体だけの関係から、彼の本心を知り「本命彼女」になる7つのSTEP

体だけの関係から、彼の本心を知り「本命彼女」になる7つのSTEP

本命彼女になるには?

気になる彼と体の関係をもってしまった。でも、一体私は彼にとってどんな存在なんだろう、彼女?それともセフレ?…そんなあいまいな関係に悩んでいませんか。

体だけの関係から本命彼女になるためにはどうすればいいのでしょうか。彼と正式にお付き合いするための、7つのステップをまとめました。



彼の本心を知って、体だけの関係から脱する7つのSTEP

体だけの関係から、彼の本心を知り「本命彼女」になる7つのSTEP

STEP1:関係性を確認する

まずはじめに、このあいまいな関係を「はっきり」させましょう。

彼と付き合っているのかわからない場合、彼に「私達の関係ってなに?」と聞いてみましょう。もしくは彼が友達や同僚にあなたを恋人として直接紹介するか確認してみるのもいいでしょう。

二人の関係について聞いているのに、「お前のことは好きだよ」などと答えをはぐらかし、あなたのことを「恋人」「彼女」とハッキリ答えなければ、あなたは恋人ではない、と言えるでしょう。

また、友達などに紹介するよ、と言っているのに一向にそのような話しが進まない場合は、「いつか紹介するよ」などとあいまいな答えをする場合も、あなたは恋人ではない、といえるでしょう。

STEP2: 彼の本心を確かめる

場合によっては彼もあなたのことが好きだ、ということももちろんあります。

そんな彼の本心を探る方法は以下です。

まず、彼にLINEやメールを多く送ってみたり、デートに自分から誘ってみましょう。そうして、彼にあなたの好意を示してみて、彼の反応を観察してみるのです。

そのとき、彼からの反応が良くなった場合(連絡が増える、彼からもデートに誘ってくるようになった)は、彼はあなたに好意を持っているでしょう。一方、とくに今とかわらないなら付き合う気がない、と判断できます。

さらに、あなたの好意に気づかないふりをされた場合も、彼はあなたとは付き合う気がない、と判断できるでしょう。たとえば「今度二人で出かけない?」と誘ったら、「いいね!せっかくだから、みんなで出かけようよ」などと返してきた場合などは、これに当てはまるでしょう。

STEP3:彼の満足度が、常に70%位になるように保つ

彼が今の体だけの関係に満足してしまっている場合は、それ以上の関係に進もうとはしないでしょう。また、逆に満足できていない場合でも、それ以上の関係を望まなくなります。

そのため、「彼の満足度が常に70%になるように保つ」ことが重要になります。

たとえば、深夜に彼から「会いたい」と言われれば、すぐに駆けつける、彼と会う時は、ほぼ毎回SEXをしている、彼の交友関係や仕事仲間、家族の話を聞いた事がない、などは、彼が今の関係にすっかり満足してしまっている証拠です。

このように、毎回彼に言われた通りに行動するのは避けるべきです。

この状況を脱するには、現状の7割程度まで会う回数を減らすように働きかけてみましょう。

STEP4: 駆け引きをしない

彼の気を引くために、急に自分から連絡するのをやめたり、突然「もう会わない」と言って相手を困らせていませんか。これらはすべて相手を追いかけている時の駆け引きです。

あなたが彼のことを追いかけているということを知れば、彼は「自分から追いかけなくてもいいんだ」という安心感を持ち、あなたを追うのをやめてしまうでしょう。

このような駆け引きは、お互いの関係の停滞や悪化の大きな原因なりますのでやめておきましょう。

また、「私のこと好き?」「なんで電話してくれないの?」など、彼との会話において疑問や質問が多い場合は、無意識に駆け引きしている場合が多いので、注意しましょう。

STEP5:自分の「価値」を高める

あなたの価値を彼に体感してもらえれば、一緒にいることが大事だと彼に感じさせることができます。ただし、その価値が一つや二つだと、一緒にいる意味は少なくなります。

あなたが「まわりからキレイと言われる」なら、彼には「一緒に外を歩きたい」という気持ちが生まれ、「家事が得意」という価値があれば、「一緒に暮らしたら快適な生活ができそう」と彼は思うでしょう。

このように、一つでも多くの「あなたの価値」を彼の中に作っていきましょう。

STEP6:彼の言葉に注目する

彼の日常に話している「言葉」には彼の本心が隠されています。そのため、彼の言葉の以下の5つの点に注目してみましょう。

1) 相手の言葉で自分に生じる感情は?

彼の発言で「自分にどんな感情が生じるか」に注意すると、彼の意図が見えてきます。「元カノとの恋愛がトラウマで今は付き合うとか考えられない」などと言われたとき、「じゃあ、私との関係はなんなの?」という疑問を湧いてきたら、そこに彼の本音があるとわかるでしょう。

2) 言葉と行動の共通点を探る

「人ごみが苦手」「仕事が忙しい」などいろいろと毎回違う理由つけていつもデートを断っているなら、「デートしたくない」というのが彼の本音だったりします。

3) どこまで自分の話をするか

彼が自分の話ばかりする人、相手の話を途中でさえぎってまで話す人なら、基本的にはあなたに関心があまりない、と言えるでしょう。

4) どこまで誤解の生じない話し方をするか?

なかには、誤解が生じやすい話し方をする男性がいます。彼の言っていることと自分の理解していることが同じかどうかを度々確認しなければなりません。

5) どこまで言葉を誠実に使うか?

安易に嘘をついたり、見栄を張ったり、ごましたり、根拠がないのに断言をしたり、簡単に約束を破ったり…。そういう言動が目立つようなら、彼はあなたと誠実に付き合う気がない、と言えるでしょう。

STEP7:プロファイリングノートを作る

彼の言葉を鵜呑みにしすぎていると、どんな恋愛もうまくいきません。言葉だけでなく、彼の行動にも着目し観察してみると彼の本心が見えてくるでしょう。そのためには、彼の言動を記録するプロファイリングノートを作るのがおすすめです。

1) 行動のみ、時系列でノートに書き留める

今の友達以上恋人未満の彼の行動を日付にそって並べてみましょう。出来事を客観視することができると、彼の本音が見えてくるはずです。

2) 言葉やメールの内容は書かない

例えば「仕事が忙しい」「疲れてる」など、会えないことに対してさまざまな“言い訳”を伝えてくるかもしれませんが、事実として「会えていない」のなら、今はあなたに会う気がないと考えられます。

3) 行動を分析しつづける

男性は、口では調子のいいことが言えますが、行動では嘘をつけないことがほとんどです。

彼の行動を何カ月かノートに書き込み、分析しつづけると、彼の本音が明確にわかってくるでしょう。

コミュニケーションとしての言葉は、多くが「相手を動かすための裏のメッセージ」を含んでいます。
この裏のメッセージを理解するためには、ノートに記録することが一番です。

相手の言葉に不安になったり、切なくなったり、同情心を持ったり、幸せな気分になるなどの感情が動いたら、その時の“相手の言葉”と“感情の動き”を記録していきましょう。

男性の言葉の裏メッセージを読み取ることができれば、あなたの恋愛関係は向上し、相手にとってだけ都合の良い関係から抜け出せる可能性が高くなるでしょう。

おわりに

体だけの関係から、彼の本心を知り「本命彼女」になる7つのSTEP

今の体だけの関係が長引き、自分が近づいても彼が近づかない期間が半年以上続いたなら、彼にとってあなたは本命ではありません。その場合はきっぱりと今の関係を絶ち、諦めることを勧めます。

彼の駆け引きに振り回されず、つねに冷静に対処することも恋の勝者への近道です。

■合わせて読みたい

恋愛ユニバーシティ編集部

恋愛ユニバーシティ編集部

「恋愛に悩むすべての人を笑顔にしたい!」
恋愛理論・攻略法が学べる日本最大級の恋愛ポータルサイト・恋愛ユニバーシティから、あなたの恋愛の悩みを解決するヒント満載の記事をお届けします。
恋愛カウンセラー・ぐっどうぃる博士をはじめ、大人気恋愛カウンセラーの方々による『恋愛の極意』を凝縮した、恋愛に使えるヒントがいっぱいです。

「離れてしまった彼の心をとりもどしたい」、「別れた彼と復縁したい」「付き合っている彼ともっと仲良くなりたい」「今年こそ婚活を成功させて結婚したい!」「片思いの彼を振り向かせたい」「恋愛に効くLINEの返信術を知りたい!」…などなど今すぐ実践できる、恋愛の心構えやテクニックをお送りします。
あなたの恋愛の悩み、恋愛ユニバーシティで解決してみませんか?


http://u-rennai.jp/


LINE公式アカウント:友だち追加数

関連記事

関連する相談


初めての方へ
会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE