男友達を彼氏にする方法③



男友達を彼氏にする方法③

第3回
「理想の彼氏の条件は?」

> 【前回までのあらすじ】

ワンダは多忙な30代前半の女性。彼氏が欲しくなって、合コンにでかけるようになって男友達が急に増えました。男性心理に詳しいフィオナと話し合いながら、この中で彼氏になりそうな男性を探します。

フィオナ『モンブラン?それともアップルパイ?』(*´Д`)

ワンダ『秋に美味しいスイーツね』(*‘∀‘) 

フィオナ『どちらがいいと思う?』

ワンダ『アップルパイだったら・・・私も食べたいかも』

フィオナ『私、モンブランでもアップルパイでもない気分なの』

ワンダ『よく見てよ。メニューにあるのはそれだけ』

フィオナ『いちじくタルトが食べたいわ』( `ー´)ノ

ワンダ『ここのカフェじゃ無理、うちにレシピあるけど?』

フィオナ『あ、教えて♪作ってみたかったのよね』

ワンダ『レシピは後で送ってあげる。
それより今回のテーマは、デザート選びじゃないでしょ?』
( ゚Д゚)

フィオナ『ごめん今思い出したわ。【比較】だったよね』
(;・∀・)

ワンダ『そうよ。彼氏になりそうな、男性3人の【比較】!』

フィオナ『それじゃ【比較】する条件を決めましょ』
(^o^)丿

ワンダ『私そこまでこだわりないんだけど。アレックス、ベン、キャム3人もいるじゃない。このグループ内で優劣だけ決めたらいいんじゃないの』( 一"一)

フィオナ『その3人以外の選択肢もアリだって』('◇')ゞ

ワンダ『え?彼氏候補って3人もいれば十分じゃない』(*‘∀‘)

フィオナ『少ないわよ。このレポートで対象にするのって
アレックス、ベン、キャムのたった3人よ!』

ワンダ『そうよ。出会って友達になった相手』

フィオナ『もしワンダにとって最高の男性がいたとして、もしそれがよ? まだ出会ってない【ザック】だとしたら、もったいないじゃない』(/・ω・)/

ワンダ『目の前の男性だけに囚われるなってこと?』
(。´・ω・)?

フィオナ『【ザック】を探せ、ということなの』(*‘∀‘) 

ワンダ『出会ってもないのに?』(。´・ω・)?

フィオナ『だから比較する前に条件を決めるのよ』('ω')ノ

ワンダ『最初に【ザック】の創造が準備ってことね。
それってすごく素敵!』

フィオナ『この一手間を入れると、あわてて付き合って後で後悔するってパターンは 少なくなるわ』(・∀・)

ワンダ『たしかにあわてると失敗するわね。私の得意技よ』
((+_+))

フィオナ『ワンダってたまに無駄にしょげるでしょ?【ザック】だったら、そんなときどうする?』(・∀・)

ワンダ『なに?もう始めちゃってるの?そういう時?【うっかりやっちゃう】のよね。しょげるし、反省もするけど、懲りずにまた同じような失敗を繰り返すわ。そばで見てる人は大体は驚いたり、注意してくれたり、あとは見ないふりするのよね。だけど見ないふりされるのって、結構傷つくもんなのよ』
(´・ω・`)

フィオナ『【ザック】に、ワンダはどうしてほしいの?』
(*‘∀‘)

ワンダ『・・・『大丈夫?』って聞いてほしいの。いつも同じ言葉でいいから』(*ノωノ)     

フィオナ『繊細なのね』(;・∀・) 

ワンダ『笑われたっていいのよ。それが私だから』

フィオナ『私、それはかわいいと思うわ。それから?あと2つくらい【ザック】について教えて』(*'▽') 

ワンダ『清潔感かなぁ。そこそこ』( 一"一)

フィオナ『あと1つ!』(≧◇≦) 

ワンダ『同性の親友がいること』('Д')

フィオナ『彼女にハマり過ぎて、友達いなくなる男性も心配w』
(;´∀`)

ワンダ『あと、最後に価値観が近いこと。合わせるにも限度ってあるじゃない』( 一一)

フィオナ『なかなか真っ当な条件よね。この4つにしましょ』
(・∀・)

1) ワンダの繊細な部分をなだめられること
2) 適度な清潔感
3) 同性との良好な人間関係
4) 価値観がそこそこ近い

以上の4つの条件に従って、前回登場した

a)アレックス
(ワンダとHはしたいけれど彼女にはしたくなさそう)

b)ベン(ワンダに情熱を傾ける)

c)キャム(現状、脈なし)

を比較してみましょう。


>> 比較-1)

【ワンダの繊細な部分をなだめる】条件における順位をきめよう

ワンダ『あれ?アレックスから始めないの?』(。´・ω・)?

フィオナ『さっき2人で決めた条件に、アレックスを当てはめるの』(/・ω・)/

ワンダ『ベンとキャムも?』( ゚Д゚)

フィオナ『そうよ。実際の男性よりも、ワンダが彼氏にしたい男性の条件の方が優先なの』(・∀・) 

ワンダ『なんで?』(;´∀`) 

フィオナ『アレックス、ベン、キャム以外にも、男性は星の数ほどいる事実を忘れないためよ』(*´ω`) 

ワンダ『たしかに、忘れがちだけど重要な真実だわwww』

フィオナ『特に恋愛では私たち、目の前のことしか考えられなくなってしまいがちだから』(・∀・)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ワンダ『実際のところ、この3人が、これまで私に対して【繊細な部分をなだめる】ような場面がそもそも発生してないのよ』(´・ω・`)

フィオナ『そのうち分かるって。』(*´ω`) 

ワンダ『じゃ今は仮定でいいよね』(● 一一) 

フィオナ『希望にしましょ。今の段階では、その方がいいわ』

ワンダ『なら簡単ね。キャム>ベン>アレックス』( `ー´)ノ

フィオナ『アレックスが最下位って意外。』(;・∀・)

ワンダ『それはねアレックスは、私に器であることしか求めてないから』( 一"一)

フィオナ『そう。気づいたのね』(*‘ω‘ *)

ワンダ『誰も器が繊細だなんて考えもしないわ。
アレックスは私の【繊細な部分をなだめる】どころか
ひびでも入れば他の器を買うくらいにしか、私のことを考えていないのよ』( ゚Д゚)

フィオナ『話もしてないキャムが、ワンダにハマってるベンよりも優位なのはなぜ?』(*‘∀‘)

ワンダ『キャム>ベンのこと?外見の魅力よ!』(≧◇≦)

フィオナ『ベンの熱烈な行動よりも、無反応なキャムの外見を評価するわけね』(;・∀・)

ワンダ『はっきり分かるときが来るまで、夢をみていたい気持ちもあるわ』( *´艸`)

フィオナ『わかってるなら、それ以上ツッコまないわよ。
次の比較2)は清潔感だったでしょ、ほどほどの』
(・∀・)

比較-1の結論)
【ワンダの繊細な部分をなだめる】条件における順位

:キャム>ベン>アレックス



>>>比較-2)
【適度な清潔感】という条件における順位をきめよう


ワンダ『これって外見のことよね?』( *´艸`)

フィオナ『まあね』(・∀・)

ワンダ『じゃ最下位はベンかしら。スーツ姿は見てないし』

( ..)φ・・・

フィオナ『清潔感とスーツって関係あるの?』(;・∀・)

ワンダ『あ、私の好みよ。スーツ着ると男性はカッコよく見えると思わない?』( *´艸`)

フィオナ『スーツ男子は本当カッコいいわ。でも丁寧に手入れするのは、ほとんど奥さんね』(*´ω`)

ワンダ『たしかに、独身男性がスーツのジャケットを毎日洗うことは、まず無いわ』( 一□一、)

フィオナ『アレックスとキャムのスーツ姿はチェック済?』
(;・∀・)

ワンダ『ええアレックスはそこそこ。キャムは、もう最高!』
(*´Д`)

フィオナ『アレックスは、愚痴ってるときもスーツだと思う?』
(・∀・)

ワンダ『まさか!きっと洗ったこともないような部屋着だってwww』( ゚Д゚)

フィオナ『すごいリアルwwwなんでそう思うの?』(;・∀・)

ワンダ『私がそうだから!落ち込んだ夜のために、そういう部屋着をとってあるの』( 一o一)

フィオナ『ねぇベンは、そんな部屋着もってる?』(・∀・)

ワンダ『そんな話したことないwわかんないけど無さそうよ』
(*´ω`)

フィオナ『自信たっぷりじゃない!なによ根拠いいなさいよ』
(≧◇≦)

ワンダ『私と出会って、彼は幸せそうなのよね。私そっちのけでw 私は彼が友達なんだか恋人未満なのかよくわからないから、
彼の幸せそうな感じがちょっと居心地悪いくらいなんだけど。
私の気分はそっちのけで、彼はかなり満たされているみたいよ。

少なくとも夜は寝てるぽいし、色は抜けてるかもしれないけど
洗ったTシャツを着てるわよ。クローゼットをわざわざ開けに行こうとは思わないけどね』(*´ω`)

フィオナ『適度な清潔感における順位は、アレックスのほうがベンより上でいいわけ?』(・∀・)

ワンダ『変える必要があるわね』( 一一,,)

比較-2の結論)【適度な清潔感】という条件における順位

:ベン>アレックス>キャム


フィオナ『あれ?キャムはいつの間に最下位になったの?』('◇')ゞ

ワンダ『だってアレックス以上に、キャムのこと知らないし。
次いきましょうよ。3)男性の親友がいるかって要するに、人間関係のスキルの比較』( `ー´)ノ



>>>> 比較-3)
【同性との良好な人間関係はあるか】
という条件における順位をきめよう

フィオナ『キャムは同僚でしょ?情報は集めやすいじゃない。挽回のチャンスは有るかもよ』(・∀・)

ワンダ『さぁ・・・同じ部署の男性とランチしてる姿は見るし、社内の独身者向けの合コンにも一緒に来てる男性はいたけど。うまくいってるかどうかって・・・どうなのかしらね』( "一一)

フィオナ『そこまで距離が近くないのが現実?』(*´ω`)

ワンダ『彼を知る距離まで接近しないと、比較もできないわ』
((+_+))

フィオナ『あら月面探査から戻った宇宙飛行士の表情みたいよ』
(*‘∀‘)

ワンダ『からかわないでよwwwアレックスは友達には強がってるみたい』((+_+))

フィオナ『表面的に付き合うようにしているのかもよ』(・∀・)

ワンダ『ベンから他の男性の話は聞いたことないけど』|д゚)

フィオナ『だからって友達いないとも限らないわ』(*´ω`)

ワンダ『ベンに、1年ほどの女性と会ってない期間があったって信じるなら、その間やりとりしていたのは男性ってことよね』
|д゚)

フィオナ『宇宙人とかいうオチがつかなければ、ねwww』
( *´艸`)

ワンダ『アレックスもベンも私に見せてる部分だけで、実際のところを目にしたことはまだないのよね』(´・ω・`)

フィオナ『じゃ2人も似たようなもんじゃない』(;・∀・)

ワンダ『今のところはね。じゃ、4)価値観が近いか遠いかって比較』('ω')ノ

比較-3の結論)【同性との良好な人間関係はあるか】という条件における順位

:(ベン=アレックス)>キャム



>>>>> 比較-4)【価値観がそこそこ近い】
という条件における順位をきめよう

フィオナ『この場合、ベンかしら』(/・ω・)/

ワンダ『私を都合のいい女として扱うような価値観のアレックスは、ベンより下よ!』"(-""-)"

フィオナ『妥当でしょうね。キャムは?』(*‘ω‘ *)

ワンダ『すれ違う程度で話もしてないなら、になるわ。それが現状での結論ということ。私さしあたり、ベンの「カップケーキちゃん」でいるのも悪くないのよ』(・∀・)

フィオナ『ワンダ、あなたピッツァにまでハバネロかける辛党なのに。「カップケーキちゃん」でいいだなんて・・・かなりの努力じゃないの!』(*´▽`*)

ワンダ『妥協できる範囲内だったから、そうしたの。
これが「愛しのモンスターちゃん」だったら無理ね』(;´∀`)

比較-4の結論)
【価値観がそこそこ近い】という条件における順位

:ベン>アレックス(>キャム=問題外)



>>>>>> まとめ

フィオナ『いちじくタルト作れるなんて!ドキドキする!』
(*ノωノ)

ワンダ『結構かんたんよ☆でも私、フィオナのいちじくタルトほど、ベンにときめきって感じないのよね』(´・ω・`)

フィオナ『私、いちじくタルトのためにこれからバター買うし、いろいろするじゃない?ワンダは何もしなくたって、ベンの「カップケーキちゃん」 なんだからwww』(*´ω`)

ワンダ『何もしなくていいなんて、退屈よ。これからどうしたらいいと思う?』(。´・ω・)?

フィオナ『え?このままでいいじゃない』(*'▽')

ワンダ『アレックスとキャムは?』( ゚Д゚)

フィオナ『だから、そのまま友達続けていいじゃない』(・∀・)

ワンダ『アレックスは断り続けたら終わりそう。キャムもこのまま何も始まらないかも』( ;∀;)

フィオナ『そしたらメンバーチェンジ』(≧◇≦)

ワンダ『あ、選手交代ね。そのために交代要員を・・・』(*‘∀‘)

フィオナ『ベンチに座らせておかないとねwww』( `ー´)ノ

ワンダ『まかせといてよ!私、合コン以外でも結構すぐ仲良くなっちゃうから』(/・ω・)/

フィオナ『たのもしいわ。さっさとアレックスもキャムも控えと交代させちゃえば?』(*‘ω‘ *)

ワンダ『ねぇ・・・そういうの私やったことなくて自信ないわ』
(;・∀・)

フィオナ『じゃ次のお楽しみね!』(●´ω`●)


今回、アレックス、ベン、キャムの3人の男性を、ワンダの彼氏にしたい男性の条件のもとで比較しました。結果、もっとも優位になったのはベンでしたが、まだワンダに交際を申し込む段階に至っていません。そこでフィオナがワンダに提案したのが、3人との関係を維持することです。

このことで期待される効果は3点です。

・アレックスとの安易な肉体関係に魅力がなくなる

・ベンとの関係の発展を、落ち着いて観察できる

脈のないキャムが重要でなくなる

フィオナによれば、

3人との関係の維持は
『絶対にプラトニックでなければ駄目!!!』


ということですが、彼女はそれをどうやって実行しているのでしょうか。


来週のテーマは

『肉体関係を伴わない男性関係を同時進行させる』です。

お楽しみに♪

(●´ω`●)


Vitz さんの他のレポート

会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE