離婚もプラスになる!?離婚女性が再婚するための3つのポイント

離婚もプラスになる!?離婚女性が再婚するための3つのポイント

再婚するための秘訣って?

「離婚している私は、もう一度結婚できるのだろうか…」と悩む女性は多いと思います。

しかし、再婚を考えているのならむしろ離婚したことは前向きに捉えるべきと、35年にわたる結婚相談業を通じて、のべ1200組以上に及ぶカップルを結婚に導いてきた 橋本きよみさんは言います。

橋本さんいわく、ある3つのポイントに気を付ければ「離婚した人でも再婚できる」のだそう。

そんな橋本さんの著作『大人の婚活 結婚で幸せになれる人の賢い選択』(きずな出版)から、再婚の成功率を上げる3つのポイントを見ていきましょう。

1.離婚を「失敗」だと考えない

離婚もプラスになる!?離婚女性が再婚するための3つのポイント

橋本さんの相談所では、離婚を経験して現在再婚を目指している会員さんは男女とも数多くいるのだそう。

でもこれまでの実績から、実は「再婚」の成婚率は以前からとても高く、そしてこれからも続くだろうと言います。

しかし、そんな離婚を経験された多くの方々が初めて面談に来るとき、ご自身が離婚していることをどこかで卑下されているのでしょうか、きまってこのように言うのだそう。

「私は一度結婚に失敗しているんですけど、それでも大丈夫でしょうか?」

それに対し、橋本さんはいつも次のように返事しているといいます。

「あなたは結婚の失敗者ではなくて、結婚生活を経験したことから多くを学ばれた学習者なのですよ」

そう言うと、それまでは考えもつかなかった解釈に皆さん驚かれるそう。

でも、事実そうなのです。

再婚された方の、2度目の結婚生活に対する満足度は総じて高く、そのことからも、離婚経験のある会員さんの縁結びは、橋本さん自身も初婚の方とはまた違ったやりがいを感じると言います。

さらに、初婚の方が再婚者と結婚される場合も、とくに満足度が高いようです。

離婚経験者は過去の学びから、相手に対して過度に期待しなかったり、自分の考えを押しつけなかったり、相手への細かい配慮ができたり、などパートナーに対して適切な向き合い方を心得ている方が多いといいます。

そのため、離婚したことを後ろ向きに捉える必要はまったくないのです。

2.「ときめく力」がなくなったことを自覚する

離婚もプラスになる!?離婚女性が再婚するための3つのポイント

30歳代も半ばにさしかかった女性会員さんの多くが、ため息まじりに以下のようなことをよく言うのだそう。

「何年か前から男性に対してドキドキすることが少なくなった」
「最近、本当に好きになれそうな男性がいなくなった」

たしかに、素敵な男性は結婚しているし、独身男性は30代の女性にアプローチするにはそれなりに慎重になるだろうし、可能性があるお相手と出会う機会そのものが以前に比べ相当減っている。

だとしたら、“恋愛する”という感覚が薄れてしまうのも無理もないことです。

そんな女性たちの悩みをきいても、はじめ橋本さんは、「なぜ彼女たちが恋愛に対して消極的になっているのか」を理解してあげることができなかったといいます。

しかし、3年ほど前に人工知能研究者でベストセラー作家でもある、 黒川伊保子さんのご著書『女は覚悟を決めなさい』(ポプラ社)の中に、まさに〝目からウロコ〞の答えを見つけたのだそう。

それによると、女性が男性に対して「ときめく」感覚を最も強めるのは25歳くらいのときで、その理由は妊娠・出産をつかさどるホルモンや細胞などが初産に最適な状態になるからなのだとか。

この頃の女性の脳は、自分と相性のいい遺伝子をもった男性を見分ける感度が鋭くなり、「この人だ!」と認識した相手に強い「ときめき」を感じるといいます。

この〝ときめき〞とは、ある意味「惚れる力」であり、「運命の人」に対してはより強く発揮されますが、同時にそれ以外の男性を拒絶する感覚が強くなるそうです。

つまり、男性に対する好き嫌いがはっきりするのが25歳。

そして、このときをピークに、その感覚は年々ゆるくなり、やがて30代も半ばになると、女性の脳は男性選びのストライクゾーンを広げるようになる。そのため、今までいいとは思わなかった男性も、結婚相手として意識するようになっていくのです。

そうやってストライクゾーンを広げると、男性に対する「惚れる力」も「拒絶する感覚」も両方がいままでよりも鈍くなっていくのだそうです。

これは、相性のいい遺伝子の持ち主、つまり運命の人探しに同じような厳しい取捨選択をしていると、子どもを産まない可能性が広がってくるためですが、その変化はあくまで無意識の領域で発生しているので、本人にはその自覚がありません。

無自覚のため、「どうしてここ最近はときめく人が現れないのだろう……」という状態に陥り、モヤモヤしてしまいます。

そのような仕組みが女性の「脳と身体」にはあり、それらが年齢に応じて作動しているということを理解するべきです。

3.ときめかないならキャパを広げる

離婚もプラスになる!?離婚女性が再婚するための3つのポイント

もしあなたが「ときめかない」と思っているのなら、魅力を感じる異性が少なくなっただけではなく、自分の「ときめく力」そのものが落ちたことも大きな理由の一つなのです。

そのため、そのような悩みを抱えている女性には、お相手選びに対する考え方と行動を変えることがおすすめなのだそう。

たとえば、今までだったら相手と1時間ほど話しても「ときめかない相手」ならご縁がなかった、と見切ってしまうかもしれませんが、もう少し粘ってその人のいいところを探してみましょう。

「男としての色気は足りないけど、いいパパになりそう」とか、「家族としてはうまくつき合えそう」など、異性としてだけではなく「人としての魅力」を探すための寛容さを持つのです。

そのためには、相手の男性をよく観察することが大事です。

結婚して今後長い間生活を共にする相手になるので、色恋的に好きなだけで、ずっと一緒に暮らしていくことは無理です。

また、たとえ好みでなくとも、理想の結婚相手でなくとも、とりあえずいろいろな男性と会ってみるということも必要になってきます。

会ってみたら意外にいい相手だったなんてことはしょっちゅうあります。

そして、そんな「意外な相手」と結婚までたどりつく女性はかなり多いのです。

このように、自分のキャパを少しでも広げていくことが、最終的にはご自身の「結婚の確率」を上げていくことになるのです。

いかがでしたでしょうか。このほかにも『大人の婚活 結婚で幸せになれる人の賢い選択』(きずな出版)には必ず結婚できる人の絶対ルール、モテ運を引き寄せる婚活の作法、残念な結末にしない婚活予防線など、何歳からでも実践できる「大人の婚活」を成功させる法則が満載です。「若くないけれど、今からでも結婚したい!」という方は、ぜひ手にとってみては。

大好きな人がずっと一緒にいたいと思う女になれる。 褒め言葉の魔法 ~

大人の婚活 ~結婚で幸せになれる人の賢い選択~
橋本 きよみ (著)

■合わせて読みたい

恋愛ユニバーシティ編集部

恋愛ユニバーシティ編集部

「恋愛に悩むすべての人を笑顔にしたい!」
恋愛理論・攻略法が学べる日本最大級の恋愛ポータルサイト・恋愛ユニバーシティから、あなたの恋愛の悩みを解決するヒント満載の記事をお届けします。
恋愛カウンセラー・ぐっどうぃる博士をはじめ、大人気恋愛カウンセラーの方々による『恋愛の極意』を凝縮した、恋愛に使えるヒントがいっぱいです。

「離れてしまった彼の心をとりもどしたい」、「別れた彼と復縁したい」「付き合っている彼ともっと仲良くなりたい」「今年こそ婚活を成功させて結婚したい!」「片思いの彼を振り向かせたい」「恋愛に効くLINEの返信術を知りたい!」…などなど今すぐ実践できる、恋愛の心構えやテクニックをお送りします。
あなたの恋愛の悩み、恋愛ユニバーシティで解決してみませんか?


http://u-rennai.jp/


LINE公式アカウント:友だち追加数

関連記事


初めての方へ
会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE