【1】魂レベルのカップルになる為に【 交際中 】の今から鍛えておきたい、4つのステップ

      


さて、独身の貴女はとうとう、魂レベルのパートナーに出会いました。

磨き上げられた新鮮な食材が揃っても、料理の腕が悪ければ
仕上がりはイマイチになってしまいます。

真っ白な「大根」の彼と、新鮮な「ブリ」の貴女を調理して
「ブリ大根」が完成した後に味付けを変えようとしても、なかなか難しい。

料理する機会は、一度だけ。
その工程で気を抜かず、雑にせず、丁寧に、舞い上がらずに行ってください。

魂レベルのカップルになる為の料理方法です。
第1のステップをお伝えします。



※ 前回までの記事はコチラです。

【 序章 】「彼氏が欲しい」「結婚したい」だけではダメ!ただの恋人同士ではなく、魂レベルのパートナーシップを築きたい貴女へ。

【1】魂レベルのパートナーと出会う為に【 独身 】の今から鍛えておきたい、4つのステップ
【2】魂レベルのパートナーと出会う為に【 独身 】の今から鍛えておきたい、4つのステップ
【3】魂レベルのパートナーと出会う為に【 独身 】の今から鍛えておきたい、4つのステップ
【4】魂レベルのパートナーと出会う為に【 独身 】の今から鍛えておきたい、4つのステップ

■ステップ1.恋愛は人間関係のひとつに過ぎないことを肝に銘じる。


魂レベルのカップルになる為に、交際中の今から鍛えておきたい
第1のステップは【 恋愛は人間関係のひとつに過ぎないことを肝に銘じる 】ということだ。


まず、本テーマの序章でお伝えしたことを振り返ってみよう。

魂レベルのパートナーと出会ったら、貴女の感じ方や出来事の展開の仕方が
今までとは違うので、貴女はイヤでも(今までの恋愛とは違う・・・)と自分で気付く。

例えば、魂レベルのパートナーと出会ったらこんな経験をする。

――――――

・不思議なご縁を感じる。
・シンクロニシティ(意味ある偶然の一致)が起こる。
・会ったときに「懐かしい感じ」がする。初対面という感覚がない。
・最初から何故か腹を割って話せる。最初から本音を言い合える。
・「ケンカする度に仲良くなる」という、不思議な展開が続く。
・互いのタイミングが頻繁に合うので、物事がトントン拍子にうまく行く、どんどん進む。

――――――


こんな経験をしたとき(わーい!彼氏ができた!ラッキー!)と単純にそこだけ喜んだり、
(私はこの人と結婚できるのかな・・・)と自分の不安に呑まれたり、そういう表面的な感情だけで
彼との出会いや交流を解釈して終わり、ってなるだろうか?・・・と想像して欲しい。

貴女は今まで、惚れた男全員と上記のような経験をしただろうか。

私の経験では、こんなことが頻繁に起きたのは今のパートナーしかいない。
私の周りにいる魂レベルのカップル達に聞いたところ、「今のパートナーしかいない」とか、
「他にいた気もするけど、ここまで深いのは今のパートナーだけ」と言う人が多い。

こういう現象は、深いご縁の人としか起こらない。
あと、自分がある程度、内面を鍛え、精神的に穏やかで余裕がないと起こらないし、気付かない。

特に、人知の及ばない部分 = シンクロニシティや、トントン拍子の展開が起こると
貴女は(すごいタイミングで起こるなぁ~)(この人とは何か深い縁があるのかも・・・)と
思わずにはいられないし、とても感慨深い気持ちになるはずだ。

今までの貴女はいつも恋するとき(この人が好き!この人と付き合いたいッ!)と興奮するのに、
今回はそうではなく、(なんじゃ?!この男は!)という激震が走る訳だ。

メスとしての興奮ではなく、人としての内面的な激震から来る感動。

その為、男として彼を見るだけでなく、
人として、魂の深いところをメインに彼を見るようになる。

貴女だけは、彼とのことを「単なる恋愛」だとはどうしても思えない。
何の根拠もないけど(この人と私は何かある・・・)と思ってしまう。
「その直感は合ってるよ」と言わんばかりの出来事が起こるので、さらに意味深な感動が深くなる。

人との出会いって、本当はこんなにも意味あるものだったのか・・・。
考えてみれば、彼だけでなく、彼に辿り着くまでの人脈や、私が何となく行った場所、
すべてが彼との出会いに繋がっていたのなら、普段の人間関係ももっと多くのサインが潜んでいて、
私はそれを見逃して鈍感に生きて来たのではないだろうか。

――――――

【 人との出会いの神秘 】を無意識に教えてくれる誰かに出会ったとき、
貴女の人生観は大きく揺さぶられる。それが今回、たまたま異性で、惚れた男だっただけのこと。

――――――


そこに、貴女は気付く。
彼のお陰で。

「人のご縁を大事にしなさい」と誰かにあれだけ言われても頭の上をスルッと通り抜けたのに、
この男の笑顔や生き様を見せられただけで、(ご縁って本当に大事だ・・・)と思わされる。

彼と向き合う度、「恋している自分」よりも「人の心の素晴らしさを刺激される自分」が
メインになってくるので、彼との交際によって「恋愛は人間関係のひとつに過ぎない」ことに
どんどん、気付き始める。

かと言って、貴女は女であり、彼は男。
各自の気質や価値観の違いで当然、衝突は今後いくらでも起きてくる。

その時こそ、「恋愛は人間関係のひとつに過ぎない」ことを忘れないで欲しい。

何故なら、魂レベルのカップルの場合、オス・メス的な部分より、
人として魂の部分で常に共鳴しているので、そこをベースに解決を図ろうとした方が
簡単に、早く、仲直りできるからだ。

彼が無意識に求めているのは、魂の共鳴。貴女が無意識に求めているのも、魂の共鳴。
でも今、ケンカになっているのは、その上にちょこんと乗っかっているオス・メスの部分。
魂レベルという「土台」からの切り口で話し合った方が修羅場にならず、誤解もされず、
ケンカする度にどんどん仲良くなっていく。

■魂レベルのカップルが楽しんでいる、恋愛の世界。


貴女と彼は、魂を磨く為に出会っている。

交流を深めて、2人でいろんなパターンの喜怒哀楽を経験していくうちに、
(自分達にはこんなサインがやって来ている・・・)ということに気付くだろう。

もっと人格を磨きなさい。人の心を勉強しなさい。
惚れた異性をキッカケに、周りの人すべてに愛を分け与えなさい。

2人で協力して家庭内で真摯に魂を磨き、仕事や仲間との交流で社会に出たときに
「生き様の手本」になるよう、愛や楽しさ、謙虚や感謝があふれ出るような人間になりなさい。

人間の誰もが持っている腹黒さ、嫉妬、怒り、憎しみ、性格の悪さを
自分にも、他人にも許し、「そんなときもあるよね~」と理解を示せる人間になりなさい。

苦難で心が折れそうな人、未練や執着で自分嫌いになっている人、
人生に苦悩している人たちの「明かり」になりなさい。
その人たちが苦しくて貴女に助けを求めたとき、貴女目線ではなく、その人にとっての楽しい道、
本当の意味で幸せな道、そこへ行く為の突破口を提案できる人間になりなさい。

制限のない思考で、視野の広い、固定観念や偏見の少ない人間になりなさい。
惚れた男だけでなく、出会った人たちの役に立つ人間になりなさい。

つまり、

貴女の恋愛レベルは「私と彼で完結するもの」ではなく、
「私と彼が団結して、社会に何を提供できるのか」という次元まで進んでいるよ、ということだ。


私は最近、(恋愛には2つのステージがあるのではないか)と思うようになった。

――――――

●第1ステージのカップルが考えていること。

自分たち2人が幸せなら、それでいい。私たち家族が幸せなら、それでいい。
舅や姑はキライだから、どうでもいい。会社で嫌いな人がいてストレスだが、
お金がもらえればそれでいい。好きな友人たちとプライベートを楽しめれば、それでいい。

――――――

●第2ステージのカップルが考えていること。

私たち2人が人生を共にすることで、周りも幸せにしたい。
私たちの幸せな気持ちを、愛する人たちとも分かち合いたい。

付き合いの難しい舅や姑とも、どういう距離感と言動で接したらいいのか、しっかり考えたい。
それと同時に「各自の人生は自己責任」という基本を忘れず、感情移入しすぎず、冷静でいたい。

私たちに何ができるのか。何ができないのか。何に気付き、どう成長するのか。
「私と彼の恋愛」という人間関係を見せることで、
周りにどういう気付きや学び、成長、幸せや感動を示すことができるのか。

――――――

要するに、第1ステージのカップルは「自分たちの為だけに」恋愛をしているが、
第2ステージのカップルは「自分たちと、周りの為に」恋愛をしている。


世の中は、第1ステージのカップルが大半だし、自分たちの苦悩や試練で生きるのが精一杯。
周りにいつも愚痴ったりして迷惑をかけるし、そのレベルで人生が終わる人も多い。

第2ステージのカップルは、自分の人生全般に良い影響を与えている自分たちの恋愛に
満足しているし、その過程の苦悩や試練も、どこかで「やりがい」として挑戦し、楽しんでいる。

自分たちが素晴らしい恋愛をすればするほど、周りとの人間関係も良くなるし、人が寄ってくる。
「貴女たちはいつも一緒だし、ホント仲がイイね~! 円満の秘訣は? 教えて!」と聞かれるし、
コツを教えると彼らは真似をして「不毛なケンカ」から「意味あるケンカ」ができるようになり、
自分たちと同じような魂レベルのカップルになろうと努力するようになる。

周りに、楽しく仲の良いカップルが少しずつ増えてくる。
当然、そうなれないで別れるカップルもいるが、そこも各自の気付きや学びに繋がっている。

そういう、いろんな深い経験をして、
第2ステージのカップル = 魂レベルのカップルは思う。

「やっぱり、私たちは恋愛をしているけど、恋愛している本当の意味は
人間関係を学ぶことなんだね」と。


魂レベルのカップルは、自分たちの幸せが人に良い影響を与えていることを知っている。
そこに、何らかの「お役目」があることを、周りとの交流で気付いていく。
(周りの為にも、私たちはずっと幸せに暮らそう!)と思うので、努力を怠らない。

――――――

男と女が恋することは、人生におけるひとつの「入り口」でしかなく、
その奥に本当の人生の目的がある。

――――――


人の心を学ぶこと、たくさんの出会いや経験を通して価値観や視野を広げること、
自分の偏見や固定観念を手放すこと、誰かの意見を鵜呑みにしないこと、
自分の意見も自己中になっていないか、時々、しっかり点検すること。

自分の直感に従って、時には自己中に決断してみること。
感情が爆発しても「ま、いっか」と許すこと。
同じ失敗を繰り返さないように内観、分析すること。

ひとつでも多くの視点や切り口を持ち、理性と客観性で自分の人生に責任を持つこと。
「私の人生は、私が絶対に幸せにしてみせる!」という、決意や覚悟を持つこと。

結局、それらに気付き、鍛える為に恋愛をしているのだと、私は思う。

貴女の魂が震え、相手の魂も震えたから、貴女たちはカップルになった。
相手の人間性や人生観、生き様、哲学や美学、そういうものに互いが感動し、魂は震えた。

貴女が今、魂レベルのパートナーに出会えて、
そのまま、魂レベルのカップルへと進化したいのなら。

2人の関係を楽しく維持する根幹を握るのは、
「男はこういう生き物だから、女はこうあるべき」という部分よりも、もっと奥深く、
【 自分は、人としての誠実さをいつまで維持できるか 】という、壮大で長期的な、

未熟な自分への挑戦であることを肝に銘じて欲しい。

恋愛は、人間関係のひとつに過ぎない。

つまり、貴女が人間関係を上手に構築できる人間になりさえすれば、
あらゆる場面に通用する普遍的な技術を手に入れたことになるので、
恋も、仕事も、人付き合いも、すべてが同時進行で底上げされ、うまく行き始めるということだ。

魂レベルのカップルが楽しんでいる恋愛の世界は、人生のすべてを大きく包んでいる。
貴女も今、そういう段階までやってきた。

貴女が生きる意味や恋愛する目的が、貴女の人生だけでなく、
「世の為、人の為」という世界に片足を突っ込んだことを自覚しよう。

***************************

私の意見が絶対に正しい訳ではありません。 

大事なのは、私も含め、誰かの言葉を鵜呑みにするのではなく、
貴女の心に響いた良い部分だけを、貴女が判断し、情報を取捨選択することなのです。

***************************


■あとがき・次回テーマのご案内 


最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

仲の良いカップルを見ると、誰もが微笑ましく、嬉しい気持ちになります。
(彼らと一緒にいると楽しいな~)と思う人もいるでしょう。

不仲のカップルや、マイナスの空気を撒き散らす
愚痴っぽい誰かと一緒にいると、こちらまで気が滅入ります。
(もう、会うのは疲れるなぁ・・・)と思う人もいるでしょう。

二人三脚で歩き、人生が飛躍していくカップル、人間的に尊敬できる2人を見たとき、
人は(どうやったら、そうなれるの?)と思います。

どうしたら、貴女たちみたいになれるのですか?

こう聞かれるような恋愛をしているのが、魂レベルのカップルです。
魂レベルのパートナーに出会えた貴女は、そのスタートラインに立っています。

これは、グルメな貴女が誰かに「どこか美味しい店、ない?」と聞かれるのと似ています。
「○○っていう店が美味しいよ~!私は電車で行ったけど、車でも行けるよ~」と
経験からの情報や、自分のやり方が絶対だと思わせず、
いろんな選択肢があることを伝える役目があるのが、今の貴女です。

上から目線の高圧的な指導というより、口コミに近い感じです。

それは、魂レベルのパートナーと出会う為に、独身のときに鍛えておいた4つのステップが
報われた瞬間でもあるし、「次の挑戦者」に伝える時期が来たことを意味します。

まさか、あんなダメな恋愛しかできなかった自分が、人に情報を伝える側になるなんて・・・。

貴女はそう思うかも知れません。
私も今、このレポートをエラそーに書きながら、しみじみ、そう思っています。

――――――

次回のテーマは、

(2)魂レベルのカップルになる為に
【 交際中 】の今から鍛えておきたい、4つのステップ  です。


魂レベルのカップルになる為の料理方法です。
第2のステップをお伝えします。

※ 第2回は、< 2014年 12月5日(金)> にお届けする予定です。( 全4回 )

もし良かったら、読んでやって下さい。

月岡奈津子 さんの他のレポート

▼ コメント(1) - 新しい順

  • 私たちも魂のカップルかもしれません。
    似ているところが多い。
    彼も男にしては、勘が鋭く人の心をよく読めるほうだけれど、私は霊感レベルで、霊を見たことも正夢を見たこともある。
    ボランティアが二人とも付き合う前から好きなのも、命に係わる手術をしていることも似ている。
    ちなみに私はある性格診断でINFJで、マザーテレサ、ガンジー、麻原彰晃と同じで直感がかなり鋭く、人の心をかなり読めてしまうんだそうで、そういわれればそんな有名人にはなれそうもないけれど思い当たる節あり。
    手相も独学だけど、当たると言われたし、ちなみに私の手相には霊感強い線三つあり。あなたは手相や霊感、信じますか。
    クッキー更新:2017-11-02 22:52

会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE