恋愛回路の話

【イントロ】
以前、このブログのコメントで
「男は手に入りそうで手に入らないという距離感にいる女性を好きになるとgoodwillさんは仰いますが、一体いつまで続ければよいのでしょう」
というような質問を頂いた。

今回はそれに関する僕の考えを述べようと思う。
僕が「恋愛回路」と名付けたものの話だ。

男でも女でも一定期間以上、1人の異性の事を考え続けると「恋愛回路」ができあがると僕は考えている。
それが執着を生み、愛情を生み、憎しみや苦しみを生む。

恋愛回路とは、好きな人が思い通りにならず、思い通りにしたいとずっと考えているうちに、
脳の一定の領域にその人の事を考える回路が出来るという僕の考えから作った概念である。
言い換えると、その人の事ばかり考えていると、その人の事を考える習慣が自然に付き、それが強い執着心となるという事。

あなたが誰かを好きになった経験があるなら分かるだろう。
気づいたらその人の事ばかり考えている。
なにかというとその人を思い出す。
これが恋愛回路だ。

以下で恋愛回路で苦しんでいる人の話、そしてどうするか?
更に恋愛回路の使い方について僕の考えを述べる。

【その1】あなたに恋愛回路が出来て苦しんでいる場合。

一端恋愛回路が出来てしまうと嫌いになろうとしても嫌いになれない。
他の事を考えようとしても、どうしてもそこに戻ってしまう。
時には、それにより仕事に支障をきたしたり、体調をおかしくしたり、
自分を嫌いになったり、相手を憎んだりする。

実際に考えている事は、いかにして相手に好かれるか?相手に愛されるか?である。
愛されている時この回路は見えないが、愛されなくなるととたんに姿を現す。

恋愛に苦しむ女性たちは、この恋愛回路ができあがってしまっている場合が殆どだ。
いつも1人の男性の事ばかり考えてしまっている。

相手の事を考えている間に強い執着が生まれる。
そこから離れる事は不可能で
「忘れちゃいなよ、そんな酷い男」
とか
「他にも男なんていっぱいいるじゃん」
とか言われても信じられない。
例え理性では解っていても、忘れられない。
彼よりいい人がいると思えなくなる。

恋愛回路は更に、つよい衝動を作る。
苦しさから抜け出すために何か手を打ちたくなる。
その打った手が失敗すると、また苦しくなる。
相手の行動や態度、言葉があなたに強い喜びや苦しみを作る。

相手があなたに優しい行動をとれば、あなたの心は幸福で満ちあふれ、
彼が素っ気ない態度や、冷たい態度をとると、とたんに地獄に堕ちる様な感覚を味わう。
その回路は原始の脳が作っていて、あなたに目的を果たさせようと必死になっているのだ。
「この男を逃したら、後がない!!」
と原始の脳が命令し続けているのである。

原始の脳が必死になると、理性は翻弄される。
どんな場合でも、このような脳のバランスが出来ると良くない状況が起こりやすくなる。
理性は、原始の脳の衝動や感情を言語化しているに過ぎなくなり、堂々巡りの袋小路的な考えが頭を巡る。
この時の考えは、殆ど無意味か害にしかならない場合が多い。

1つの行動をとると、
「これで本当に良かったんだろうか?逆効果じゃないだろうか?」
という反省と後悔に似た感情が生まれ、

何か彼にしようとアイデアが生まれるとそれをせずにはいられなくなる。
そしてそれをすると、また反省と後悔が生まれる。

彼には、あなたが感情的に見え、あなたが自分に惚れている様に見え、利己的に見える。

その結果
相手の思い通りになってしまう関係を生みやすくなる。
相手との関係の破壊を生みやすくなる。
手に入る男性が手に入らなくなる。
積極的になりすぎたり、消極的になりすぎたりする。

あなたが恋愛で苦しむなら、恋愛回路を小さくするか、消してしまうのが一番良い。

恋愛回路を小さくした方が、恋愛はうまく行く。
好きな人は手に入りやすくなり、
恋人同士の関係も良くなる。
そして第一、苦しみが減る。

もし失恋したり、不倫していたり、彼に酷い事をされ別れたいと考えていても恋愛回路があなたを苦しめるならあなたは知る事だ。

彼がどんなに格好良くても、優しくても、金持ちでも、頭が良くても
彼より素晴らしい人があなたの前に現れる。

あなたはそれを信じられないだろうが‥。

恋愛回路を弱くする事こそ、恋愛をうまく生かせる極意だと言えよう。

【その2】恋愛回路に苦しんでいる人はどうすればよいのか?

じゃあ、どうするか?
恋愛回路を減らす努力をする事を勧める。
これは薬物やアルコール依存症に似ていると僕は思っている。
従って以下の行動をとる事だろう。


物理的に離れる。
彼のアドレスを捨てる、彼に会わない様にする、メールの頻度を減らす、
一緒に住むのを止める、彼とのメッセンジャーやチャットをやめる。
など、とにかく物理的に離れる事により回路は小さくなる。


他に好きな事を見つける。
それは男性でも良いし、趣味でも良い。
何でも良いから、没頭出来るものを見つける。


普段と違う行動をとる。
散歩に出てみるとか、友達と旅行に行くとか、
とにかく決まり切った生活を抜け出す事で回路は小さくなる。


彼を思い出す行動を減らす、あるいは止める。
彼の家の前を通る、買い物に出かけたとき彼が欲しいものを探す、
彼が喜ぶだろう服を探す、彼にメールを書く。
彼の事を考える。
そういうのを一切止める。
彼の事を考えている自分に気づいたら、それが逆効果になりやすいことを知るべきだろう。


自分が彼を想っている時、
「あ、私、今恋愛回路が働いている」
と自覚する。

恋愛回路は強力で、すごい力で
上の5つの行動を止めさせようとするだろう。
依存症の末期症状のように‥。

しかし、あなたがこれを続ける。
そうする事で苦しみは和らぎ、
恋愛はうまく行く様になる。

実際、恋愛がうまく行く極意は相手に惚れすぎない事なのである。
恋愛の駆け引きは惚れすぎない方がうまく行く。
自分の人生を楽しみ、程よく恋愛をする事こそ恋愛がうまく行く秘訣である。

こう聞くと、そんなの愛じゃないと言う人がいるかも知れない。
執着が愛というなら、これは愛じゃないだろう。
それに、恋愛回路に支配されている愛は、映画になるほどロマンチックである。
が、苦しみ、お互いの関係を破壊しやすくするのもこのタイプの愛である。

子離れ出来ない親を想像すると考えやすいかも知れない。
彼らには子供を愛する回路ができあがっている。
だからいつまでたっても子供を自分の思い通りにしようとする。
ある時期になれば結婚させようと子供を責める。
あるスタイルを否定する。子供が思い通りにならないと苦しむし、ありとあらゆる言動で子供を動かそうとする。
彼らはこれを子供を愛するが故と思っているだろう。

別の見方をすれば、それは子離れが出来ていない、執着心と言える。
本当に子供を愛しているのなら、彼らはいったんその回路を壊し、子供たちを自由にしてやる必要がある。
そうする事により彼らも自由になる。そして子供たちから愛される様になる。

僕が考える愛とは
見返りを求めない、愛するが故に相手を憎まない、そして相手のために自分が苦しまない愛である。
そういう愛が結局はうまくいくと思う。

【その3】相手を好きにさせるために使える恋愛回路。

逆にこの恋愛回路を使えば、あなたは相手を長い間自分を好きにしたままでいられるだろう。
男性には恋愛回路が出来にくい、でもやはり出来る。

この方法は僕はお勧め出来ない。
何故なら、相手を苦しめるからである。
この方法はしかし、極意でもある。

もし男性の心を独り占めにしたいのなら
相手にこの回路が出来るまで、あなたは付き合っていようがいまいが
「手に入りそうで手に入らないという距離感にいる」
必要があるだろう。
(ラブラブだったり、相思相愛だったら、今のままでよい)

時には相手に近づき、
「こいつ俺の事好きなんだ」
と信じさせ、時には離れる。
「こいつ、皆に優しいんだろうか」

この距離感は相手とのメールやデートや、電話などで
相手の距離を測りながら行うので難しい。
相手が離れたと思えば近づき、近づいたと思ったら離れるのだ。

よく甘え上手の女性がいるが、この人たちがこの距離感作りを自然にやっている人たちだ。
自分だけに甘えていると思いきや、急に気まぐれで別の男に行ったりする。
でもまた戻ってきたり‥。

ただ相手との距離感が測れないと多くの失敗を招くだろう。
甘え上手の女性たちがある種の男性しか得られないのは、彼女たちが恋愛の極意を知らず、
ただ、同じ行動をとっているだけなので、通用する相手と通用しない相手が生まれるのである。

相手との距離、相手がどれだけ自分の事を好きかを常に測りながら行動しないとならない。
相手が自分を全く好きでない場合。
あるいは付き合っていない場合は、「落ちない男を落とす方法」を参照して欲しい。

相手と付き合っていて、辛い場合は、
「恋人の心を取り戻す方法」を参照して欲しい。

恋愛回路は、そのような距離と同時に、あなたが彼にとってどれだけ掛け替えのない存在になれるかが関係している。

例えば、あなたがとても美しい女性なら、彼の恋愛回路は作られやすくなり、そしてなかなか無くならないだろう。
あなたが彼にとってとても楽しい人だったり、彼の唯一の理解者だったり、床上手だったり、料理がうまかったり‥。
ともかく彼に喜びを与え、レアであればあるほど、彼はあなたから離れられないのだ。
だから、あなたはそれを磨くべきだろう。

つねに男性は、他の女性と会うと、無意識にあなたと他の女性を天秤にかける。
そして、あなたがいかに掛け替えがないかを見積もる。
彼の見積もりで、いつもあなたが誰かに勝つなら、強力な恋愛回路が彼に出来るだろう。

レアになるために誰でも出来る事は、優しさであろう。
その優しさは、本当の意味で尽くすという事だ。
優しい女性はいくらでもいるが、皆本当の意味では利己的だ。
相手に愛されたいがための優しい行為は、それが簡単に相手に読みとられ意味を失う。

本当に自分なんてどうなっても良いという優しさは後で活きる。
相手に恋人がいたら、うまく行く様に協力してあげる。
自分が相手にとってウザイと感じられたら、距離をおいてあげる。
相手が何かに対して怒ったら自分も怒ってあげる。
決して相手がどんな事を言おうとも、怒らない。認めてあげる。
彼のどんな行為も許してあげる。
金を貸したり、肉体関係を作るのは逆効果に働くので勧めないが、
それ以外の尽くす行為はあとで必ず彼の心に恋愛回路を造るだろう。

彼はやがて思う。
「何て優しい人だったんだ、どうして僕はその人にこんな扱いをしてしまったんだ」
他の女性とつきあい始めても、普通の女性はそういう優しい行動を取れないから、やはりあなたを思い出すだろう。
尽くす行為により、あなたは簡単に掛け替えのない人となれる。

このようにして恋愛回路を作れば、あなたは一生彼を手元に置いておける可能性が上がるだろう。
好きという気持ちが、情に変わり、強い執着になって彼の中に長い間留まる。

一旦、恋愛回路を作ってしまえば、あなたが尽くす行為を止めたところで、彼はあなたを嫌いにならない。
あなたが我が儘になっても、彼は認める。
彼はあなたを手に入れたいと渇望し、そして失うのを恐怖と感じる様になる。
あなたを嫌いになれないのだ。これが恋愛回路の呪縛と言える。

つまり、あなたが尽くすのは恋愛回路が出来るまでの辛抱という事になる。
そのあと、普段のあなたに戻ればよい。
(もちろん、そのまま彼に優しくしてあげても良いだろう)

もう一度まとめると、手に入りそうで手に入らない距離感を作る事、そして希な存在になる事が、恋愛回路を作る方法だ。
この2つが同時にないと恋愛回路は出来ない。
そして見返りを求めない真の優しさは、希な存在になる誰もが出来る方法と言える。

ただ、初心者の場合、この恋愛回路を作っている時間、あなたにも恋愛回路が出来、そしてそれは強化される。
つまりあなたは彼の事ばかり考える習慣が付く。
これに気を付けた方がよいだろう。

とにかく、恋愛回路を作るという方法は、相手を思い通りにするのに本当によく効くが、安全に相手を思いやりながら使って欲しい。
出来る事なら、使わないで欲しい。

今回は以上です。

彼を振り向かせる方法はあります!恋愛のプロに診てもらいましょう!


初めての方へ
断捨離やました先生の対談
会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+