どうでもいい異性にばかりモテてしまうのはなぜ? 男の気持ちを知る方法

誰かに恋愛の悩みを相談する時、相手に何を求めますか? 共感? 励まし? アドバイス? 自身のTwitterやブログを通して、恋愛に悩む多くの女性を勇気づけてきたDJあおいさんは、著書「じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せになれないってことよ。」(ワニブックス刊)の中で、相談者が本当に望んでいることは、『自分を変えてほしい』ということだと言います。

悩み始めると、ついつい自分中心に物事を考えがちになったり、あるいは自分ばかりを責めてしまったり――どうしても意識が“自分自身”から離れられなくなってしまいがちに。そんなときに“相手の気持ち”を考えてみたら? もっと客観的な視点でその恋愛を見つめられたら? きっと何かが変わるはず。毎日100通以上の恋愛相談を受けるというDJあおいさんのもとに実際に届いたお悩みのケーススタディを、いくつかご紹介しましょう。

1. どうでもいい異性にばかりモテてしまうのはなぜ?

気になる人には振り向いてもらえないのに、どうでもいいと思っている人にばかり好かれてしまう。こんな経験をしたことがあるという方は多いのでは?
まずは、気になる人と、そうじゃない人に対する自分の言動を振り返ってみてください。気になる人にはいいところだけを見せたい、と思うのがいじらしい女心。どうでもいいと思っている人の前では、それこそ“どうでもいい”のだから、「嫌われてしまうかもしれない自分」を素直に見せられる。そこでDJあおいさんは言います。「自分らしさというのはこの『嫌われてしまうかもしれない』と思っているものの中にこそあるものなんですよ」。気になる人にどれだけ“ありのまま”を見せられるか。そこからが勝負です。

2. 別れてもすぐに次ができる人と、できない人の違いは何?

根本的に性格や考え方など、何もかも違うのではないかと思う2つのタイプですが、DJあおいさんは両者とも同じ「独り身では充実できない寂しさ」を持っているんだと言います。では、違いは何かというと「上っ面の見た目の善し悪しだけ」とのこと。結局見た目?!と嘆くなかれ。上っ面だけ綺麗にして中身のない女性より、内面を磨いている女性の方が輝いて見えますよね。独り身でも充実感のある生活を送ることができる女性には、よりいい男が寄ってくるというわけです。

3. 恋人にうまく甘えることができないのですが?

女性もどんどんキャリアアップしている時代。弱い自分を見せたくない、媚びたくない、長女気質だから、などなど、あらゆる理由で“甘え下手”な女性が増えているのではないでしょうか。甘え下手な人は、相手に頼ってしまう自分に引け目を感じてしまっているのでしょう。でも、こんなふうに考え方を変えてみては、とDJあおいさんは提案しています。相手の「得意分野であることはあえてその人に頼ります」と。得意なことを頼られた相手は、負担に思うどころか、むしろ喜んでくれることでしょう。うまく甘えられない人は、そんなところから始めてみませんか?

いかがでしたか?もっと詳しく知りたい方は、DJあおいさんの著書「じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せになれないってことよ。」をチェック。タイトルにこそ“男の気持ち”と入っていますが、男性の視点から見た言い分でもなければ、男性の気持ちを押し付けるものでもなく、頼れる友人のような視点で、見えなくなっていた解決の扉を開いてくれます。あなたが「変われる」ヒントが、きっと見つかりますよ。


(文=今井ユカ/恋愛ユニバーシティ)

今井ユカ/ 恋愛ユニバーシティ

今井ユカ/ 恋愛ユニバーシティ

愛媛県松山市出身。大阪の専門学校を卒業後上京。編集プロダクション、出版社勤務を経て、フリーランスに。年間100本はライブに通っています。

片思いの悩みを解決する方法のまとめ

関連記事

関連する相談


初めての方へ
会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE