返信がない!片思い中~音信不通の彼まで効果抜群のLINE・メール返信術

返信がない?片思い中~音信不通の彼まで効果抜群のLINE・メール返信術

彼の返信が、一日中気になって…

片思い中の気になる彼はもちろん、せっかくいい雰囲気までなっていたのに急に音信不通になってしまった彼まで、連絡したのに返信がなければなんとなくそわそわしてしまうもの。

「なんで返信をくれないんだろう?」「もしかして嫌われた?」など、返信が来るまで一日中スマホが気になってしまうなら、以下のLINE・メール返信術を身につけましょう!

効果抜群!気になる彼へのライン・メール返信の基本ルール

返信がない?片思い中~音信不通の彼まで効果抜群のLINE・メール返信術

1.彼の連絡・返信の頻度を知る

彼が1日2回LINEを送る人なら、あなたも2回に合わせる、など彼の連絡頻度をあらかじめ知っておくことが大事です。

彼が2日1回しか返信をしないタイプなのに、あなたが1日何度も送っていれば、彼は「あなたから連絡で催促されている」と感じてしまうかもしれません。このように彼のペースを考えずに自分の感覚でLINEやメールを送ってしまうと、彼はあなたをうっとうしく感じ始めるので要注意です。

彼が返信の早い人であれば、すぐに返信をしてもかまいませんが、数時間かかる人であれば、あなたも同じか、少し遅いくらいのタイミングで返信しましょう。

連絡ツールに対する感覚は、男女問わず人それぞれです。連絡頻度は、彼のペースに合わせるか、「少し遅いくらい」がちょうどいいでしょう。彼が心地よく感じる連絡頻度をあらかじめ知っておきましょう。

2. 文章の長さは彼に合わせる

LINE・メールの長さや口調も、全て彼に合わせましょう。

文章の長さは、あなたが送った長文LINE・メールに対して彼が丁寧に答え、さらにその長さに合わせたメールが返ってくる…というやりとりが続くこともあるかもしれません。

でも、毎回長文メールを返すのは難しいため、「いま時間がないから、丁寧に返事したけど返せないな…」と彼が気を使ってしまい、メールやLINEが続かなくなってしまうこともあります。

・長いやりとりが続いたときは、1度短めに返事をする
・「いま、忙しかったら短いお返事で大丈夫ですよ」と書き添える

このようにすると、彼の負担も少なくなり好印象でしょう。

二人の間で盛り上がってLINEやメールのやりとりが長くなるのはいいことです。

しかし、より好感度を高めるには、相手に負担を感じさせない大人の気遣いが大切です。

また、スタンプや絵文字の使用も、相手のノリを見極めてからのほうが無難でしょう。

3.内容は「彼が楽しい」と思うことにする

彼と連絡が気軽にできる関係になると、つい仕事の悩みの相談をしたくなったり、過去の恋愛のトラウマなど重い内容の悩みを共有したくなるかもしれません。

でもそのような内容ばかり送っていると、最初は彼も真摯に対応してくれるかもしれませんが、次第に「重い内容ばっかりで疲れる…」と感じて返信がなくなる場合もあります。

LINEやメールの内容は、彼にストレスや不満・不安を一切与えないことが大事です。

なるべく、内容は男性が「楽しい」と感じるようにすることを意識していきましょう。

4.返事が無くても焦らず待つ

数日返信がなかったら、「変なLINE送っちゃったかな」「気分を害してしまったかな…」などと気になるものですよね。

でも、もし返事が来なくても決して焦らないようにしましょう。

もしかしたら彼が急に体調を崩して寝込んでいるかもしれないし、仕事が忙しくて返信どころでないかもしれません。また、彼にとっては数日返信しないのも普通である可能性もあります。

そんな時に「なんで返信くれないの?」「返信まってたのにな…」などと返事を催促してしまうと、相手の気持ちが冷める確率が高まります。

感情的になってチャンスをつぶす事態は避けたいもの。返信を待つ間も、楽しめる精神的なゆとりを持ちましょう。

返信がなかった場合の基本ルール

返信がない?片思い中~音信不通の彼まで効果抜群のLINE・メール返信術

彼からの返信がない場合は、どのようにこちらからアクションをおこせばいいのでしょうか。

まずは、返信がなかった場合の基本的なルールを確認しましょう。

<返信がなかった場合の基本ルール>

LINEに既読がついているのに返信がなかったり、メールの返事が来なかった場合は、催促せずに1~2週間は時間を置きましょう。

その後「最近どうですか?」と、軽い内容のメールを送ります。

それでも返事がなかったら、それ以上はLINEやメールを送らず、相手が連絡してくるまで気長に待ちましょう。

もし、すでに数日返信がなくて、あなたから返事を催促してしまっていたり、1日に何度もメールを送ってしまったりしていたら、「昨日は、お酒でかなり酔ってて、たくさんLINEしてしまったみたい。ごめんなさい」などの理由をつけて、すぐに「普段の自分ではなかった」ということを彼に伝えておきましょう。

そして、その後は相手がメールを送ってくるまで、こちらから何もしないようにしましょう。

【期間別】音信不通・返信がなかった場合の対処法

返信がない?片思い中~音信不通の彼まで効果抜群のLINE・メール返信術

ここからは、彼から返信がなくなった期間別のポイントを解説します。

・音信不通になって「丸一日」

それまで毎日何回もやりとりしてたのに丸一日連絡がなかったとしても、こちらから連絡はせず放っておいたほうが無難です。

もし不 安になったら、「私、何かした?」とか「こないだの○○は言いすぎたね」などあなたの勝手な妄想で文章を送るのは避け、一回だけ「何かあったの?」と10文字以内であたりさわりない文を送ってみましょう。

・音信不通になって「3日目」

3日目にも「何もしない」でおきましょう。

ここで過剰反応していろいろと連絡をしてしまうと、彼がうんざりして冷めてしまうことにもつながりかねません。

これらのリスクを回避するためにも、3日目もほおっておきましょう。

・音信不通になって「1~2週間」

1~2週間が経っても彼からLINEや連絡がない場合は、一度彼に連絡をとってみましょう。

「最近、なんだか寒いね」「体調大丈夫?」「元気?」など、こちらもあたりさわりのない内容を短文で送るのがおすすめです。

ここで、「なんで連絡くれないの?」「心配になるから、一度でもいいから連絡して」など彼を責めるような、マイナスの感情をぶつけるメッセージを送ってしまうと、彼に嫌われ、二度と連絡がこない可能性が高まります。

あたりさわりのないメッセージを送って、それでも彼から連絡が来なかったら、さらに一カ月連絡を待ってみましょう。

・音信不通になって「1ヶ月」

1ヶ月音信不通が続いたら、そのまま半年以上ほうっておきましょう。

半年から一年はほうっておき、半年に一回彼に連絡をして、様子をさぐるようにしましょう。連絡がなかったらその一年後に連絡をしてみます。

たとえば3年後に彼から連絡があって、彼とまた仲良くなって正式にお付き合いすることになり、結婚というカップルもいます。

重要なことは「彼との関係を壊さないこと」です。

また待っている間、音信不通になった彼の関心を引き付けるためにすべての時間と労力を使うのはやめておきましょう。少なくとも1か月連絡がなかったら、彼はあなたへの興味が「今は」あまりない、と判断できます。

それでも彼が諦められないなら、彼とは薄くつながっていられる関係を続け、ほかの男性も視野に入れて、「彼から連絡があったらいいな」くらいの気持ちで待つのがおすすめです。

また、どの期間中に彼から連絡があったとしても、気になる彼へのLINE・メール返信術をそれ以降、徹底していきましょう。

■合わせて読みたい

恋愛ユニバーシティ編集部

恋愛ユニバーシティ編集部

「恋愛に悩むすべての人を笑顔にしたい!」
恋愛理論・攻略法が学べる日本最大級の恋愛ポータルサイト・恋愛ユニバーシティから、あなたの恋愛の悩みを解決するヒント満載の記事をお届けします。
恋愛カウンセラー・ぐっどうぃる博士をはじめ、大人気恋愛カウンセラーの方々による『恋愛の極意』を凝縮した、恋愛に使えるヒントがいっぱいです。

「離れてしまった彼の心をとりもどしたい」、「別れた彼と復縁したい」「付き合っている彼ともっと仲良くなりたい」「今年こそ婚活を成功させて結婚したい!」「片思いの彼を振り向かせたい」「恋愛に効くLINEの返信術を知りたい!」…などなど今すぐ実践できる、恋愛の心構えやテクニックをお送りします。
あなたの恋愛の悩み、恋愛ユニバーシティで解決してみませんか?


http://u-rennai.jp/


LINE公式アカウント:友だち追加数

片思いの悩みを解決する方法のまとめ

関連記事

関連する相談


初めての方へ
会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE