遊び人に「遊ばれない私」になるために、知っておいてほしいこと

心から想い合える恋人を探しているのに「私はいつも遊ばれてばかり」と悩まれている方はいらっしゃいませんか? 実は本来、どのような出会い方であっても「体目的で遊ばれてだまされる」ということは、そうそうあることではないのです。



私は、本気で婚活をしている多くの女性と関わり、彼女たちの話を聞いてきました。そして時には「遊び人かどうか見定めてほしいから彼に会ってみてほしい」と言われたこともあります。彼女たちを見ていて、遊び人に遊ばれてしまう女性は、

1.相手のことをよく知らないうちに体の関係を持ってしまっている
2.自分の目先の欲に捉われている

という2つのパターンがあることに気が付きました。では、その2つのパターンについて、詳しく説明したいと思います。

遊び人に遊ばれる人にも問題がある

私たちの出会いのツールは幅を広げ、共通の知り合いなどいない「どこの誰だかわからない人」と簡単に出会えるような時代になってきました。

幼い頃、「知らない人について行ってはダメだよ」と大人に教えられ、きっと私たちも小さい子供たちに同じことを言うはずです。どうしてそう教えられ、また、そう言うのでしょうか?

幼い子供が知らない人の車に乗ったり、あまり知らない人の家に1人で行ったりすると、私たちは何が起こると考えますか?「何か危険なことがあるかもしれない」と考えるのではないでしょうか。
なぜ危険なことがあるかもしれないと考えるのか、それは「相手がどういう人かわからないから」だったり「相手が何を考えているかわからないから」ではないでしょうか。そんなことは、改めて言わなくても皆さんご承知ですよね。

では、誰もがわかっているはずなのに、恋をすると「数回会っただけの人」の車に乗ったり、簡単に2人だけの密室へ行ったりしてしまうのは、どうしてでしょうか?
「恋をしたい」という目的で出会った場合、彼の見た目や雰囲気、甘い言葉などで「恋する気持ち」が先走ってしまい、見失ってしまっていることがあると思いませんか?

それは、幼い頃に私たちが大人から教えられたこと、「相手が何を考えているかわからないから、知らない人にはついて行ってはいけない」つまり、「その人がどういう人なのかを、まず先にちゃんと知らなければいけない」ということです。

例えば、彼は結婚しているのか、彼女がいるのか、他に好きな人がいるのか、どこに住んでいるのか、実家はどこなのか、教えてもらった連絡先は本当に合っているのか、もしその連絡先に繋がらなかった場合、その彼と他に連絡をとる手段があるのか、働いている会社は知っているのか、そこは本当に彼が働いているところなのか、彼はどんな恋愛をしてきたのか、これからどんな恋愛をしようと思っているのかなど、このような基本的なことすら「曖昧」だったり「知らないまま」体の関係を持ってしまう人がいます。

その彼女自身も「相手のことを何も知らない軽い気持ち」であるため、当然、軽い気持ちの遊び人に遊ばれやすくなります。厳しい言い方になってしまいますが、実は似たもの同士、男女とも「軽い考えの持ち主」ということになってしまいます。

「彼は遊び人ではないと自分で確信できた上で」、たとえ遊び人だったとしても私は悲しむことはないと思えるぐらいまで彼を知るということに時間をかけても、何ら問題はないのです。そして「そこで離れていくような相手なら、関係を進めないほうが良い」のです。

欲には欲で返されてしまう

次に、「相手のことを知ったはずなのに遊ばれてしまう」というパターンです。この場合、「彼は体目的かもしれない」「関係が進むのが早くないか」など、「本当は心のどこかで自分で気づいているのに、体の関係を持ってしまっている人」が実はとても多いのです。

「彼氏がほしい」「結婚したい」「彼に愛されたい」「彼に嫌われたくない」「彼とうまくいきたい」このような欲があるとき、その欲を優先するために、本当は何らかのサインで自分で気づいているはずなのに、それを「見ないふり」をして、関係を進めてしまっています。

もともと彼が遊び人で、性欲だけで相手のことを考えている場合、そこで関係を進めたところで、「彼氏がほしい」「結婚したい」「彼に愛されたい」「彼に嫌われたくない」「彼とうまくいきたい」といった自分の欲を満たすことは難しくなるでしょう。

それは、彼は「性欲」、彼女は「彼氏がほしい」「結婚したい」「彼に愛されたい」「彼に嫌われたくない」「彼とうまくいきたい」という欲、つまり「欲同士」がぶつかりあっている状態で、「お互いが相手自身を見ていない」からです。

ここで遊び人に遊ばれないようにするためには、自分の目先の欲ではなく、もっと奥深くの欲=「自分の本当に望んでいる恋愛」を思い出し考え、相手を見定めなくてはいけないということです。

さいごに

以上の2点を心得ていれば、「遊び人に遊ばれてだまされることはない」と私は考えています。

そして最後に、実際遊び人と言われていた人が自ら話していた言葉をご紹介します。それは、「遊び人は、いかに「時間」と「労力」をかけることなく体の関係を持てるかを常に考えている」というセリフです。

この言葉からわかることは、「いかに早く相手と体の関係を持ちたいがために、それを達成するためにマメに連絡をしたり、会い来たりすることも、彼らにとっては長く続けるつもりはないので、目的を達成するためには、いくらでもなんでもできる」ということです。彼らは、自分の目的を達成するためには、結婚をしたそうな女性には、簡単に結婚の話までしたりするのです。そうすれば、相手の心がつかめるからです。「行動が共なわないただのセリフ」や、指1本で送られた何の労力もかかっていない連絡」「長期的に続かないであろう一時的な行動」に決して惑わされないことです。

そして、あなたが悲しむだけでなく、あなたにとって大切な人を悲しませないように、目先の欲に左右されず、本当の幸せな恋愛のために、相手をよく知り、相手に惑わされず、「自分の感じていることに自信を持って」恋愛をしてほしいと思います。

honey さんの他のレポート

断捨離やました先生の対談
会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+