愛野カタルの恋愛指南書のススメ 第1回「ルールズ」





こんにちは。愛野カタルです。

突然ですが、あなたは“恋愛指南書”を読んだことがありますか? 優れた恋愛指南書を読むことで、実際の恋愛経験だけでは身に付けることのできない知識や教訓、人間心理を学び恋愛レベルを上げることができます。 そこで今回から私は勝手に「恋愛指南書コンシェルジュ」を名乗り定期的に、皆さんにオススメしたい恋愛に関する本をご紹介していきたいと思います。

第1回目の今回は、これぞ恋愛指南書の王道! 「ルールズ」をご紹介します。

ご存知の方も多いと思いますが、まずは基本情報から見ていきましょう。


1.本のタイトル:「ルールズ(原題:THE RULES)~理想の男性と結婚するための35の法則」

エレン・ファイン+シェリー・シュナイダー 著、田村明子 訳 KKベストセラーズ発行、2000年刊、571円+税(ワニ文庫)

☆ひとことで言うと「モテる女の振る舞いが身に付く!」


評価:(5つ星が最高)

【読みやすさ】★★★★:とても読みやすい

【勉強になる度】★★★★★:目からウロコがいっぱい

【実践しやすさ】★★★:実践するのに抵抗がある女性も多いかも。一部日本で使うには注意が必要なルールもあるが、完璧にできたらモテ女間違いなし!

【納得度】★★★★:沢山の女性の経験則に基づいており、納得できる部分は多い

【恋愛における必要度】★★★★★:知っているのと知らないとじゃ大違い!

☆こんな女性におすすめ

・自分から男性に積極的にアピールしすぎて引かれたことのある女性

・最初は彼の方が自分のことを好きなのに、気づいたら自分の方が彼のことをより好きになっており、重くなってしまう(または振られる)女性

・好きな男性につい尽くしてしまう女性

・男性から追いかけられ、大切にされる恋愛・結婚がしたい女性

・肉食系男性が好きかつ見た目にある程度自信がある女性

・自分に自信がなく、自己肯定感が低い女性

・恋愛が上手くいかなくて悩んでいる女性


2.著者の人物像(本書表紙扉より引用。出版時の情報に基づく。)

エレン・ファイン:1957年生まれ。ニューヨーク在住。「ルールズ・ホットライン」をもち、月刊ニューズレターを発行。全米で25のサポート団体をもち、恋愛カウンセリング、『ルールズ』恋愛相談活動を行っている。二児の母。

シェリー・シュナイダー:1959年生まれ。ニュージャージー在住。雑誌ライター。恋愛経験をもとにカウンセリングを行っている。一児の母。


3.「ルールズ」ってどんな本?

恋愛指南書を語る上で「ルールズ」は避けて通れない名著です。この本は全米で200万部以上の売り上げを記録し、日本を含む28か国以上でも翻訳されベストセラーとなっています。本書が目指すのは、「理想の男性から手に入れがたい特別な女性だと思われ、追いかけられ、大切にされて幸せな恋愛と結婚をすること」です。

紹介されている「恋の法則」=「ルールズ」は、男性は女性を求めるものという自然の原則に従うことを前提にしています。女性が男性から大切にされ追いかけてもらうために必要な振る舞い、態度、考え方等を35個のルールとして事例を交えて分かりやすく教えてくれます。  

例えば、なぜ興味のない男性からは好かれて、自分が好きになる男性からは好かれないのか?という疑問を持つ女性は多いですが、その答えが本書には書かれています。

自分に夢中の素晴らしい夫を手に入れるためにあなたがすべきことは、男性が自ら女性を手に入れたいと思うチャレンジ精神を奪わないこと、自分を特別な女性だと信じること、忙しくて幸せな自分でいること、そして長期的な視野を持って「恋の法則」を実践すること等々です。


4.本書の内容

35のルールを実践するための事前準備として、まず自分の容姿を最大限磨いておくことが必要です。健康的な食事や運動、女性らしい服装、メイクの研究など美しくなるためにあらゆる手段を使うことが推奨されています。

また、長期的な視野を持って恋の法則を実践していくことが重要です。この法則を信用し、部分的ではなく、全面的に従う必要があります。最初は懐疑的であっても、読み進めていくうちに「ルールズ」の考え方が理解できるようになっていくでしょう。

35個の「恋の法則」に従うことによって、「特別で得難い女性」だと男性に思って貰えるだけでなく、あなた自身も自分を大切に感じられるようになります。その結果、男性に愛され理想的な恋愛や結婚をすることができるのです。

多くの女性は男性を好きになると、自分でも無意識のうちに相手を特別扱いし、好意をアピールし、自分から連絡したり食事に誘ったりしてしまいます。しかしそれでは彼から見て「いい人」にはなれても、大切にされ愛されることはできないのです。なぜなら、そのような行動は、男性が本来持つ「特別な女性を自分の力で手に入れたい」というチャレンジ精神を奪ってしまうからです。

本書を読む上で大切なポイントは、全ての「恋の法則」に共通する“考え方”を学んで、その本質と男性心理を理解し、男性から大切にされる女性の振る舞いを身に付けることだと言えます。本書によれば、男性の気持ちをつかむ秘訣は、大好きなあの人にまるで興味がないかのように振る舞うことなのです。

また、数多くの女性の恋愛における経験談や失敗談からも「恋の法則」の有効性や威力を学ぶことができます。

以下で本書の「恋の法則」の一部をご紹介します。

RULE1.特別な女性になること

:今の自分で十分なのだという自信を持ち、特別な女性を演じることが大切です。

RULE2.最初にこちらから話しかけてはいけない

:もしも彼が話しかけてこないのなら、あなたに興味を持っていないことは明らかです。男性が女性を追いかけるには、男性自らあなたに興味を持って行動してもらう必要があります。逆に言えば、こちらから話しかけてその男性とデートできたとしても、本当の意味で相手があなたに夢中になることはないのです。

RULE5.こちらから電話をかけないこと。留守電にメッセージが残っていても、かけ直すのはごくたまにだけにする

:電話をするというのはこちらから男性を追いかけるのと同じことです。電話をもらった男性は、あなたのことを一生懸命追いかける必要性を感じなくなるでしょう。あなたから電話がなければ男性はますます燃え上がりあなたに電話してくるでしょう。 唯一電話(折り返し)してもいいのは、次のデートの約束の日時などで変更したいことがある場合だけです。また、電話の会話はこちらから終えることも重要です(RULE6)。

RULE7.土曜日の夜のデートの申し込みは水曜日で締め切る

:水曜日までに彼から電話がなかった場合、別の予定を週末にどんどん入れてしまいましょう。だたし、電話が遅かったことで決して彼を責めないように。断るときは優しくやわらかく言いましょう。男性にあなたを大切に扱ってもらうためには、直前のデートの誘いに答えるような都合の良い女性にはならない方が良いのです。そうすることで男性にもっと早くデートの予定を立ててもらうことができます。「恋の法則」は長期戦を目指していることを忘れてはいけません。

RULE9.最初の三回のデートでの、正しい振るまい方

:デートの前には、できるだけ彼のことを考えないように努力してください。彼に会う瞬間まで忙しくしていましょう。期待や妄想を勝手に膨らませすぎないように注意です。三回目のデートまでは、相手に深入りしてはいけません。おしゃれをして、機嫌よく振るまい、優雅におやすみの挨拶をして帰宅してください。あまり感情的に入れ込んだり、思いきって賭けに出たり、心を許したりしてはダメ。彼のことが気に入ったら、デートはこちらからおひらきにすることが肝心です(RULE11)。「恋の法則ガール」として、慎重になって、危険を冒すのは避けましょう。

RULE15.あまり急いでセックスに走ってはダメ

:「恋の法則」実践中であれば、目先の利益を追わずに、長い視点でものを考えなくてはいけません。相手がちゃんと信頼できるまでセックスしてはいけません。そして必ず避妊をしましょう。

RULE17.リーダーシップは彼にとらせる

:彼の方から愛の告白をし、観る映画や食事をするレストランもほとんどの場合、彼が選ぶべきです。彼からあなたの好みを聞かれたら、そのときは意見を言ってもかまいません。

RULE18.男性が変わるだろうと期待してはいけない

:彼の性格を変えようとしてはいけません。どのみち、男はけっして変わらない生き物なのです。彼の性格のどの部分が問題なのかにもよりますが、あるがままの彼を受け入れるか、ほかの相手を探すか、ふたつにひとつです。彼のすべてを受け入れてうまくやっていけるのかどうか、それはあなたがよく考えて決めることです。

RULE25.ひたすら練習あるのみ!

:「恋の法則」の達人になるには、一に練習、二に練習、とにかく実践あるのみです。最初は上手くいかないかもしれませんが、途中でめげてはいけません。いつでも、どんな男性が相手でも、「恋の法則」を実践してみましょう。

RULE27.友達や家族にバカにされても、恋の法則を守ること

:あなたのまわりの人々がこの「恋の法則」を支持してくれなくても、ショックを受けないでください。もっとも辛らつなことを言ってくるのは、おそらく「恋の法則」を実践していない女友達でしょう。その厳しい意見にいちいち反論してはいけません。ただ微笑んで話題を変えてください。ただ黙って「恋の法則」を実践し、結果を見て判断してもらいましょう。

RULE30.失恋したときの心得

:最初の二日間だけ思いきり落ち込んだら、あとは忘れる努力をしてください。彼は別にこの世の最後の男ではないし、少なくともあとひとりは、あなたのために生まれてきた男性が世界のどこかで待っていると自分に言い聞かせてください。「恋の法則ガール」は自分をふった相手に未練など持ちません。彼とは終わったという現状を受け入れて、忘れるのです。

RULE34.あなたを愛してくれる人だけを愛しなさい

:「恋の法則」の最高の見返りは、あなたを愛してくれる相手にだけ恋をするようになることです。自分を大切にするあなたは、もうこちらを無視したり、浮気したり、精神的や肉体的に傷つけたり、あなたなしでも生きていけるという男性には興味を持ちません。もちろん私たちは単純にあなたを好きな相手なら、誰でも好きになれと言っているわけではありません。恋に落ちるときは、自然に落ちるのです。でも恋をした相手があなたに夢中なら、こんなに幸せなことはありません。


このRULE34が、この本全体に共通する考え方だと言えます。自分を愛してくれる人だけを愛するということはつまり、自分に自信を持ち、自分自身を大切にすることに繋がるのです。

本書の165頁に次のような記載があります。 「要するに相手があなたを思っている以上に相手にのめり込んでしまった場合、傷つくことになるのです。「恋の法則は」、あなたが傷つくことを避けるためのもの。もともとあなたに興味のない相手に、愛情を求めれば求めるほど女性は不幸になっていくというのは、全世界共通の心理です。」これはまさにその通りと言えるでしょう。

一般的に「女性は愛される方が幸せ」とよく言われますが、この本はそのことを繰り返し説明しています。この「ルールズ」の考え方を完全に理解でき自分のものにできたとき、あなたにとって恋愛は相思相愛で長持ちする幸せな関係になるはずです。


5.愛野の視点

この本は、一読すると「え?」と思うような、高飛車で傲慢な振る舞いをするよう女性にすすめているかのように見えます。しかし、この本の本質はそこではありません。35のルールは一つ一つが独立しているわけではなく、全て連動しています。

全ての法則に共通するのは「女性が自分自身を大切にして自信を持ち、自分を本当に愛してくれる男性に対して上手な振る舞いをし、その結果理想的な恋愛・結婚を実現する」という目的意識です。

つまり、この本が目指すのは男性から本当に愛され大切にされる恋愛・結婚ができる女性のキャラクターを自分自身に染み込ませることだといえます。

この本を読んで「こんなことしたら相手の男性に嫌われるんじゃないか?」、「こんなルール実践できるわけない」と感じる女性もいるかもしれません。しかし実は、そのように感じた女性こそ、この本で自分の恋愛スタイルに足りないものを補える可能性が高いのです。

だまされたと思ってまずはよく読み、この本に書かれた数々の女性の恋愛での失敗談に思い当たる節があれば、まずは実践してみてください。

一方で、この本を読んで「こんなの当たり前じゃん」、「既に似たような振る舞いをしているわ」と思える女性は、男心を掴むのが上手く男性に大切にされる可能性が高い女性でしょう。ただし、わがままに男性を振り回すだけの女性になっていないか、本書に照らし合わせて自省は必要かもしれません。


●本書の注意点

この本の注意点としてまず考えられるのは、主にアメリカ人向けに書かれているので、日本人男性にはなじまないもしくはインパクトが強すぎると思われるルールもあることです。

例えば、RULE4のデート代は割り勘にしないこと、というのは現代日本の若い世代には厳格に適用することが難しいと思われる場合もあります。そこの部分は状況に応じて多少割り引いて考える必要があるかもしれません。

また、RULE24の個人広告の正しい書き方、に関して、日本では新聞に恋人募集の個人広告を載せる習慣はほとんどありません。

しかし、昨今人気の恋活・婚活アプリ等で自分のプロフィールを書く際に応用できる考え方だと言えるでしょう。

もう一つ注意が必要な点は、この「恋の法則」はそもそもあなたに興味がある男性にしか効果がないということです。しかも、あなたをちょっといいな程度に思っている男性は、ルールズの実践によって逆に離れて行ってしまう可能性があります。

なぜなら「恋の法則」の実践によって本書が目指すのは、男性から強く愛され、追いかけられ、幸せな恋愛をし結婚することです。したがって、対象の男性には本気の愛が求められます。つまり生半可な気持ちであなたにアプローチしてくる男性は、自然に淘汰されていくのです。

これはあなたにアプローチしようとする男性にとっては高いハードルになりますが、本気で愛されたいと願う女性にとっては大きなメリットになると言えるでしょう。

本書は、恋愛で男性から大切にされる女性の考え方や基本姿勢が身に付く本であり、なぜか辛い恋愛ばかりしていると悩んでいる女性には目からウロコの1冊になるでしょう。


●改めて読んでみた感想と実体験

今回このレポートを書くにあたり、本書を改めて読み返して、私の脳裏にある一人の女性が思い浮かびました。それは、現アメリカ合衆国大統領トランプ氏の奥様、メラニア夫人です。

聞くところによると、二人はとあるパーティーで出会い、トランプ氏の方からメラニアさんに声をかけたそうです。当時既に不動産王として名を馳せていたトランプ氏ですから、普通の女性なら舞い上がってしまいそうなところですが、メラニアさんはそうではありませんでした。電話番号を教えて欲しいというトランプ氏に、そっけなく対応し連絡先を教えなかったといいます。

トランプ氏は仕方なく自分の名刺を差し出し、この番号に電話をかけて欲しいとメラニアさんに頼みました。メラニアさんはその名刺を受取りはしたものの、すぐには連絡しませんでした。結局、メラニアさんは1週間後にトランプ氏に電話を掛けたそうです。

ここまでじらされたトランプ氏はすっかりメラニアさんに夢中になり、その後交際に発展し、いまやメラニア夫人となったというわけです。

このエピソードを聞いたとき、私はメラニアさんは「恋の法則ガール」そのものだと思いました。彼女が当時ルールズを読んでいたか否かは定かではありませんが、もしもこのルールズの神髄を理解し、完璧に実践できたなら、ファーストレディーになることさえも夢ではないのかもしれません。


ファーストレディーとまではいきませんが、実は私もこの「ルールズ」を実践して幸せな結婚を手に入れた一人です。もちろん、最初から上手く実践できたわけではありませんし、ルールズだけでなく、同時にぐっどうぃる博士の本やジョン・グレイ博士の本等も読んで男性心理を勉強し、実践を重ねました。

その結果、私は今でも夫に愛されていると実感できる幸せな結婚生活を送っています。 もしもこの本に出会わなかったら、恋愛で悩み苦しんでいたかつての自分の恋愛観は大きく変化せず、理想的な結婚は難しかったかもしれません。

私にとって「ルールズ」に出会う前までに持っていた恋愛に対する価値観を180度転換するキッカケの一つになった本であることは確かです。その価値観の転換とは、本書の205頁にあるような「いままで私たちは、愛されるには努力が必要なのだと思ってきました。そしてあまりに簡単に言い寄ってくる相手は、退屈だと感じていたのです。でも、いまでは恋愛は楽でなくてはならないという信念を持っています。」というような変化です。

苦しい恋愛の後にこの本を読み、私にとって恋愛とは、辛く苦しいものではなく、幸せで楽しいものになりました。結婚した今でもそれはずっと続いています。ですから、実体験に基づき、この本は自信を持っておススメできます! 

最初は半信半疑でも、読み進めていくうちに「ルールズ」の根底に流れる考え方が理解でき、次第に「恋の法則」を試してみたくなるはずです。ちなみに、この本の成功を受けて書かれた続編として「ルールズ2」、「新ルールズ」(「ルールズ」とあわせてルールズ3部作と呼ばれることがあります。)、日本向けに書かれた「ルールズ 日本版」、オンラインデートに特化した「ルールズ オンラインデート編」等がありますが、まずはこちらの「ルールズ」から読んでみることを強くおすすめします。興味が湧いた方は、よければぜひ手に取ってみてくださいね。

愛野カタル さんの他のレポート

会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE