②mamiの恋と美とアンチエイジング=若く見えるということと若々しさは違う。



誰でもときどき感じたことはあるかもしれません。

若く見えるということと若々しさは違う、ということを。

これは男性でも女性でも同じです。

「確かに若く見える。でも絶対に**歳くらいだな…」

それは隠しようもなくあらわれることが多いです。


しかし稀に、若く見えるし実際若々しいという人がいます。

有名人で例えるなら、高須クリニックの高須克弥先生でしょうか。

素敵な方ですよね。

もちろん高須先生は美容外科のパイオニアとしても、ポリシーとしても、
「自分自身の体を使って手術もするし、新しい薬剤の安全性や効果を試してみる」ということを実行されていらっしゃいます。

常に時代の先を見て行動されてきた方、とも感じます。

精神が若いのだから、若々しく見えるのも当たり前かもしれません。

ここで気づかされたこと。


ーーーーーー

若く見える《静的》見た目の問題。

若々しさ《動的》エネルギーの発露。

ーーーーーー


わたしはこのように捉えました。

若くは見えても、それに相応しい内面のパッションと現実が伴わないと、若々しいとは言えなくなる。

傍目にはむしろ「痛い人」と映ることだってあるかもしれません。

「幼稚だ」「子供っぽい」とされることもあるかもしれません。

それではイヤですよね。


年齢というのは、肌や髪の「質感」に現れます。

ある程度年齢がいくと、肌より髪に「年齢」を感じます。

たとえば、カラーリングやパーマでお洒落を楽しむのは素敵ですが、


①アラフォー以降は、明るい髪よりも黒髪の方が美しく若く見えることも多い。

②ゆるふわウエーブは艶が無くなれば、ひたすら汚く貧しく見える。

③白髪のチラ見えは「生活感」がリアルである。

④程よいボリュームは必要。

⑤手入れされてる感は大切。


肌ならば顔だけでなく、むしろ首や手の甲・ヒジやヒザの「質感」です。

みっちりムッチリした充実感が無くなってしまう。

ぜひ化粧水で潤してあげたい部分です。


立ち姿、姿勢、歩き方等の所作も、年齢のあらわれるところですね。

動作が重くなるのかもしれません。
ゆっくりになるのかもしれません。

でも、もしかしたら一番は「恥じらいが無くなる」ことが原因かもしれません。

見られている自分を意識することは、外側からのプレスです。

何も無ければ「ゆるんでいく」のが自然というものです。

女性の人生=その「生の季節」において、どこかで見切りをつけたり、新しい自分を演出していくのは大事な事かもしれませんね。


次回はボトックスについて書いてみます。

mami さんの他のレポート

会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE