画期的!?夫や彼を思い通りに変える方法伝授します。

夫や彼からの愛情、上手に受け取っていますか?

男は女を喜ばせたい生き物。
女から、ニッコリ笑顔で「ありがとう!」と言われることが男の幸せ。ってこと知っていましたか?

「夫から、何もしてもらってないわ!!帰りも遅いし、仕事仕事。私のことなんて考えてない!怒」

本当にそうでしょうか?
男の愛情は女の愛情とは違います。

女は結婚をしてもしなくても“労わられたい。気遣われたい。察してもらいたい
でも男は、結婚したならば“妻子が困らないようにしっかりお金を稼ぎ、毎日家に帰ること(結婚した責任)”が愛情であったりします。

自分に守るものが出来た男は、その愛のために以前に増して仕事に励みます。そして、ストレスフルに生きていても、妻子のために頑張っている!という想いがあるので、疲れを苦とも思いません。

しかし、家に一人ぼっち。または、子供とずっと向き合い家事に明け暮れて1日を過ごした妻は、不平と不満で一杯。
上手に自分の気持ちを言えない妻は、仕事から帰って来た夫に対して優しい気持ちになれません。

仕事から帰り、愛する妻のもとで癒しを得ようと思った夫。でもなぜか機嫌の悪い妻。

愚痴をたくさん聞かされ、不平不満の嵐に夫はげっそりと疲れ果て・・・いざ、セックスで妻のご機嫌を取ろう(男はセックスでストレス解消が出来、気分転換が出来る)思っても、怒った妻には拒まれて~気持ちも体もすれ違ったまま、年月を重ねて、幸せな老後を送るどころか、熟年離婚・・・

男女の愛の違い。考え方、感じ方の違いを知らないが故、不幸な結婚生活や離婚をするカップルがたくさんいます。それを防ぐためには・・・

1、 自分の気持ちを上手に伝える。

男性心理や行動を理解し、察してもらいたい気持ちを押さえて自分の気持ちを上手に伝える技術を学びましょう

自分の気持ちを上手に伝えるには、Iメッセージ。
自分を主語に持ってきます。

*私は○○が好き / 好きじゃない。
*私は○○してくれると嬉しい / 悲しい。
*○○してくれると、嬉しいなぁ~

など。間違っても“○○して!”“○○して当たり前でしょ!?”など、ダメ出しにならないように、上手に私がどうされれば嬉しいのか?喜ぶのか?を根気よく伝えて行きます。詳しくはこちらのコラムをどうぞー恋人に言いたいことを言って、それでも仲良くなる方法。

2、 愛情を受け取る

言葉できちんとあなたの想いを伝えると共に、今まで気が付かなかった夫(彼)の愛情を受け取ることに集中しましょう。
これらが出来るようになると、男性の行動も必ず変わってきます。

女の“労わられたい。気遣われたい。察して欲しい。”に対し、男は“頼られたい。尊敬されたい。感謝されたい”生き物。

「そう言われても、何も貰ってないわ!」というあなた。本当に何もしてもらってませんか?
受け取るものはモノだけではありません、例えば

*お茶を入れてくれる。
*ゴミを出してくれる。
*子どもを寝かしつけてくれる。
*子どもをお風呂に入れてくれる。
*スーツをハンガーに掛けてくれる。
*買い物の荷物を持ってくれる。
*お茶碗を洗ってくれる。などなど

そんなのしてくれて当たり前じゃない!?と思っていませんか?
上に挙げたものは、すべて彼からあなたへのプレゼントです。

いかに夫(彼)のくれた愛情に気付けるのか?
どんなプレゼントもしっかり受け取れるように日ごろからアンテナを立てておきましょう。

3、結果ではなく過程に注目!!

つい最近、お友達から聞いた話に、
毎晩ご主人がお弁当箱をシンクに出すときに「美味しかった!」や「ありがとう!」と言ってくれないのでキィ~~~怒。となると。苦笑

ちょっと待って!!
彼はお弁当箱を“自ら”出してくれたのです。

感謝や褒めることは“結果”ではなく“過程”に焦点を当てて

「いつもお弁当箱を出してくれてありがとう。今日も全部食べてくれたのね?すごく嬉しい!!ありがとう!!(^0^)」

と、相手からの感謝の言葉を待つのではなくて、こちらから先に感謝の言葉を言うのです。
そうすることで、お弁当箱を出す=感謝される。が、彼の頭の中にインプットされます。そうなれば、毎日お弁当箱を出すことが楽しくなり、そのうちに彼からの感謝の言葉やお弁当の感想も聞けるはずです。

私の夫は、朝、食洗器の中のものを食器棚に仕舞うことを日課にしてくれていますが、ときには洗ってないものを食器棚に入れてくれます。苦笑

でも私はそれに気が付いても何も言いません。
食器棚に仕舞ってくれた!こと。こそが大事なことなので、いつも「ありがとう!ほんと助かるわ~(^0^)」と言っておき、夫が会社に出かけてから大急ぎでまた食洗器に戻し、洗い上げます。

上手にできた。きれいに出来た!などの結果ではなく、やってくれたその過程を大事にすること、これは子育てにおいてもそうですが、男育てにもとても重要なことなのです。

どれもほんの小さなことですが、日々の生活の中に夫や彼に感謝する部分がたくさん隠れています。それをいかに探し、受け取り上手になり、褒め上手。感謝上手になれるのか。

ほんの小さなことを褒められ、感謝されることによって、夫や彼は『もっとあなたを喜ばそう!』と頑張ってくれるようになるものです。

命令しても、お小言を言っても男は変わりません。
お互いに嫌な気持ちになったり、ケンカに発展したりロクなことにはなりません。
それよりも男を動かすために、受け取り上手になること。そして褒めること。感謝すること。
女(あなた)が変われば、男も変わる!

今日からぜひ実践してみてくださいね。

(文=ミコリー / 恋愛ユニバーシティ公認カウンセラー)

ミコリー

ミコリー (夫婦・恋愛カウンセラー)

1967年大阪市生まれ。オーストラリア在住。 専業主婦歴20年余。その経験を活かしハウスキーピング会社経営。 実子3人と義理の子2人の母。

2度の離婚を繰り返し、モラハラを含むダメンズとの恋愛遍歴を繰り返していた2012年”恋愛ユニバーシティー”に入会。
ぐっどうぃる博士の理論やジョン・グレイのカウンセリングや夫婦心理学に傾倒。猛勉強を重ねる。
男女の心理や行動の違い、男性のタイプ別から起こる問題を解析、自ら実験と実践を重ねて2014年3度目の結婚。

現在も恋愛ユニバーシティーにて活動。
いつまでも新婚時代のようなラブラブの続く結婚生活のノウハウ、動かない男を動かす方法。男が離したくない女になる方法。男を結婚に導く方法。そして時短家事や子育てにも独自のセオリーを持ち、後進メンバーに向けて発信し続けている。

◆ミコリー先生へ非公開で電話相談

恋人に関する悩みを解決する方法のまとめ

関連記事

関連する相談


初めての方へ
会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE