復縁の可能性を上げるための「恋愛の極意」まとめ

復縁の可能性を上げるための「恋愛の極意」まとめ

復縁したい全ての女性向け、元カレと復縁するための「恋愛の極意」を紹介しています。気持ちのすれ違いで別れてしまった、元カレと復縁したいなら今の方法は間違っているかも?復縁するために、まずは別れた原因を知り、復縁への正しい道筋を知ることが大事です。

復縁の可能性を高める基本姿勢

復縁を望むということ

復縁は正しい方法を行うことで、可能性が格段に高まります。しかし、復縁できる可能性は、そのほとんどにおいてとても低いのです。
恋愛関係にある恋人を振るということは、相手を傷つけ、相手から責められ、恨まれるという行為です。正直とても面倒な作業なのです。彼はその面倒な行為を行ったのは、あなたから自由になれるメリットを強く感じたから。
そんな彼の決断をひっくり返そうとするのが復縁なのです。

新しい相手を探してみても…

復縁は相手の決断の逆を目指す行為。できれば復縁など考えず、新しい恋愛をして新恋人を探すことをおすすめします。
恋愛において、うまくいく可能性の低い男性に長い時間執着することは、あまり得策ではありません。女性にとって若さは大きな価値ですし、結婚や出産を考えれば、時間は何よりも貴重です。復縁は、その時間を無駄にしかねない行動なのです。
それでも、どうしても復縁したいというあなたに、復縁するための基本姿勢をご説明します。

復縁するための3つの基本姿勢

1.相手から復縁したいと思うように仕向ける
彼に復縁の説得をすることは得策ではありません。恋愛関係にあった彼、自らが復縁をしたい、と思うように仕向けなければならないのです。あなたがもし、彼にすがりついたり、話し合いを何度も持ったり、説得を試みているなら、それは直ちにやめましょう。
一度決めた決断をひっくり返させるためには、相当の覚悟が必要なのです。

2. 自分の感情をコントロールする
復縁し、また彼と恋愛できるかどうかは、あなたが自分の感情をコントロールできるかどうかにかかっています。あなたは、「会社で辛いことがあった」等のアクシデントが起きると、慰めて欲しくなり、元カレに電話やLINEをしていませんか?
車が故障したから元カレに助けてもらおうと連絡をしていませんか?
酔っぱらって気付いたら連絡をしていたなどはありませんか?
何かにつけ、感情があなたにしてはいけないことをさせようとします。この感情的な行動が、復縁への努力を台無しにしているのです。
元カレとのデートで浮かれても、彼は復縁したい、とは言ってくれないかもしれません。そんな時に、あなたが復縁を迫っては、何もかもが台無しになるのです。
感情のコントロールが苦手な人は、復縁したい彼以外の誰かと、遊びに行くことや、タイマーを24時間後にセットして、その24時間が何もしないと決めると良いでしょう。
そうすることで心が落ち着き、元の冷静なあなたに戻ることができるはずです。

3. 長い年月をかける
あなたは今すぐ復縁したい、明日にでも、彼と恋愛中の頃の関係に戻りたいと思うかもしれません。でも、残念ながら人の気持ちはそんなに簡単に変わりません。あなたが焦った行動をとれば、それはほとんどの場合逆効果で、彼はどんどん離れていき、復縁できる可能性もどんどん減ってしまうでしょう。
復縁には長い月日が必要です。振られた日から一年後の復縁を目指すべきなのです。

以上3つの基本姿勢は、つらく感じることが多くあるでしょう。焦りや不安がでてくるのは当然のことです。
復縁するために、元カレとのデートで彼の居心地が良くなるよう振る舞い続けることもあるでしょう。彼は調子に乗り、あなたをないがしろにするかもしれません。あなたは恋愛が楽しくない、と感じるでしょう。
「ここまでして復縁する意味があるんだろうか?」と悩むかもしれません。
しかし、復縁が成功している人は、上記3つを完全にやり遂げた人です。

一番ダメなのは、これら3つができず、復縁の可能性を下げ、それでも彼を諦められない人です。
もし、復縁をしたいなら、上記3つの姿勢を貫いてください。それが出来ないなら、諦めて新しい恋を探すことを強くおすすめします。

復縁における「沈黙」について

復縁の可能性を上げるための「恋愛の極意」まとめ

貫き通して復縁する!

復縁の可能性を高めるのに最も大きな効果を持つ「沈黙」。まずは、沈黙について詳しくご説明していきます。

◇沈黙とは?

沈黙とは、復縁にはなくてはならないステップで、その定義は「相手からみて、自分が生きているのか死んでいるか分からない状態を作ること」です。

何があっても連絡は我慢


沈黙は、長期間距離を置くことが重要です。相手はあなたに興味を失った、あるいはあなたを嫌いになって別れています。それにも関わらず、つながり続ければ、あなたへの興味は永遠にわかず、嫌いな気持ちが持続してしまいます。

復縁するための話し合いは逆効果になりますので、注意してください。彼が、「友達としてつながっていよう」と言ってくるかもしれません。彼からの提案なら、一旦、受け入れても良いのですが、自分から彼への連絡は一切やめてください。
「生きているか死んでいるかすら分からない状態」が非常に重要なのです。

◇沈黙したことで得られる効果

沈黙をすることで、復縁したい彼に次の3つの効果を与えることができます。
それぞれ、恋愛中に彼がなぜあなたとの別れを決意したのかにより、違った効果をもたらしています。

① あなたのネガティブな印象を軽減する
② 「手に入りそうで入らない距離」をつくる
③ リスクへの恐怖を軽減する

① あなたのネガティブな印象を軽減する


彼との恋愛中に、あなたが彼に行った行動、彼にダメ出しをしたり、要求をしすぎていた場合、彼はあなたを見るとネガティブな感情を持つはず。これでは復縁ができるはずもありません。
しかし、あなたを見ることがなければ、その感情が生じるきっかけがなくなり、徐々に薄れていくのです。
さらに、あなたが恋愛中であった頃と違い、干渉しないことが分かれば、怒りを感じる理由がなくなります。このようにして、あなたに対するネガティブな感情が徐々に消えていきます。

② 「手に入りそうで入らない距離」をつくる


彼との恋愛中に、あなたが尽くし過ぎたり、愛情を伝え続けたり、彼と常に会い続けたりしていた場合に得られる効果です。
彼はある時急に、あなたが手に入っていた距離から、「手に入りそうで入らない距離」に変わってしまった、と感じるのです。
あるとわかっていたからこそのゆとりが、少しずつ変化し、彼の感情も同時に変化していくのです。

③ リスクへの恐怖を軽減する


彼が、あなたとの恋愛中で感じていたリスクが、結婚のプレッシャーなどの時に効果があります。
たとえば、あなたと別れ、あなたが二度と近づいて来ないことが分かると、彼は「結婚をしなければならない」という恐怖がなくなるのです。

以上を踏まえ、復縁での重要ポイントの沈黙は、具体的にどのようにするのかをご説明します。

復縁における沈黙の具体策!

■沈黙とは具体的に何をするのか?

先ほどもご説明した通り、沈黙は「相手からみて、自分が生きているか死んでいるか分からない状態を作る」ため、何があっても決して彼に連絡をしてはいけません。
SNSなどの更新はせず、アクセス履歴が分かるサービスにはアクセスしてはいけません。あなたの存在がわかることを完全になくすのです。更新しない理由の説明もしてはいけません。

彼との繋がりがある友人に対しても沈黙をし、彼と偶然会う可能性があるような場所にも近寄らないようにします。

■イベント時はどうするのか?

クリスマスや誕生日などの、恋愛中においては大きなイベントですよね。復縁したいのだから、連絡をとりたくなる気持ちはわかります。
先ほどの別れの原因別にどのような行動をとるべきなのかを見てきましょう。

① 相手にネガティブな印象を与えて振られた場合

復縁を希望し、沈黙してからの経過時間が重要です。沈黙から2ヶ月以上たっているなら、彼の誕生日、クリスマス、年始のいずれかで一回だけ、メッセージを送りましょう。

特別な日を祝う30文字程度の優しい内容にし、決して復縁したいとか、連絡をとり合いたいという意図を見せてはいけません。彼にポジティブな印象を与えるために行います。
この時のポイントは、メッセージを送るのは一回きり、ということです。返事がくることを期待していると思われないように注意してください。
また、彼からの返事にも、返信をしてはいけません。

② あなたが尽し過ぎていた場合

「手に入った距離」にいて振られた場合は、どんな特別な日にも例外なく連絡をしてはいけません。
彼は、恋愛中にあなたの彼に対する感情を、確信していたからこそ興味を失っています。ですから、あなたは、復縁したいと思っていても、彼の予想を裏切る行動をとらなければいけません。彼に違和感を与えるということですね。

③ リスクを感じさせた場合

あなたと恋愛することで生じるリスクが、結婚のリスクなら、どのような特別な日にも連絡をしない方が良いでしょう。あなたからの連絡により、彼は、再び結婚の恐怖を背負うことになりかねません。そうなると、復縁の可能性がまた低くなってしまいます。

■沈黙をやめるタイミング

この重要なタイミングは、復縁したい相手である彼が決めます。効果が現れた時、相手から連絡をしてくるはずだからです。
半年たっても連絡が来ない場合、あなたから何気ない連絡をし、それをきっかけに彼のテンションが高まれば、復縁のタイミングになることはあるでしょう。
しかし、半年ぶりの連絡にも関わらず彼のテンションが低いままで復縁の兆しがないなら、さらに半年沈黙が必要となります。

しかし、どれほどで連絡がくるのか目安がないと辛いですよね。ここでは、復縁を望むことになった理由から沈黙期間を見ていきましょう。

♦彼に好きな人ができてフラれてしまった場合

彼の気持ちは、新しい好きな人に向いてしまっているので、今すぐ復縁するのは不可能です。彼の気持ちは、1年程度で変わり、あなたを思い出して連絡がくるでしょう。

♦あなたに飽きが来てフラれてしまった場合

再び彼が興味を持ち始めるのは半年後ほどです。半年の沈黙をし、「彼女は本当に僕を忘れてしまったのかも」と思わせるのです。

復縁は気の長い作業です。沈黙をしている間、彼に新しい恋愛が始まるかもしれません。また、あなたも仕事などで恋愛モードではなくなるかもしれません。その結果、沈黙が何年も続くことがあり、復縁がなかなか進展しないこともあります。

復縁では沈黙が最も重要です。他に何かできることはないのかと思わず、沈黙を貫き通しましょう。

気持ちのすれ違いをなくすために

復縁の可能性を上げるための「恋愛の極意」まとめ

そもそも、なぜ大好きな彼との恋愛関係が終わってしまったのか、ということもしっかり考えてみましょう。
復縁を望む人の中には、彼の気持ちを理解することで、今までわからなかった部分が見えてくることが多いのではないでしょうか。
復縁が成功しても、ずっと同じ幸せが続くとは限らないことを、あなたは既に知っていますよね。彼の心を手に入れる方法をご説明します。

□彼の気持ちを理解すること

恋愛において、よく起こる心のすれ違い。それにより別れ、復縁を希望している人は少なくないでしょう。では、何が恋愛中の相手を分からなくさせているのか。それは「人は強い利害関係において、利害が一致しなくなった相手の本音が分からなくなる」ということにあります。

では、どうすれば本音が分かるのか、重要なポイントをご紹介します。

1. 話し合いをしない


恋愛中の彼と分かり合いたいなら、あらゆる主張を止めましょう。彼を変えようとしてはいけません。彼の気持ちを優先にしてください。復縁の場合も、彼の気持ちを考えずに押し付けては成功しませんよね。

2. 相手の気持ちを心から理解する


自分の気持ちや考え、価値観を消してください。彼の行動には何かしらの合理的な理由があるのです。その理由を探し、心から理解します。 3. 相手に期待しないようにする
恋愛中でやりがちな、彼への期待をやめましょう。

この3つを実行すると、彼は嘘をつく理由がなくなります。彼は本音で話をするようになるでしょう。
彼の気持ちが理解できれば、もう怖くありませんね。

復縁は、とても時間のかかる作業です。辛くて、苦しくなることも多くあるでしょう。それほど復縁は難しいのです。しかし、復縁を成功させた人がいることも事実です。
あなたが、復縁を選んでも、別の道を選んでも、恋愛が楽しめるようになることを祈っています。

恋愛ユニバーシティ編集部

恋愛ユニバーシティ編集部

「恋愛に悩むすべての人を笑顔にしたい!」
恋愛理論・攻略法が学べる日本最大級の恋愛ポータルサイト・恋愛ユニバーシティから、あなたの恋愛の悩みを解決するヒント満載の記事をお届けします。
恋愛カウンセラー・ぐっどうぃる博士をはじめ、大人気恋愛カウンセラーの方々による『恋愛の極意』を凝縮した、恋愛に使えるヒントがいっぱいです。

「離れてしまった彼の心をとりもどしたい」、「別れた彼と復縁したい」「付き合っている彼ともっと仲良くなりたい」「今年こそ婚活を成功させて結婚したい!」「片思いの彼を振り向かせたい」「恋愛に効くLINEの返信術を知りたい!」…などなど今すぐ実践できる、恋愛の心構えやテクニックをお送りします。
あなたの恋愛の悩み、恋愛ユニバーシティで解決してみませんか?


http://u-rennai.jp/


LINE公式アカウント:友だち追加数

恋人に関する悩みを解決する方法のまとめ

関連記事

関連する相談


初めての方へ
会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE