許せない人、理解できない人…あなたを苦しめる相手との付き合い方(2)

その人を味方につける。

その人を味方につける。

あなたの周りに腹の立つ相手や許せない人はいませんか?理不尽にあなたを苦しめる人、理解できない人はいませんか?それは会社の上司かもしれませんし、恋人かもしれません。あるいは親かもしれません。

前回、「このような人たちを味方につける考え方」の前編についてお話しました。一言で言えば、「自分のエゴや常識から離れて、相手を心から理解する事」になります。

今回はその続きです。

(前回の記事はこちら)

CHECK!理不尽な相手を減らし、味方につける考え方(後編)

5.相手の合理性を見つける
限定合理性という経済学の概念をヒントに、僕が拡大解釈した考えが次のようなものです。

「人はそれぞれ自分は合理的だと信じて生きている。だが、実際には、育って来た環境や立場、得られる情報など認識の限界によって、完全に合理的ではない」

前回の1〜4までを実践すると次の事が分かってきます。この世界に、「あなたを不幸にすることを目的に生きている人」や、「あなたに意地悪をする事を目的に生きている人」はいないということ。また、あなたが考える馬鹿な人は、実は馬鹿ではない事がほとんどだということ。人は皆、それぞれの不完全な合理性の中にいるにも関わらず、自分だけが合理的だと信じている事が、この手の誤解のほとんどを生んでいるのです。

たとえば、会社で、朝から晩まで働けと言ってくる上司は、自分もそのような環境の中で仕事をし、成功をしたからそう言っていたりします。また、立場上、今年度中に結果を出さないとチームの存続が危ぶまれるから、彼の考える最善の策として言っているかもしれません。彼の中では非のうちどころのない合理的な考えだったりするのです。

6.相手を分類する
色々な相手に対して、1〜5までの事を実践しているうちに、「人が何を合理的だと思っているかに無限の種類があるわけではない」ということに気づきます。

たとえば、ある種の男性は、女性をお姫さまのように異世界の人と感じていて、別の種の男性は友達のように感じています。ある種の人たちは人間関係を何よりも重視し、ある種の人たちは著しく軽視しています。

そしてそれぞれの世界に住んでいる人たちは、それぞれ似通った行動をします

たとえば、女性をお姫さまのように扱う男性のグループは、デート代は全て自分が払おうとしますが、その一方で、女性にこんな服を着て欲しい、こういう立ち振る舞いをすべきだと干渉しがちでしょう。人間関係を何より重視するグループの多くは、誰からも相手にされない嫌われ者につきまとわれたり、したくもない仕事をしている割に、会社では低いポジションにいます。一方、人間関係を軽視しすぎているグループの人たちは、目標に効率よく辿り着きますし、表面上は人間関係を重視しているように見せようとします。しかし、本人が思いもよらないような裏切りに何度も遭ったりします。

このように分類していくことで、その人の合理性を理解する時間を節約できるでしょう。また、そのような分類について書かれた本が役に立つようになると思います。

ただ、これは前回の1で述べたラベル貼りでもあります。決めつける事で相手が見えなくなる可能性もあるので、注意が必要です。その相手と長くつき合っていて、彼があなたの仮説通りの言葉を言い、仮説通りの行動をとりつづけるなら、あなたの分類はそれほど間違っていないと考えて良いでしょう。

7.相手の合理性の上で動く
自分を相手の思い通りにしたい場合、相手の合理性の延長上に自分の目的を持っていきましょう。

人間関係を重視する人なら、「それをすることで相手に嫌われずにすむ
と言うべきだし、軽視する人なら、「人間関係はどうでも良いが、それがあなたのゴールにとって大きな助けになる
と言うべきです。また、たとえば、相手が孫正義を心から尊敬しているなら、「孫さんなら、そんなことをしない」と言うべきでしょう。

中間管理職なら上司には上司の価値観で、部下には部下の価値観で、会社を有利な方に導くことが使命になります。

8.長期的に続ける
7は長期的に続けなくてはいけません。1回の言葉や、表面的な態度だけでなく、相手の合理性の中でメリットを与え続けるということです。たとえ、相手の心をつかんでも、それを続けないと相手は離れていってしまうでしょう。

9.人はコントロールできない
これら全てのことをしても、人は身勝手で、いつのまにか、思いもよらない勝手なことをしているものです。自分でコントロールできる範囲は狭く、時間は短いと心得ておきましょう。従って、常にその相手に気を配っておく必要があります。

これら9つが理不尽にあなたを苦しめる相手を味方にし、思い通りにする最善の方法です。これは大変なことなので、それが無理だと考える場合、その相手との今の関係を受け入れるか、その関係を断つという選択肢もあるでしょう。


恋の教訓
相手を思い通りにするには、
相手の合理性の中で動かす事
常にその相手に気を配り、手を抜かない事

前回の記事『許せない人、理解できない人…あなたを苦しめる相手との付き合い方(1)』もぜひ参考にしてください。

ぐっどうぃる博士

ぐっどうぃる博士 (恋愛カウンセラー)

理学博士(生命科学専攻)。現在は主に恋愛カウンセラーとして活躍。自身の体験と生命科学的視点を合わせた独自の恋愛メソッドを展開し人気を集めている。悩める女性の恋の問題が解決するサイト『恋愛ユニバーシティ』主宰。音声で恋愛を学べる『ぐっどうぃる博士の音ライブラリ』がある。現在、WEB、書籍、雑誌等など多方面で活躍中。また大手企業のマーケティングリサーチや企業のブランディング戦略にも参画。著書に『モテの定理』『恋愛マトリックス』(ソフトバンククリエイティブ)、「恋で泣かない女になる61のルール」(講談社)などがある。
ぐっどうぃる博士の経歴はこちら
http://u-rennai.jp/goodwill/

■ぐっどうぃる博士著書のご紹介
モテの定理 女心を知り、恋愛勝者になる究極の戦略 (ソフトバンククリエイティブ)

恋人に関する悩みを解決する方法のまとめ

関連記事

関連する相談


初めての方へ
会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE