魅力的な女性になるために V 『最後に』

皆様こんにちは、金 猛得だ。一週間いかがお過ごしだっただろうか?
このレポートも今回で最終章を向かえる。ここまで読んで下さった皆様にまずは心から感謝したい。






さて、これまで述べたファイブチャーム、これが完璧に均衡している女性はなかなかいない。恋愛戦略とは、自分の魅力をよく把握し、いかに効率良く、タイミ ング良く見せていくかにかかっていると僕は思っている。『男に合わせて自分の魅力を変える』のではなく『見せ方を変える』のだ。

たとえば、知っている女性もいるだろうがユキコ道という理論がある。
僕は詳しく知らないが『オウム返しの返答、常に穏やか、男は追わずに追わせる』というような理論だ。これは性的魅力および可愛さと気品の魅力が極めて高い女性が実行して初めて成功する、そう言った女性たちに合わせて書かれた理論だ。
もし、気品が無く、性的魅力と可愛さだけの女性が実行すれば、あっという間にダッチワイフ。知性の魅力が高い女性がすれば、期待外れ。気安さの魅力しかない女性がやったばあい、ただの言葉の通じない動物になる。
相手の期待通りに動くかどうかは別とし、『相手が自分に何を求めているか』知るのは物事を上手くいかせるためにとても重要だ。これは、男女関係のみならず、人生全ての関係について言える事である。

まずは、己のファイブチャームを正しく理解する事。これは自分だけ把握するのが非常に難しく、女性の場合、同性の意見は殆ど信じない方が良い。聞くなら ば、利害関係の無い第三者か、お金を払ってアドバイザーにはっきり言ってもらうのが確実だ。自分の事になると、殆どの人がバイアスを持っているので、大勢 の意見を参考にした方が良いだろう。

またファイブチャームは『第一印象で得られる』見た目の魅力であり、それは服装や髪型、顔のパーツだけではなく、話し方、立ち振る舞い、そしてその人から滲み出るオーラにも大きく影響する。オーラについては非常に曖昧であり、感じる人とそうでない人がいるのでここでは特筆しない。

また5つの魅力は第3回で述べたように、それぞれ違う因果律を招くので、武器として使う場合はその効果を存分に考慮しておいてほしい。色気と可愛さが攻撃用の武器だとするなら、知性と気品は守りの武器。そして、気安さは補助系の武器だといえるだろう。


初めてその女性と会った時、男が気にするのは『色気、可愛さ』
ゆえに、色気と可愛さがあまりない女性は、攻撃力不足で、防御の一手。
攻撃だけではいずれダメージを食らう。その魅力を上手に使えるようにするのが、知性。そして、相手をフィルタリングする役割を果たす気品。最後に、完璧すぎる女性の居心地悪さ、付き合いづらさを弱め、相手の懐に入りやすくする魅力である気安さ。


このようにそれぞれの魅力は互い支えあっており、どれも無くてはならないものだ。そして、全ての魅力がバランスよく均衡したとき、その女性のオーラはとても輝く事だろう。ファイブチャームは五つで一つ。僕が最初からファイブチャームズと複数形にしなかった理由だ。

僕は、すてべの女性は、この5つの魅力を全て持っていると思っている。
私には○○の魅力が無いという事はけしてない。元がゼロではないのだから、いくらでも増やす事も減らす事もできる。自信と探究心がある限りは。

さて、僕のレポートも終わりに近づいた。このレポートが少しでも多くの女性の魅力を上げる事に貢献できたら嬉しい。また、僕にこう言った機会を与えて下さった恋愛ユニバーシティのぐっとうぃる博士にも心から感謝したい。僕の日記は他にも色々書いているので、もし興味のある方はこの記事の下にリンクを張ったので覗いてみてほしい。


それでは、また会える日まで、さようなら。



金 猛得 『男の本音シリーズ』

アミィ さんの他のレポート

会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE