男とお金は同じもの!?①男運と金運を高めるために知っておくべき4つの性質


風水では、男性と縁のない女性は、幸せになれないという話があるのをご存知ですか?

女性は陰の気を持っていて、陽の気を持っている男性と関わらないと、気のバランスが取れず、全ての運が弱くなってしまうといわれています。

また「縁のない人には円も来ない」という話があります。


これは、男性とお金の性質がよく似ているから。

男性の性質がわかればお金を、お金の性質を覚えれば男性を、自然に引き寄せることができますよ。

今回は、これさえ押さえておけば大丈夫!という男性とお金の最も基本的な性質についてお教えします。


が、まずその前に、お金や男性に嫌われる不運体質かどうかをチェックしましょう。

次のチェック項目を読んで、自分の行動を振り返ってみてください。


□口癖は「~してくれない」。
□笑顔がない。
□愚痴が多い。
□一人の時間を楽しめない。
□つい尽くしてしまう。
□気づいたら文句、噂話ばかりしている。
□素直に「ありがとう」が言えない。


このチェックリストに一つでも当てはまったら要注意。

これらは全て男性もお金も寄ってこなくなる、あるいは、悪縁に変わりやすくなるNG行動なのです。

では、なぜこれがダメなのか。
男性とお金の最も基本的な性質4つについて、説明していきます。


男性とお金の基本性質


①自分の能力を認めて働かせてくれる人のところへやってくる。


男性もお金も、「自分がどこまでやれるか力を試したい、そして成功や勝利を手にしたい」という強い欲求があります。

自分の力によって、相手に肯定的な影響を与えている、つまり自分の存在や行動によって、相手は幸せになっていると感じられることで、満足を得られ、更にやる気を漲らせることができるのです。


・「~してくれない」は、相手を否定する言葉。


自分と一緒にいる人が、いつも文句ばかりだったり、笑顔がなかったりすると、自分自身の存在を否定されているように感じ、離れていってしまいます。

男性もお金も、自分がどう評価されているか、いつも気にしているのです。

「~してくれない」という言葉は、「あなたは私を幸せにする能力がないダメ男」という意味になり、自信を著しく損なわせてしまうのです。


・愚痴は苦痛を与える。


男性に、女性の取り留めのない日常の話や愚痴を聞かせると反応が悪いですよね。

男性は目的のわからないことや、自分が役に立っていないと感じる状況に耐えられません。

自分が力を示すポイントがわからないので、これがあまりに続くと、自分を否定されていると感じ、逃げてしまいます。


これはお金も同様。
貯金しようとすると、何故かお金がなくなっていくという方。

目的もなく、とりあえず貯めようとするのは、エリート社員を追い出し部屋に入れたようなものです。お金というのは、非常にプライドが高いので、自分の能力を生かせない職場からは逃げてしまうのです。

男性と同様で、自分が役に立っていると感じられず、居心地の悪さを感じて、逃げてしまいます。

男性もお金も、自分の力を発揮させてくれる場所へ気持よく送り出してくれる人のところへこそ、帰ってきたがるのです。


②穴ごもりする。

男性は定期的に穴ごもりする性質があります。

男性が帰宅後、こちらのことに無反応でボーっとテレビを見たり新聞を読んだりする時間がありますよね?

実はこの時間が、男性にとってはとても大事な時間。

男性は、一度に一つのことにしか集中できません。なので、仕事に行けばお仕事モードに切り替え、それにのみ集中します。

自宅に戻っても、まだ頭はお仕事モード。なので、心を解放させるために、テレビなどを見て、自宅モードに切り替える時間が必要なのです。

いってみれば、パソコンなどを再起動しているのと同じような状態。

立ち上がるまで、何も言わず放っておきましょう。

また、何か大きな問題を抱えている時も穴にこもります。

男性は何か問題が起きると、それを自分一人の力で解決しようとします。

「一人で問題を解決したぞ!」ということに、深い満足と自信を得られるのです。

穴ごもりというのは、男性やお金にとって、活力を取り戻す大切な時間であると理解しましょう。

彼が穴ごもり中は、「彼には自分で問題を解決する能力がある」と信じて、自分の時間を充実させてください。

心配、同情は不要です。これらの行為は、全て「あなたには問題を解決する力がない」という悪いメッセージで伝わってしまいます。


・一人の時間を充実させ、笑顔で過ごそう。


穴ごもり中の男性は、他のことに気を使うことができません。ですが、恋愛依存体質の人は、この性質を理解できず、自分の不安を解消させるために彼にダメ出しやワガママなどの破壊行動をしてしまいがち。

ですが、穴ごもり中の男性にこのような破壊行動をすることは、冬眠中の熊を無理やり起こすぐらいの危険な行為。

この時期にする破壊行動は、一瞬で関係を終わらせるほどのインパクトがあります。

そのような悲劇に見舞われないために、趣味に打ち込んだり、仕事に精を出したり、友達と遊びに行くなどして、彼中心の依存した生活を改めましょう。


この時間、楽しく過ごし、彼を笑顔で迎えられれば、彼はより一層あなたに愛おしさを感じることでしょう。


・尽くす行為は意味なし!?


彼の力になりたいからと、身の回りのことを甲斐甲斐しく世話を焼いたり、自分から会いにいったりする方がいますね。

これ、実は好感度を上げることには、全くつながらないどころか、男性にとっては負担になっていることが多いです。

何故なら、「これだけあなたのために頑張っている健気な私のことをもっと見て!」という意図がバレバレだから。

男性は女性の無言のプレッシャーを敏感に感じ取って、引いてしまいます。

重ねていいますが、この時期はとにかく放っておくことが最善です。


ちなみに、お金は男性のように意思表示をしません。

あえていえば、何に使ったかわからない形でいなくなるだけです。

これを防ぐために、帰宅したらバッグから出し、専用のボックスに入れ休む時間を作ってあげる(穴ごもりさせる)ことで、いつの間にかいなくなる状態を防げます。


③仲間に紹介する。


男性もお金も、「この人!」という人と出会うと、自分のコミュニティーに紹介したがる性質があります。

男性の場合は、友人、家族、会社の人などに顔合わせをさせます。

お金の場合は、仲間(お金)を連れてきます。


・文句や噂話を聞くと、リスクを感じる。


先にも述べた通り、男性もお金も常に他人の評価を気にしています。

自分のことではなくても、誰かの批評や批判などを聞くと、間接的にダメ出しされていると恐怖を感じてしまうのです。

また、男性は社会的な立場や自分のコミュニティーを重んじる性質があります。

文句や批評する癖がある人を見ると、自分の仲間にも同じことをして不快な思いをさせるのではないかと、不安になります。そんな無礼なことをする彼女を連れていくことは、自分の社会的信用を失わせる可能性が高いので、結果紹介されなくなるのです。



お金の場合だと、収入より支出が多くなったり、入ったその日になくなったりして居着きません。

これは、自分が本命かどうかの指針になるので、覚えておくと良いでしょう。


④欲しいものは感謝。


・「ありがとう」が一番のごちそう。


男性とお金が最もほしいもの。それは感謝です。


男性もお金も、自分が役に立つということを感じたいという性質があります。

それを感じるには、「ありがとう」といわれること。

お金に関してもそう。

お金を使う時、心の中ででも良いので、「あなたのおかげでハッピーな気持ちになれました。ありがとう」ということで戻ってきます。


また、男性が女性に対してダメ出しをしてきたり、ただ話を聞いてほしいだけなのに、アドバイスをしてきたりするのは、それによって自分の能力を認めさせ、相手の役に立っていると感じたいから。

裏を返せば、男性のそれらの行動は、自分をもっと認めてほしい、自分は認められてない、自信がない、と感じているという心理の表れであるともいえます。

あまりにも過度のダメ出しなどは無理して聞く必要はありませんが、もし自らを振り返ってみて、男性の能力を否定するようなことをしている(やってもらっていることを当然だと思っている、ダメ出しの嵐、ワガママや更なる要求をしている)場合、一度心からの感謝を伝えてみてください。

そんなことぐらいで…と思うかもしれませんが、関係が変化するのを身をもって感じられるはずです。


さて、いかがでしたか?

まずはこの4つを頭にいれておくと、「いつもいつの間にかフェイド・アウトされている」なんてことも、少なくなると思います。

次回は、「ついやりがちな男性とお金に対するNG行動」についてお話したいと思います。

ジェト☆ さんの他のレポート

会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE