【6】「気分屋」なのに愛される!彼が彼女を手放さない理由。

      


貴女は、気分屋な自分を嫌悪したり、自信をなくしたりしてはいないだろうか。
気分屋なのに彼氏に愛され、大事にされている女性もいる。
貴女と彼女たちの違いを考察します。

――――――

※ 前回までの記事はコチラです。

【 序章 】恋する貴女はどっちのタイプ? こんな貴女の為に、新シリーズ始めます。
【1】恋愛テクを駆使できない「男好きな女」が彼に愛される方法!
【2】「ワガママで甘えん坊」なら駆け引きは不要!それをもっと武器にする!
【3】「あまのじゃく」だけど気にしない!彼は貴女に夢中になる!
【4】「二重人格」な女が愛おしい!男がそんな女にハマる時。
【5】男に媚びない方が愛される!「強気な女」はもっと自分に自信を持て!

■感情的に動く女は嫌われ、直感的に動く女は愛される。


「気分屋」という言葉の定義を、
今回は「感情的」と「直感的」という言葉に置き換えて考えてみたいと思う。

自分の気分でコロコロと言動が変わってしまい、相手を振り回すことがあっても、
自分の直感に従って動く女は、男にどんどん愛され、大事にされていく。
だが、自分の感情に呑まれ、刹那的な言動で男を振り回す女は、
どんどん嫌われ、粗末にされていく。

自分の気分 = 直感に従って動くとき、それは多くの場合、
自分の人生にとって有意義で大事なサインなので、自分にとって適切な判断と選択で
人生をどんどん楽しく展開していくことができる。

自分の気分 = 感情に呑まれて動くとき、それは多くの場合、
自分の人生にとって苦しかったり、悲しかったり、後悔したりという展開が多く、
自分の選択に自分で翻弄され、負の連鎖から抜け出せなくなっていく場合がある。

――――――

自分のその気持ちは、自分の人生にとって良いものか、悪いものか。
良い展開に繋がる選択か、不本意な展開に繋がる選択か。

直感的な女はそれをしっかり見抜き、自覚している為、
いつも明るく楽しい人生を自力で選択し、展開している。

感情的な女をそれを見抜けない為、
自分の人生なのにうまくコントロールできず、苦悩している。

――――――


パッと見はどちらも気分屋に見えるのだが、その後の展開が全く違うので、
愛され度合いもどんどん差が開いていく。

■人生のサインを見抜いて飛躍していく、直感的な女からの恩恵。


直感的な女の人生は楽しく、たくましい。
自分の直感に信頼をおき、小手先のマニュアルやテクニックに溺れて自分を見失うことがない。

ふと思ったことを、そのタイミングで始めて思わぬチャンスを掴んだり、
違和感を感じた相手がいたら慎重に付き合い、様子を見る。
失敗しても原因を見つめ、進化することができる。

そんな女の人生を間近で見ていると、まるで見えない波にしっかり乗れちゃうサーファーのように
彼女固有の波を捉えており、とても不思議で興味深い人物として映る。

この女性はいつも楽しそうでイキイキしているな~。
みんなと同じような選択をしたり、まったく違う選択をすることもある。
彼女特有のリズムで生きている感じが素敵だな~。

そう思う男は、直感的な女にとても興味を持つ。彼女に良い意味で振り回されたいと思う。
コロコロと振り回されるのを面白いと思う。直感的な気分屋の彼女は良い方向、楽しい方向へ
惚れた男を振り回すので、男は(次は何が起こるのだろう?)とワクワクしている。

交際が始まると、彼女の直感に従ったことで
男の人生が守られたり救われたりする場面を経験する。
彼女の勘に刺激され、彼の直感も冴えていく。

各自の人生には見えない波があり、それを上手に捉える感覚やタイミングを彼女から学ぶ。
「言語化できない何か」を彼女はいつも大事にしている。
それに感化されて、彼も「言語化できない何か」を感覚で会得していく。

互いの人生が、各自のタイミングで飛躍していく。
だから、直感的な気分屋の女は、惚れた男にますます愛され、大事にされていく。

■感情的に動くことと、直感的に動くことの違い。


人は、感情的に動いているとき、自分の気持ちだけで心がいっぱいになっている。
こうしたい、ああしたいという気持ちが、100%。これが自分に呑まれている状態だ。

人は、直感的に動いているとき、内面から自然と湧き出た感情と
今、周りはどういう状況で物事が動いているか、その2つを総合して「次の一手」を決断している。

感情的な判断は、周りのサインを全く無視して決断し、行動するので失敗が多くなる。
直感的な判断は、周りのサインと、自分の奥から来るサインの両方を尊重し、行動するので
失敗が少ない。より自分らしい、楽しい展開を引き寄せることができる。

もし貴女が感情的な気分で動いて失敗して自分嫌いになっているとしたら、
これからは、内側と外側、両方をしっかり捉えた上で、気分で動くようにしたら良いと思う。

自分の内側に呑まれない為には、外で展開している出来事からもサインを受け取ることが大事だ。
総合的な判断をした後、(今、動こう)とか(今は動くタイミングじゃない)という、
自分の気分を尊重し、その行動を選択した後の展開 = 結果を見て、精度を上げていこう。

そうすると(今、このタイミングで この恋愛テクを知ったということは、
今の自分に必要なのでは?)と内観することもできる。

このテクニックを使う、使わない という判断は、
「今、この本で このテクニックを知った」という、外で展開している出来事と、
「それを今、自分は使いたいのか?」という、内面のサインとの総合的な判断で決めていく。

外で何が起こっていて、内で何が起こっているのか。

気分屋という気質を進化させ、そのままの貴女で愛されたかったら、
サインを見抜く訓練をしていこう。貴女は本来、直感型の人間なのだ。
貴女らしい波を捉えて、楽しいサーフィンをして欲しい。

***************************

私の意見が絶対に正しい訳ではありません。 

大事なのは、私も含め、誰かの言葉を鵜呑みにするのではなく、
貴女の心に響いた良い部分だけを、貴女が判断し、情報を取捨選択することなのです。

***************************


■あとがき


最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

恋愛指南書に書かれている情報を、いつ使うのか。どう使うのか。
それは貴女の人生において誰とも同じにならない、固有のタイミングを見抜くことが大事です。

「知識として得るだけで充分。実践の必要はない」という人もいますし、
「その知識とテクで人生が劇的に変わった」という人もいるでしょう。

でも、考えてみれば当たり前なのですが、貴女と全く同じ人生を歩んでいる人は
世界中どこを探しても1人もおらず、貴女の人生は、貴女だけが経験できる人生なのです。

「みんなと同じ」というものは この世にほとんどない、と思った方がいいです。
恋に溺れ、他人のアドバイスに依存し、自分を見失いがちな人ほど、そう思った方がいいです。

自分の気持ちに溺れず、周りの情報にも溺れない。
それが、本当の意味の【 大人 】であり、真の【 自律 】であると、私は考えています。


その恋が苦しくて不安で、独りで立っていられない気持ちは私なりに理解していますが、
「本当の」自分らしい幸せ、無防備で愛される極上の経験は、真の自律の先にあります。

各自の恋愛が、各自の人生で楽しく輝く為にも、
自律した女性になっていって欲しいな~と思っています。

月岡奈津子 さんの他のレポート

断捨離やました先生の対談
会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+