デリカシーがない彼氏を「気配りができる紳士」に進化させる方法

ずっと愛される女性になる方法〜ケア能力別・彼のタイプ診断!

好きだけど...イラッ。

彼のデリカシーのなさにイライラしているなら、もしかしたら彼は「察する能力が低い男性」なのかも。それは相手の言葉や行動の裏にある意図に気づけない人、相手が何を考えているのか、本当はどうして欲しいかが全く分からない人のこと。

何も対処せずにいると、あなたはいつまでたってもそのデリカシーのなさに傷つけられてしまいます。

そこで今回は、デリカシーのない彼氏に上手に言いたい事を伝え、彼を気配りや心遣いが出来る男性に進化させる方法をご紹介します。

恋愛専門サイト恋愛ユニバーシティで、恋愛に悩む女性たちの恋愛相談にのっているミコリー先生に教えていただきました。

あなたの彼はどのタイプ?

察する能力の違いによって、男性は4つのタイプに分けることができます。まずはあなたの彼はどのタイプの男性か見ていきましょう。

・タキシード系男子 -気遣い最高!王子様タイプ

紳士の振る舞いが自然とできる男性。女性の気持ちを察し、痒い所に手が届くようなケアをしてくれ、気配りや心遣いが出来る。

・Tシャツ系男子 -デリカシーなし発言はおまかせ!?フツ男タイプ

カジュアルを好み、悪気なくデリカシーのないことを言ったり、彼女の誕生日を覚えていない。デートコースにあり得ない場所を選ぶなど、女性を喜ばせることを知らない男性。女の「察して欲しい」という気持ちは絶対に通じない。でもして欲しいことを言葉に出せば理解はできる。

・スーツ系男子 -モテたい願望いっぱい!イケイケタイプ

もともとはTシャツ系男子で、モテたいがために、必死に女心や女性好みのお店やデートコースを研究している男性。イケイケの浮気症に多い。

・ステテコ系男子 -女心はさっぱりわかりません。とほほタイプ

ほぼ全くというほど、何も気が付かない、気にならない男性で、Tシャツ系男子の特徴をもっとひどくした男性。

タキシード系とTシャツ系

スーツ系もステテコ系もTシャツ系男子の派生属性のため、ここでは一括して「Tシャツ系男子」として扱い、今回は察する能力の高い「タキシード系男子」と、察する能力が低い「Tシャツ系男子」を比べていきます。

これら4つのタイプ分けを活かし、タキシード系男子とどう関われば、いつまでもお姫様扱いをしてくれるのか? Tシャツ系男子(スーツ・ステテコ含む)は、どうすれば自分の思うような素敵な彼氏や夫になってくれるのか?をご紹介します。

察する能力高め!【タキシード系男子の対処法】

ずっと愛される女性になる方法〜ケア能力別・彼の4つのタイプ診断!

自然と女性をケア出来たり、あなたの考えていることを察することができる人なので、なによりも感謝と称賛が大切です。

結婚したり、お付き合いが長くなったりすると彼に「やってもらって当然!」や「してもらって当たり前!!」という気持ちが芽生えてきやすいもの。

でもこのタイプの男性は、本当は自分が嫌なのに人に気を遣って我慢することが多いと心得ましょう。

何も言わずになんでもやってくれるからと甘えるばかり、わがまま放題でいると後で痛いしっぺ返しを受ける羽目に・・・。

よくあるのは、ある日急に別れを切り出されて女性が焦るパターン。そうならないためにも、彼らの気持ちを上手に受け取り、感謝と称賛を忘れないこと!!

いくら気遣いや心配りができて、気持ちを察してくれるからと言って「私の思うことはすべてわかるはず!!」とは思いこまないように。

彼があなたの気持ちを察することが出来ないときには「そんなこともわからないの!?怒」と不機嫌にならずにきちんと説明してあげましょう。

「いつも感謝と称賛、優しい言葉とニコニコ笑顔」

タキシード系男子タイプを彼や夫に持つ女性はこれを特に心がけてくださいね。そうすれば、一生居心地の良いお姫様生活を続けていけることは間違いありません。

察する能力が低い!?【Tシャツ系男子の対処法】

ずっと愛される女性になる方法〜ケア能力別・彼の4つのタイプ診断!

彼らは女性の気持ちがわからず、あなたが何をして欲しいのか?どうすればあなたを喜ばせて幸せにできるのか?がわかっていないだけなのです。

デリカシーのない言葉をいつも言って来るのも、それがあなたをどれだけ傷つけるのかわかっていないから。

だからあなたがして欲しいことや嫌なことがあるならば、彼らがわかるように1から10まで子供に言うように説明してあげることが必要なのです。

自分のこと全てを相手に知ってもらうことを『私のトリセツ説明』または『刷り込み』と呼びます。

トリセツ説明とは、私が好きなこと、嫌いなこと、されて嬉しいこと、嫌なこと。すべてを言葉にして伝えることです。

Tシャツ系男子向け『私のトリセツ説明』具体例

ずっと愛される女性になる方法〜ケア能力別・彼の4つのタイプ診断!

・誕生日など記念日を忘れる人ならば、週間前に事前告知をする。

・プレゼントに何を買っていいのか途方に暮れることも多い彼らには、きちんと欲しいものをリクエストしてあげる。

・自分の好きな食べ物や嫌いなものを伝える。

・デートの時に、好きなものや行きたい場所などをきちんと言葉にして伝える。

・家事をして欲しい時、笑顔で「これは手で洗って、他は食洗器へいれてくれると嬉しいな~」とあなたがして欲しいことをきちんと伝える。

このように、1から10まで説明をしてあげて、それが出来たときには大喜びして感謝と褒め褒めをしてあげましょう。

Tシャツ系がタキシード系に進化することも!

私の気持ちを察して欲しい!とあなたが思っても、彼らには察することはできません!

そのため、「○○して欲しい!」ときちんと言葉に出す。構って欲しい時も言葉や行動で表す。

そうすることで、相手に自分のやって欲しいことを勝手に期待して、やってくれないからと傷つき「○○してくれない!私は愛されてないんだわ!!( ;∀;)」と悲しくなったり、腹が立つことがなくなります。

このやり方がわかれば、勝手に期待をしてイライラすることもなくなり、言ったとおりにやってくれたことを素直に受け取れ、歓び、感謝できるようになります。

感謝された男性は、女性をもっと喜ばせてあげよう!幸せにしてあげよう!ともっともっと頑張ってやってくれるようになります。

この方法、少々時間は掛かりますがどんな男性にも使えます。元々はTシャツ系だった男性が、タキシード系男子に変わることも多いです。

しかしこの場合、眠っていたタキシード系の才能が目覚めるだけなので、全員が全員タキシード系になることは残念ながらありません。

それでも時間をかけてトリセツを説明して行けば、どんな男性も少しずつ変わっていくでしょう。

今はたとえ文句だらけの彼であっても、女性の関わり方次第で素敵な男性になるものです。

いつまでもふたりでラブラブに仲良くやっていくために

ずっと愛される女性になる方法〜ケア能力別・彼の4つのタイプ診断!

恋愛中だけでなく結婚生活においても、男性のタイプに関係なく彼の愛情やしてくれたことを受け取るためのアンテナを立てること。そして、どんな小さなことでもやってくれたことを【感謝し褒め褒めをする】ことを忘れずにいることが、ふたりでラブラブに仲良くやっていく秘訣です。

(文:ミコリー 恋愛ユニバーシティー公認コメンテータ―/恋愛&結婚カウンセラー)

■合わせて読みたい

ミコリー

ミコリー (夫婦・恋愛カウンセラー)

1967年大阪市生まれ。オーストラリア在住。 専業主婦歴20年余。その経験を活かしハウスキーピング会社経営。 実子3人と義理の子2人の母。

2度の離婚を繰り返し、モラハラを含むダメンズとの恋愛遍歴を繰り返していた2012年”恋愛ユニバーシティー”に入会。
ぐっどうぃる博士の理論やジョン・グレイのカウンセリングや夫婦心理学に傾倒。猛勉強を重ねる。
男女の心理や行動の違い、男性のタイプ別から起こる問題を解析、自ら実験と実践を重ねて2014年3度目の結婚。

現在も恋愛ユニバーシティーにて活動。
いつまでも新婚時代のようなラブラブの続く結婚生活のノウハウ、動かない男を動かす方法。男が離したくない女になる方法。男を結婚に導く方法。そして時短家事や子育てにも独自のセオリーを持ち、後進メンバーに向けて発信し続けている。

関連記事


初めての方へ
会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE