アラフォーの婚活「こころがまえ」

アラフォーになると、30代前半までと比べて「誠実な恋愛に発展する出会い」は、なかなか見つけにくくなります。それはどうして?
アラフォーの私自身の経験も含め、多くの婚活男女を見てきた私から「婚活の現実」をお伝えします。
20代、30代の婚活中のみなさんにも、ぜひ読んでいただきたいです。


婚活における年齢の現実

アラフォーのみなさんが「婚活」をするにあたって、より認識を深めてもらいたいこと、それはやはり「年齢」です。
婚活市場において「子供がほしい」と希望している男性はとても多く、その視点で、アラフォーの私は、世間の年齢に対する固定観念には、自分自身の力では、どうすることもできなくなってきました。
実際には、アラフォーで第一子を出産している友人を多数見ていますし、産科で働く友人にも、毎日アラフォーのみなさんが出産されているということも聞いています。
ですがその一方で、不妊治療に励んでいる友人がいることも確かです。
こればかりは本当に人それぞれです。
また、子供を生めるだろうと思う年齢感覚も人それぞれで、感覚も実状も、どちらも何歳とはっきり決まっているものではありません。
ですが、婚活市場では、個人の感覚や実状とは関係なく、「アラフォーは高齢出産だ」と思われることは事実で、私自身も37歳前後から、「結婚するなら子供がほしいから、私の年齢が気になる」と言われるようになってしまいました。
(今思えば、よくストレートに言ってくれたものです!笑)
また、相手の男性がアラフォーを受け入れてくれたとしても、1年2年とつきあったあげく、いざ結婚となった時に、相手のご両親に年齢が理由で結婚を反対され、破談になったという話も聞いたことがあります。
そんなことから、私はアラフォーになってからは、「出会いを選ぶ」ようになりました。

婚活をするなら、アラフォーは年下ブームにのらないこと

ここ何年かの婚活市場でのメディアが盛り上げた流行に「年下ブーム」があったように思います。
メディアの影響は大きく、「同い年ぐらいではいい人が見つからないから年下を狙う!」と言っていたアラフォー女性をたくさん見ました。
見ましたが、「恋愛」はできたものの、その後「結婚」したという話を聞いたのは1割あるかないかでした。
幸い私は、どうやら「見た目」はアラフォーには見えないらしく、年齢を言わなければ、30代前半までと同じように、お付き合いしようと言ってくれる人がいました。
ですが、私の年齢を言うと、やはり相手の躊躇する態度は隠しきれていませんでした。
彼からアプローチをしてきたにもかかわらず、最終的には私が振られたような気分になったものです。
ですが、彼らの気持ちも納得できます。
アラフォーをあえて選ばなくても、出会いはたくさんあるのですから。
かつての婚活仲間を統計してみても、アラフォーで年齢差2歳以下の年下くんと結婚したのは、
① アラフォーになる前からお付き合いをしていた
② 結婚を深く考えていない男性と結婚した
パターンが大きな割合を占めていました。
ですが、私のまわりで②に該当した友人は、その相手と結婚するまで、その見極めがとても難しかったように感じました。
付き合っていても結婚できるかとても悩んでいましたし、そして結婚してからも離婚の不安を抱えています。
その他は、
③ 相手にも婚活において不利となる条件がある
④ 女性側が飛びぬけて魅力的な何かを持っている

などでしょうか。
上記の「婚活における年齢の現実」を踏まえ、そしてこの統計の結果を考えると、アラフォーから出会いを探さなければいけなくなった私は、まず「年下をターゲットから外す」ことにしました。
「とても効率が悪い」と考えたからです。
「アラサーが年下ブームにのることと、アラフォーが年下ブームにのることの違い」は、おわかりいただけたでしょうか?

今どう動くかが、今後何十年のあなたの人生を左右するかもしれない

この言葉は、ぐっどうぃる博士の相談の回答で見つけた、私が本気で婚活をしなければならないと考えたきっかけとなった言葉でした。
この言葉を見つけて、自分の楽しみは後回し、例えば、習い事はやめ、趣味の海外旅行にも行くのもやめ、女子会も厳選して参加、「婚活に時間を使う」ことにし、そして、必死で婚活を続けようと心に決めました。
私は同い年前後の独身の友人が「婚活中」と言っているのを聞き、「今月新しく何人と出会った?」と聞くと、必死に探しているように見えて、実際は1か月のうち、誰1人とも出会っていない、会っていても1人か2人という友人が何人もいました。
本気で結婚したいと思ってる? と思わざるをえませんでした。
出会いゼロ、もしくは1人か2人で、結婚相手を見つけ、選び、選んでもらえるのでしょうか?
未来の旦那様候補と今すぐ出会ったとしても、おつきあい、結婚に至るまで、どれくらいの時間がかかるでしょうか?

子供を生む結婚を考えるなら「もう電撃結婚するしかない!」と思う人もいるかもしれませんね。
「子供が2人、3人ほしいと思っているなら」、若くで結婚するにこしたことはありません。
そして今すぐ出会った人と、おつきあいできたとしても、結婚まで辿りつくかは残念ながらわかりません。

「なかなか思う人に出会えない」
「おつきあいがうまく続くかもわからない」
「おつきあいがうまく続いても、結婚まで辿りつけるかはわからない」
この、ないない続きの恋愛から結婚までの道のり。

アラフォーのみなさんが「婚活」をされるなら、効率よく恋愛をしないといけないことは、もうすでにおわかりですよね。

急ぐけど、焦らない

アラフォー女性の誠実なおつきあいに至る出会い、そして結婚にまで辿りつくのは狭き門。
ですが急ぐけれども焦らず、正式に「お付き合いしましょうと言われるまで」は、そして「結婚に辿りつくまで」は、ひとりの男性に絞らず、恋人候補をたくさん作るスタンスで出会い続けておくことは、アラフォーの「婚活」においては、重要かもしれません。

honey さんの他のレポート

会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE