人たち。まずは「ショートカットの役割を持つ人」に気に入られて、彼らに「この人は結婚相手として向いている女性なので、友達に紹介したい」と思わせ、そして結婚相手の候補に紹介してもらう(あるいは前者に紹介してもらいやすいように変えてもらう)ということです。

このショートカットを利用すれば、利用しないより10倍、100倍以上の効率で理想の相手に出会うことができます。

3−3 アラサー女性が結婚するための条件

アラサーになると急にあなたはモテなくなるでしょう。理由は2つ。見た目の魅力が20代前半より少なからず衰えること。そして付き合ったら結婚を考えないといけないと男性が勝手に考え、あなたと付き合うことを躊躇することです。

一方で、アラサーは結婚を真剣に考える男性がアプローチをしてくる年齢でもあります。これが32歳を超えるとそれらの男性からのアプローチも消えてしまう。

したがって、アラサーが結婚するには、これまで述べたことを素直に実行すること、しかも急ぐことです。一歳年をとるごとに極めて結婚が難しくなると思ってください。上で一度述べたことの繰り返しになりますが、結婚を真剣に考えている女性の中にも、男性の年収や仕事の安定を気にしない人がいるように、女性の年齢を気にしない男性もいます。ですがそれは少数。

あなたが一歳年をとるごとに男性の年収が50万下がると考えると参考になるでしょう。ちなみに32歳は年収380万の男性と同等と考えると深刻さを感じられると思います。

3−4 アラフォーでも結婚できる女性の特徴

アラサーの項目で急いで結婚しろと言いましたが、アラフォーでもそれは同じです。若ければ若いほど結婚はしやすいでしょう。

ただ、少ないで数ではありますが、30代後半でも、40代前半でも、もっと言えば50代でも結婚している人はいます。年齢に関係なく結婚できる人たちです。そのような人の特徴は以下の4つです。

i) 女性らしさを捨てていない

見た目を磨き、女性らしさのある女性であることはとても重要です。仕事柄たくさんのアラフォー女性、アラフィフ女性を見てきましたが、全員が女性らしさを持っていました。

ii)結婚を深く考えていない男性を選ぶ

36歳を過ぎると、結婚を真剣に考えている男性からすると価値の低い女性になってしまいます。というのも、その多くが子供を産むことを考えているからです。世間体を気機にする男性も多いでしょう。また親がアラフォー女性との結婚を許さないというケースも少なくありません。

ですが、結婚は結婚を真剣に考えている男性だけがするものではありません。恋に落ちて結婚をする、一緒にいて居心地が良いから結婚をする、結婚をしても独身の時の自由が減らないから結婚をするという男性もいます。これが狙い目となります。

結婚を真剣に考えている男女が集まっている場所で、アラフォー以上の女性は不利となります。たとえば、結婚相談所は、結婚を真剣に考えている男性が多く参加しているので、苦戦するでしょう。ただそのような場合でも、数万人が集まるようなマッチングサイトなら、結婚を真剣に考えていない男性も参加しているため、相手を見つけられる可能性はあります。

iii)勢いで結婚する

僕の周りでアラフォー以上で結婚している女性は、深く考えずに結婚をしています。その中には3回目の結婚をしている人も多く含まれています。一生に一回だからと怖がりすぎず、ある程度冒険をすることがこの年齢の結婚には必要となります。

iv) 結婚しないと思ったら見切りを付ける

結婚を真剣に考えていない男性と付き合ったとしても、その男性が半年を過ぎても結婚を嫌がるなら躊躇なくその相手を切る必要があります。

3−5 医者・弁護士…高スペックな彼と出会うには

高スペックな男性と結婚するために、医者や弁護士が参加する合コンなどに行く女性は少なくないでしょう。ですが、それはおすすめしません。競争率が激しく、勝つのが大変だからということと、そのような場では男性も女性をスペックで見るというのがその理由です。
興味深い事実は、人はいつも自分の周りにいる相手から結婚相手を選ぶということです。医者であれ、弁護士であれ、大手広告代理店の社員であれ、その多くが職場の同僚や、いつも遊んでいる友達の中から結婚相手を選んでいます。
したがって、あなたは合コンに参加するのではなく、彼らが普段いる中に入り込むことです。同じ職場で働くのも良いでしょうし、彼らの1人を友達にして、そこから友達の輪を広げていくことも良いでしょう。

3−6 それでも好きな人ができないときは

好きな人ができないという女性は多いです。それは誰にでも起きることで、原因は3つ。一つは出会っていないからです。人は毎日見ているものに心を奪われます。朝起きて夜寝るまでに新しい男性に出会わないなら、好きな人ができるはずがありません。好きな人ができない人の中で、それでも誰かいるでしょうと聞くと、職場の人に片思いをしていたり、ジムのインストラクターや、美容院の店員を好きになっていたりします。
二つ目は、ちやほやされないからです。男性に優しくされたり、デートに誘われたりすると、女性の心は動くのですが、そのようなことが全くなくなる。1年に一度くらい、自分の全く好みでない男性からしかアプローチされない女性は、好きな人ができないでしょう。
三つ目は、結婚が遠過ぎるからです。頑張っても先が見えない。合コンに行っても、婚活サイトをしても、結婚できる気がしない。そうなれば、結婚が手に入らない距離になり興味を失います。

これを打開するには、日々の中で男性に会わないといけません。婚活サイトで気に入った男性にメッセージを送る作業でもかまいません。朝起きてから寝るまでの間に、結婚相手の候補となりうる男性となんらかの形で会う必要があります。同じ考えや立場の友達と協力し合い、お互いに励ましあって、それらをするという方法もあります。
次に、男性にアプローチされるためには、あなたが魅力的にならないといけません。それこそが面倒なことかもしれませんが、上で述べた4つの魅力を持っていないとなりません。
最後に、結婚することを報酬にしないことです。その報酬は一度しかないので、そこまで頑張れないからです。「婚活サイトで好みの男性からメッセージがきた」など小さなことを報酬にしましょう。報酬のハードルを下げることです。

最後に、ここで注意すべきことは、どんなに優しくされても、どんなに強くアプローチされても、既婚者など、あなたと結婚できない人、あなたを不幸にする男性は、初期の段階で切るということです。彼らはちやほやされ慣れていないあなたをお姫様のように大切に扱うかもしれませんが、それは罠です。麻薬のようなもので、快感は与えてくれますが、それにハマれば未来がなくなります。

それらにはまらないようにしながら、3つの作業を頑張りましょう。

30代、もう後がない……。妥協してでも結婚すべき?
そんなお悩みをお持ちの方はコチラ

音ライブラリバナー
恋愛ユニバーシティ

恋愛ユニバーシティ

恋愛の悩みを解決し、恋愛理論・攻略法が学べる日本最大級の恋愛ポータルサイト。
恋に苦しんでいる人、運命の彼に出会いたい人、結婚したい人。恋愛カウンセラー・ぐっどうぃる博士他、多くの講師陣があなたを応援します!同じ悩みを持つ人と励まし合ったり、日記を書いたり、相談したりと、ユーザー同士のコミュニケーションも活発。何をしても恋愛がうまくいかない? ぜひ恋愛ユニバーシティまでどうぞ。

http://u-rennai.jp/


LINE公式アカウント:友だち追加数

恋人に関する悩みを解決する方法のまとめ

関連記事

関連する相談


初めての方へ
会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE