幸せなカップルになるためにー男性のタイプにより駆け引きが変わる


第5回 男性のタイプを見極めよう。



紹介書籍




スターリングメソッド 
 

著者:ジャスティン・スターリング








この本は私の手元にはないのですが・・・ジョングレイ博士は、男性は火星人。女性は金星人。異星人同士なので、お互いが芯からは理解できない。だからお互いをよく知るために勉強しましょう。と言われていますが、
このスターリング博士の本では、男性をゴリラにたとえ、ゴリラなので人間(女性)の言葉がわからない。と説かれています。笑


そこで、これは自説でありなんの科学的根拠もないのですが・・・

数々の恋愛体験や、友達のご主人や彼氏の行動&言動観察、またいろいろな勉強の結果から、男性は肉食=SEX至上主義<byぐっどうぃる博士>と草食=非SEX至上主義<byぐっどうぃる博士>の2種類だけでなく、もっとたくさんのタイプがあるのでは??と思いました。

そして、ぐっどうぃる博士もサイト内の恋愛プロトコールの中でもおっしゃっていますが、ルールズや他の恋愛指南本が効かないタイプの男性もいる。と・・・彼がどのタイプに所属するのか?で駆け引きや対処の仕方も変わってくるので、まずプロファイリングで彼のタイプを知ること!が恋愛成功のための早道である。と私は思います。

まずこのSEX至上主義(肉食男子)と非SEX至上主義(草食男子)ですが・・・

よく勘違いされますが、SEX至上主義だからと、性欲満々の男性ばかりでなく、淡泊な人もいます。まずここを間違えないように!(^^;)
SEX至上主義の男性は、モテるために努力をしている男性で、たとえば、女性が好きそうなお店を調べ、気の効いた演出のデートプランを立て、ロマンチックなことを言ったり、したりしてくれる男性。

非SEX至上主義は、男友達といつもつるんでいて、女性のことにはあまり興味がなく、女心がわかってない行動やデリカシーのない言動をするような男性。


これらは、恋愛経験のあるなし、モテるモテない関係なしで“女性にモテるために努力”をしている男性をSEX至上主義。そういう努力をしない男性を非SEX至上主義と呼びます。





さて、このSEX至上主義の男性。
一般的に女性の好きなお店や話題、流行ってること。そして、よく気が付いたり、気が回ったりして女性にとってはとても居心地よく、ロマンチックな気持ちにさせてくれたり、お姫様扱いをしてくれたり・・・
でも、そこは肉食系。
SEXするのが主目的のヤリ目男や、ただ女性にモテたいだけのチャラ男、不誠実な男性も多いのも事実。


反対に非SEX至上主義の男性は・・・女性の気持ちや心や行きたいお店などがわからず、デリカシーのない言葉や、気も体も使えない・・・ヒールの高い靴でデートなのに、長時間歩かされる。
食事やトイレのことを考えてくれない。スポーツ観戦や戦争ものの映画に連れて行かれる・・・などなど、全然女心をわかってない男性が多数います。苦笑





男性のタイプをざっくりとわければこの2つなんですが・・・
そこから私独自で編み出したものが・・・男はゴリラ。の言葉から、サルから人間への進化で


1、猿人 - すべてにおいて気が回らない。気が付かない達人

2、北京原人- 察する能力が低い男性。言われれば気が付くが、何も言われなければ気が付かない男性。

3、クロマニョン人 - 察する能力が高く、女性のケア能力高い男性


と、この3つに分類できるかと。笑


  • 1、猿人
*話し合いが出来ない?というか、そもそも話自体が分からない?理解しようということをしない??涙

*穴にこもっても、自分で解決策が見つけられない。ただの冬ごもりで終わる。

*どれだけこちらが頑張っても全部空回りするだけで、褒めてもけなしても、まったく懲りることもなく、何を考えることもなく、どこ吹く風?ラララ~♪状態。

*言ったことがまともに出来ない。

*空気が読めないので、気遣いは皆無。

*女性の機嫌が悪いことや、怒っていることも気が付かない。

*何ごとも一切期待はできない。

このタイプを夫にしてしまうと・・・なにをしても自分が辛くなるかも←2回目の元夫がこのタイプでした。苦笑



  • 2、北京原人-超平均的男性。ほとんどの男性がこのタイプ。
*ゆきこ道やルールズが効かないことが多い。<この2つは肉食系男子をターゲットにしているので、草食系にはハードルが高すぎる。笑>

*女心に超うとい。デリカシーがないことを平気で言う

*何事も言えば出来るが、まず自分からは気が付かないからしない。

*通常生活で察する能力が高くても、女心は絶対に察せられない。

*デートやお店も自分の好きなところやしたいこと優先。

*女性の機嫌が悪いのはわかるが、何が原因なのか?には言われない限り気が付かない。



  • 3、クロマニョン人

*ゆきこ道やルールズが効く。

*察する能力が高く、女性の察してちゃんも理解できる人が多い

*ロマンにあふれたデートコースや女性をお姫様扱いにしてくれる

*ひたすら女性を喜ばせることに徹する。


と男性をこの3つのタイプにわけました。
わかりやすい例を挙げると・・・


あなたは風邪のため熱があり、寝込んでいます。ご飯が作れそうにないので
『コンビニでお弁当でも買ってくれる?』と彼(夫)へ言いました。そしてコンビニへ行く男たち。


1、猿人の場合

お?焼肉弁当おいしそう!!おれ、コレ食べる!絶対に美味しい!!←彼女(妻)のことはすでに頭の片隅にもない。苦笑
そして、自分の分だけお弁当を買って帰る。→彼女(妻)カンカンっ!または、愛されていない。と悲しくなる。でも猿人男に愛がないわけではない。ただ気も体も回らないバカヤローなだけ。苦笑


2、北京原人の場合

お?焼肉弁当おいしそう!!
彼女は何が良いだろう?・・・あ~面倒くさいし、一緒でいいか??←いちおうお弁当は買って帰るが、あっさりしたものが良いだろう!?なんて考えはどこにもない。苦笑


3、クロマニョン人の場合

お?焼肉弁当おいしそう!!オレはこれにしよう!

で、彼女は・・・熱もあるし、のども痛いだろうから、何かあっさりと、のど越しのいいものがいいだろうなぁ~
ついでに、栄養ドリンクと薬も買ってあげよう。
お?プリンもいいな~~そうそう熱取りシートも。
さ、早く帰って看病してあげなきゃ!!


と、これだけの違いがあるわけで・・・・爆笑!

クロマニョン人系に関しては、天然で生まれながらにして才能として持ち合わせている人もいれば、モテたいがためにケア能力を身に着けた男性も多いかと。
また育ってきた環境で父親がクロマニョン系であれば、それを真似する(当たり前だと思う?)こともあり、環境的なものも影響されるのかも・・・
あるいは仕事で、ケア能力のいる仕事(サービス業など)などでも磨かれるものではないか?と私は思っています。



肉食草食以外にも、この3つのタイプで彼やご主人がどのタイプなのか?を知ることができれば、次回のレポートでお伝えする予定の

男性にわかる言葉での話し方。伝え方。


で、1歩も2歩も進んだコミュニケーションをとることができます。

夫婦生活において、勘違いや誤解のないコミュニケーションをとることがいかに難しいか?

特に、上にあげた3つのタイプのうちで、猿人系や北京原人系(でもこれらが男性人口のほとんどです。)の男性には、普通に女性が話す言葉で話しても、なかなか伝わらず、察してチャンだと、まずほとんど何も伝わることはありません。
自分が期待したことが期待したようにならずに、ガッカリしたり、イライラしたり、悲しくなったりすることが多いのが現実です。


私がお付き合いや、結婚をした男性はみな猿人と北京原人タイプでした。Orz

そのうえ、男性心理を勉強をしていなかったころの私は、極度の察してチャン!!
好きならば私の思うことがわかるはず!!
と思い込んでいました。
これがクロマニョン人系の男性であったならば、私の気持ちやして欲しいことも理解できていたのかしれません。

でも北京原人系や猿人系の男性は、まず何も言わずにこちらの思うことは通じることはないので、期待通りにならないことにガッカリすることが日常的になり、男性心理を知らなかったのも相まって、夫に対する愛情もだんだん薄れていってしまいました。

現在の彼も、やはり北京原人系。苦笑
まったくロマンのかけらも女性のケア能力もなく、私の誕生日もうる覚えな上に、発言もデリカシーにも欠ける・・・良く言えば男の中の漢?ゴリラの中のエリートゴリラ??爆笑

そのことを示す典型的な出来事がありました。

ある日、とても疲れた私は仕事から帰ってリビングで休んでいました。
そこへ帰ってきた彼に

『今日は少し疲れてしまったの・・・
外に干してある洗濯物を取り込んでもらえる?』

『OK!わかったよ。煙草吸ってからね~(^^)』

しかし待てど暮らせど取り込む気配はなく・・・すでに日が暮れて・・・そんなころ、やっと洗濯物を入れてくれた彼に


『助かったわ~ありがとう!(心の声:ちょっと遅かったけどね!--)』

『おぅ!(心の声:オレって出来る奴!!エッヘン!)』

とニッコリ笑顔でお礼を言う私に、ドヤっ顔の彼。笑

そして、ふと外を見れば・・・・外に干していない洗濯物は、屋根のある場所に干したまま・・・・Orz

言われた通りのことは出来た彼。しか~し・・・・その通り道にある他の洗濯物は・・・見えない!?のが北京ゴリラたるゆえん!?苦笑

これが、クロマニョン系の男性であれば・・・・
リビングで休んでる時点で、洗濯物を言われなくても取り入れる。そしてご飯の用意もしてくれる。とか、洗濯物のことを言われても、外に干してない洗濯物もちゃんと入れてくれる。
のではないかと・・・・クロマニョン系に接したことがないので、あくまで憶測です。笑

と、こんな毎日。
結婚生活において、気の回らない北京系や猿人系のご主人を持つと、こういうことは日常茶飯事ではないかと・・・(^^;)
私も以前の結婚生活では、この繰り返しでガッカリの連続でした。。。。



でも今は、昔とは違い『要望』をキチンと口に出すことによって、私が何を思っているのか?何をしたいのか?どうすればいいのか?を伝えることに成功。
お互いの翻訳ミスから、勘違いをして溝を作ってしまうことが圧倒的に少なくなりました。

この要望。

“私は○○したい“
“○○が欲しい”
“○○へ行きたい”
“○○が好き!!”
”○○して欲しい”

など、私の希望。を表しているが要望であり、

“○○してっ!”
“○○してくれて当たり前でしょ!!”
“○○が嫌い!嫌!直して”
“なぜ○○してくれないの!?”

と、ダメ出しにもつながる、相手をコントロールしようとすること。が要求。

この違いを女性が理解して、いかに自分の要望を男性に上手に伝えられるか?が出来るかどうかによって、長い夫婦生活において、居心地の良い関係が続けていけるかどうか?にまで関わってきます。

要求と要望の違いについてや、要望を聞いてもらいやすくする魔法の言葉。などは次回のレポートで書きますね。




次のレポートはこちら

ミコリー さんの他のレポート

会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE